ニュース
» 2004年09月10日 12時33分 UPDATE

ソニー、フルHD対応70型SXRDリアプロTVを米国で発売

「SXRD 2K」をリアプロTVに初搭載。コントラスト比は3000:1に高め、応答速度を5ミリ秒に高速化した。

[ITmedia]

 米Sony Electronicsは9月9日、フルハイビジョン(1920×1080ピクセル)表示対応の70インチリアプロジェクション(リアプロ)TV「グランドベガ KDS70XBR100」を来年始めに発売すると発表した。価格は1万ドル以下。国内の発売は未定。

yu_sony.jpg

 同社のプロジェクター「QUALIA 004」にも搭載した独自のフルHDTV対応液晶デバイス「SXRD 2K」を、リアプロTVに初めて搭載した。

 独自の垂直配向液晶材料の採用により、コントラスト比を3000:1に高めた。液晶セル厚を2マイクロメートルに薄型化し、応答速度を5ミリ秒以下に短縮。動きの速いシーンでもブレの少ない映像を楽しめるという。

 高画質化回路「ベガエンジン」を搭載。新開発のアルゴリズムを適用した「HD高密度デジタルマッピング処理」により、SD/HD信号を高精細に表現する「デジタル・リアリティー・クリエーション・マルチファンクション・ブイツー」(DRC-MFv2)を採用している。

 質感とコントラストを高める「イメージ・フォーマット・プロセッサー機能」や、微細なノイズを除去する「動きベクトルNR特性」の向上により、リアリティの高い映像を再現するという。

 SXRDパネルを3枚採用した独自の光学エンジンと200ワットランプにより、明るい映像と深い赤を表現。絞り調節機構「シネマ・ブラック・プロモード」を搭載し、コントラストを高めた。ガラスを採用した新開発スクリーンにより視野角を広げ、隅々までゆがみのない映像を楽しめるという。

 フルデジタルアンプ「S-Master」を搭載。スピーカー部は取り外し可能。

 HDMI端子、IEEE1394端子を搭載したほか、メモリースティックスロットを装備。メモリースティックに保存したJPEG/MPEG-1/MP3ファイルの再生が可能だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.