海外速報

新着情報

icon

米Appleは、「iOS 11.3.1」「Safari 11.1」および「macOS High Sierra 10.13.4」向けのセキュリティアップデート「2018-001」を公開した。

(4月25日 14時30分)
icon

Amazon.comが、駐車してあるGMやVolvoの車に荷物を配送するプライム向けサービスを米国で開始した。昨年米国で開始した不在宅への配送サービス「Amazon Key」の追加機能だ。

(4月25日 10時53分)
icon

Nintendo Switchでこの脆弱性を実証するためのコンセプト実証コードも公開された。ユーザーが手持ちのデバイスの脆弱性を修正することは不可能とされる。

(4月25日 09時30分)
icon

AWSのクラウドベースのDNSサービスである「Route 53」のDNSトラフィックが何者かに乗っ取られ、「MyEtherWallet.com」のユーザーが仮想通貨を盗まれる事件が発生した。

(4月25日 09時00分)
icon
レガシーシステムが狙われる:

X線やMRIといった画像診断装置を操作するためのソフトウェアが搭載されたマシンから、マルウェアが見つかっている。

(4月24日 10時10分)
icon

脆弱性はIEのエンジンに存在すると思われ、不正なWebページを仕込んだOffice文書を送り付ける手口が使われているという。

(4月24日 09時50分)
icon

KasperskyはTwitterから広告禁止を通知されたことについて、「Twitter自らが掲げる表現の自由の原則と矛盾する」と反発している。

(4月23日 10時30分)
icon

Appleが、2016年10月に発売したTouch Barを搭載しない方の「13インチMacBook Pro」の一部で内蔵バッテリーが膨張する場合があるとして、バッテリーの無償交換プログラムを開始した。

(4月22日 07時27分)
icon

オンライン写真サービスのFlickrを写真共有サービスのSmugMugがVerizon傘下のOathから買収した。Flickrのブランドとサービスは少なくとも当面は現状のままで、将来的にはログインに米Yahoo!へのログインが不要になる見込みだ。

(4月22日 06時39分)
icon

Amazon.comが、スマートスピーカー「Echo」シリーズ向けのスキルをテンプレートを元にして自分で作れる「Skill Blueprints」サービスを米国で開始した。訪問客に化粧室の場所などを教えるスキルや、子どもを主人公にした物語を作れるスキルなどの“青写真”が20以上用意されている。

(4月20日 11時40分)
icon

偽ブロッカーの作者は検索結果の上位に来るような用語をちりばめて、ユーザーがインストールするよう仕向けていたという。

(4月20日 09時45分)
icon

Appleが、独自開発のリサイクルロボット「Daisy」を発表した。9モデルのiPhoneを1時間に200台解体し、これまで採取が難しかったレアメタルも分離できる。

(4月20日 07時33分)
icon

「今回のマルウェアの目的は、2段階認証情報を含むユーザーデータを盗み、Androidデバイスを完全な支配下に置くことにある」とKasperskyは推定する。

(4月19日 10時30分)
icon
254件の脆弱性を修正:

今回の定例パッチでは計254件の脆弱性を修正した。Database Server、Fusion Middleware、Java SE、MySQL、Oracle Virtualizationなど多数の製品が対象となる。

(4月19日 10時00分)
icon

Amazon.comのジェフ・ベゾスCEOが毎年恒例の株主向け年次書簡で、「Amazonプライム」の会員数が世界で1億人を超えたと語った。

(4月19日 09時19分)
icon

個人情報不正利用スキャンダルの渦中にあるFacebookが、5月にEUが施行する「一般データ保護規則」に向けたプライバシー保護強化について発表した。ほとんどの取り組みはEU以外でも実施する。

(4月19日 08時02分)
icon

「攻撃の動機に関係なく、世界の全てのユーザーを守る」「政府が仕掛けるサイバー攻撃は支援しない」などの基本原則を打ち出した。

(4月18日 11時15分)
icon

米国の確定申告締切日に申告サイトがほぼ1日ダウンした。国税庁は謝罪し、締切を1日伸ばすと発表した。

(4月18日 11時03分)
icon

国家としてのロシアが関与するサイバー集団が、世界各国でルータやスイッチなどのネットワーク機器を狙った攻撃を仕掛けているとして、米英が共同アラートを発表した。

(4月17日 10時20分)
icon
基幹システムが標的に:

詐欺メールで従業員がだまされる被害が後を絶たず、「1人の従業員が1通の詐欺メールをクリックしただけで、組織全体が危険にさらされる」とVerizonは警鐘を鳴らしている。

(4月12日 09時00分)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -