レビュー
» 2004年11月22日 17時27分 UPDATE

レビュー:サラウンドヘッドフォン特集〜番外編スピーカー6個内蔵した“直球仕様”――格安5.1chヘッドフォンを試してみた (1/3)

エバーグリーンの直販サイトで以前から気になっていた「シアター5.1chヘッドフォン」。5.1chサラウンドで必要な6台のスピーカーを全部ヘッドフォンに入れちゃったという“直球仕様”の製品をレビューしてみた。

[西坂真人,ITmedia]

 先週ITmediaでも話題となった9980円の630万画素相当?デジカメをはじめ、真空管アンプスピーカー生ペグOK!のポータブルDVDなど、大手メーカーが扱わない(手を出さない?)ようなユニークな製品を我々に紹介してくれる注目のメーカーがエバーグリーンだ。

 だがその同社さえ発表をためらうような“ギリギリの製品”が、同社の直販サイト「上海問屋」にはゴロゴロしている。その中でも、以前から気になっていた「シアター5.1chヘッドフォン」(NBJ-TH5.1A)なるものを借りてレビューしてみた。

photo エバーグリーンの直販サイト上海問屋で売られている「シアター5.1chヘッドフォン」

 ヘッドフォンでサラウンドを気軽に楽しめるという製品は巷にイロイロある。ワイヤレスタイプのサラウンドヘッドフォンは、LifeStyleでも何度か取り上げてきた。無線方式でなくても、有線タイプの手持ちの2chヘッドフォンでサラウンド効果を楽しめるドルビーヘッドフォンなどのバーチャルサラウンドシステムは、最近は安価なAVアンプ普及機でも搭載されている。

 上海問屋のシアター5.1chヘッドフォンが、これら従来のサラウンドヘッドフォンと根本的に違うのが、5.1ch音響をバーチャルではなく“リアル”な方法で再現している点。片側に3個分計6個のスピーカーをヘッドフォンのハウジング内に搭載している。つまり、「本物の5.1chサラウンドでは6台のスピーカーが必要でしょ?だったら6個の小さなスピーカーを全部ヘッドフォンに入れちゃえばいいじゃない」というまさに“直球仕様”の製品なのだ。

photo

PC不要のれっきとした“AVアクセサリー”

 もっともこのような手法は以前からあり、いくつかのメーカーがPC用などで似たような製品をリリースしている。だが、今回の製品で注目したいのは、その価格と装備。上海問屋での直販価格は税込み3979円という格安プライスで提供されている上に、5.1chを実現する小型アンプや各種ケーブルもすべて同梱されており、PC用のような音源カードを介さずにスタンドアロンで家庭用DVDプレーヤーなどと接続できるなど、ちゃんと“AVアクセサリー”しているところがすごい。

 ここまでくると「安かろう、悪かろう」とつい思ってしまうが、ヘッドフォン自体は意外としっかりした作りになっている。もちろんヘッドバンド部のクッションがスポンジだったり、アタマの大きさに合わせて伸びるアジャスト部からは配線が出ていたりとチープさを感じさせる部分はあるものの、ハウジングの耳当て部の装着感などは若干固めだが悪くはない。

photo シアター5.1chヘッドフォンを装着してみたところ。装着感は悪くない
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.