レビュー
» 2004年05月28日 15時33分 UPDATE

レビュー音楽だけじゃない! ビデオ再生にも対応したソニーのポータブルプレーヤー「HMP-A1」 (1/3)

ソニーが発表したハードディスクマルチプレーヤー「HMP-A1」は、ビデオ再生を用途の中心に据え、音楽再生や静止画閲覧にも対応した製品だ。20Gバイトのハードディスクを内蔵し、MPEG1/2/4の動画ファイル、MP3/WAVの音楽ファイルに対応。常に自分のミュージックコレクションを持ち歩きつつ、気が向けば、録画して転送しておいたテレビ番組を視聴するなんていう使い方が可能だ。

[浅井研二,ITmedia]
Photo コンパクトなサイズながら、実用的なレベルの3.5型QVGAカラー液晶を搭載した、ハードディスクマルチプレーヤー「HMP-A1」

ビデオだけ? 音楽だけ? 両方できればいいんじゃない

 ソニーのハードディスクプレーヤー「PCVA-HVP20」が発売されたとき、音楽再生機能がないことに首を傾げた。“バイオにとりためたテレビ番組を持ち歩く”という意図は理解できたものの、実際のポータブル用途ではビデオが2割、音楽が8割くらいの頻度で(数字の根拠はない)、あくまでもミュージックプレーヤーとして常に持ち歩き、たまにはビデオプレーヤーとしても使いたいというユーザーが多いのではないかと考えたからである。

 つい先日には、一連の新型VAIOと並び、ポータブルミュージックプレーヤー「VAIO pocket VGF-AP1」が発表された。2.2型QVGAカラー液晶を搭載し、デジタルカメラなどの画像ファイルの表示に対応したとともに、その画面を用いてアルバムジャケットをメニュー表示するという機能には、素直に感心したものだ。

 そして昨日発表されたのが、ハードディスクマルチプレーヤーと呼ばれる「HMP-A1」という製品。「PCVA-HVP20」や「VGF-AP1」と同じく、20Gバイトのハードディスクを内蔵し、動画、音楽の再生、静止画像の表示に対応している。画面は3.5型QVGAカラー液晶だ。本体サイズは129.6×75.6×22ミリと、「VGF-AP1」よりは縦横が1センチ以上大きく、質量も50グラムほど重い。ただ、同じ画面サイズの「PCVA-HVP20」と比較した場合は6ミリほど薄く、また、50グラムほど軽くなっている。

Photo 本体前面には液晶画面、そしてその横にタッチセンサー式の“くぼみ”が配置されている。片手でも操作しやすくなっている

 画面は光沢のあるコーティングがされ、美しいが、反射がやや目につく。また、タッチパネルではないのだが携帯機器だけに画面を触ってしまうことも多いので、指紋がつきやすいのは気になる。「VGF-AP1」では画面の横に配置されたタッチパッド上で指をスライドさせて、操作を行うという“G-sense”が目を引いたが、この「HMP-A1」でも少しばかりユニークな操作パネルを提供している。

 本体上部の音量「+」「−」や「TOOLS」は通常のボタンだが、画面の横に配置されている「←」「→」や「↑」「↓」、「ENTER(再生/一時停止)」「BACK」は単なるくぼみなのだ。G-senseの“でっぱり”に対抗しての“くぼみ”というわけではなかろうが……。このくぼみの部分がタッチセンサーになっており、そこへ指で触れれば反応してくれる。誤作動を防ぐ機構として採用されたものなのだろう。

Photo じゃまになる突起などなく、非常に携帯しやすい本体形状。バッテリが内蔵されている手前の筒状の部分は、右手でホールドしやすいようデザインされている

ストレージクラスでの利用も可だが、音楽や動画の転送は専用ツールで

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.