ニュース
» 2018年07月25日 19時00分 公開

倉庫内作業をボイスアシスタント「Alexa for Business」で効率化 リアルタイムな情報連携を実現――ブロードリンクとNTTデータが実証実験

ブロードリンクとNTTデータは、倉庫内業務をボイスアシスタントで効率化する実証実験を開始。ボイスアシスタントサービス「Alexa for Business」を導入し、既存の業務アプリケーション基盤と連携させて、リアルタイムでの進捗管理や情報連携を実現し、生産性向上を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

 NTTデータは2018年7月24日、情報機器リユースなどを手掛けるブロードリンクの倉庫内作業でボイスアシスタントを活用する業務運用システムの実証実験を開始したと発表した。

 実証実験では、ブロードリンクの情報機器倉庫に、AWS(Amazon Web Services)が提供するボイスアシスタントサービス「Alexa for Business」と大型ディスプレイを設置し、倉庫内の各種作業(情報機器の入荷、データ消去、梱包など)の進捗(しんちょく)管理を行う「Salesforce Service Cloud」と連動させた「KIZUKIマネジメントシステム」を構築。業務アプリケーションに音声とディスプレイを連動させた新しいコミュニケーション基盤として活用し、その有効性を検証する。

Photo 「KIZUKIマネジメントシステム」の実証実験の概要

 ブロードリンクでは、情報機器の買い取り、回収、データ消去からリペア、レンタル、再販売までを一貫して行っており、スムーズな業務フローを実現するため、営業や作業現場などの部門間で連携を図っているという。これまでは業務プラットフォームとして「Service Cloud」で顧客からの依頼受付や現場社員のディスパッチ、作業状況の監視、報告などを管理してきた。

 しかし、倉庫内で作業を行う現場社員は、PCなどの情報端末を所持していないため、Service Cloudを利用できず、現場社員と営業担当者がリアルタイムに情報連携ができていないという課題があった。また、現場社員にとってはService Cloudへの情報登録自体も負荷となっていたため、業務改善に向けた作業員の“気付き”を収集することが難しかったという。

 今回、こうした課題を解決する仕組みとして、KIZUKIマネジメントシステムを構築。これまで現場社員と営業担当者の間では、現場マネジャーが仲介役となって情報伝達していたところを、同システムで代替することで、コミュニケーションの伝達スピードをアップさせ、生産性向上につながる効果が期待できるという。

 大型ディスプレイには、倉庫内作業の「1日の目標件数」「現在の進捗件数」「他ライン状況の共有」を表示し、音声とデジタルサイネージでリアルタイムに進捗状況を通知。これにより、進捗状況の確認に加え、優先順位を考慮したリソースの最適化が行えるようになる。

 また、Service Cloudで管理している案件情報の表示や、現場社員の問い合わせに対する回答情報を通知、表示するなど、必要なタイミングで必要な情報を確認できるようにする。

 さらに、現場社員の“気付き”を収集しやすくするため、音声でService Cloudに登録できるようにした。現場の負担なく、業務課題の把握が可能になり、継続的な業務改善活動の推進が期待できるとしている。

Photo ブロードリンクの現場社員と営業担当者の情報連携の流れ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -