ニュース
» 2004年07月26日 20時58分 UPDATE

マイクロソフト、HD DVDへの支持を表明――Blu-ray DiscはVC-9対応次第?

“アテネ前”に2層記録の製品も登場したBlu-ray Disc陣営に比べ、動きが少なかったHD DVD陣営に援軍が現れた。26日に東芝やNECが行った説明会で、マイクロソフトとポニーキャニオンがHD DVDへの支持を表明。ポニーキャニオンは2005年中にHD DVDソフトを投入する予定という。

[渡邊宏,ITmedia]

 Blu-ray Discの2層記録に対応したレコーダーが発表されて約1カ月。対するHD DVD陣営にも動きが見られた。

 7月26日、東芝、NEC、メモリーテックがHD DVDに関する説明会とデモを実施。その中で、マイクロソフトや、コンテンツ制作会社のポニーキャニオンがHD DVDへの取り組みを説明した。

photo 説明会に展示されていたHD DVD DLのメディア

ポニーキャニオンはHD DVDのパッケージソフトを発売

 ポニーキャニオンはHD DVDソフトの発売を決定。藤原竜也主演の「ムーンライト・ジェリーフィッシュ」、「virtual trip THE MOVIE 地球の大自然 FASCINATING NATURE」「virtual trip HDシリーズ」をHD DVDのパッケージソフトとして2005年中に発売する。

 同社 映像事業本部 映像制作1部 部長の大柳英樹氏は、「Blu-ray DiscとHD DVD、どちらが勝つかということに関心が集まってしまうとは思うが、2種類のフォーマットがあることは競争が生まれることであり、歓迎すべきこととも言える」と次世代DVD規格については“競争”を歓迎するコメント。

photo 映像事業本部 映像制作1部 部長の大柳英樹氏

 「次世代DVDの魅力は高画質・大容量。今のユーザーが画質にどこまでを求めるか? という意見もあるが、制作の現場からすればまだ改良の余地がある。また、大容量化が進めば、DVD-Boxを1枚のディスクに収録したりといった新しい商品が開発される可能性もある」と次世代DVDディスクの可能性を歓迎する。

 HD DVDソフトの価格は「現行タイトルが3800円前後なので、同価格帯を考えている」とのこと。ただ、大容量を生かした特典映像などがつく場合にはプラスになる可能性があるという。

マイクロソフトはLongHornでHD DVDをサポート

 マイクロソフトの矢嶋利勇氏(シニアエグゼクティブアドバイザー)は、「PCにHighDefinitionの波がやってくることは必然」としながらも、LongHornについては映像コーデックとしてVC-9(V9)を推進する立場から、VC-9に対応するHD DVDを支持する立場を明らかにした。

photo マイクロソフト シニアエグゼクティブアドバイザーの矢嶋利勇氏。LongHornにおけるBlu-ray Discのサポートは、現時点では否定的な見解を示したが、「Blu-ray DiscでVC-9のサポートが行われれば問題はない」と述べるなど、含みも残した

 会場ではNECの開発したPC用HD DVD/DVDコンパチブルプレーヤーによるDVD再生デモも行われた。OSにWindows XP Media Center Editionを搭載したこのマシンでは、コーデックにはVC-9が用いられており、ビットレートは12Mbps(1080/24p)。

photo NECの開発したPC用HD DVD/DVDコンパチブルプレーヤー

 映像や音声の帯域が広くなると機器への負担も気になるが、今回の説明会でコンシューマー向けHD DVDプレーヤーのデモを行った東芝によれば、「デコードよりエンコードのほうが負担が大きいのは確かだが、ほぼ問題ないと考えている」とのことだ。

photo 東芝が展示したHD DVDプレーヤー
photo 発売時期、価格は共に未定。「企業秘密にさせてください」とは東芝 執行役上席常務 デジタルメディアネットワーク社長の藤井美英氏

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.