レビュー
» 2004年12月01日 21時12分 UPDATE

レビュー:5.1chサラウンドシステム特集シネマDSPの“映画館の臨場感”を2万円台で――ヤマハ「TSS-15」 (1/3)

ヤマハのシネマステーション ミニ「TSS-15」は、実売2万円台ながらシネマDSPによる“映画館の臨場感”を楽しめるお買い得な5.1chサラウンドシステム。超低価格製品の代表として、その実力をチェックしてみた。

[浅井研二,ITmedia]

 “5万円以下の5.1chサラウンドシステム”のレビュー連載第3回目は、ヤマハのシネマステーション ミニ「TSS-15」。これまで紹介した2製品(「HTP-S2」「DHT-M330」)よりもさらに低価格で、実売価格は2万円台となっている。

 ヤマハはずっと以前から、自社のシネマDSPによる独自の音場再現を追求してきており、ホームシアター向けサウンド機器分野では老舗である。それゆえ、製品ラインナップも豊富で、ハイエンド機器からエントリー向けシアターシステムまで、幅広く取り揃えている。本来なら、もう少し上の価格帯の、「AVX-S20」あたりを取り上げるべきなのだろうが発売時期がやや古いため、本機を選択した。そのため、他製品との比較はやや不利といえるが、超低価格製品の代表として、捉えていただければよいかと思う。

photo フロント、センター、リア共通の5本のスピーカーと、サブウーファー、アンプで構成される、ヤマハ「シネマステーション ミニ TSS-15」

 製品構成はアンプ、および、フロント、センター、リア共通の5本のスピーカー、そして、サブウーファーとなる。アンプは縦型で、LEDディスプレイの類はなく、数個のボタンと音量ボリュームのみ。さらに、スピーカーのケーブルは直付けと、これまで紹介した製品とは異なり、むしろ、パソコンの周辺機器に近い印象を持っている。質感も同じく、だ。

photo スタンドを除くと、7センチ四方、奥行きは11センチと、非常にコンパクトなスピーカー。ケーブルは直付けだ

 フロント、センター、リアは共通と書いたが、実はスピーカー自体なのだが、ケーブルの長さで2種類に分かれる。フロント、センターが3メートル、リアには10メートルのケーブルがつけられている。コネクタはスピーカー側が直付け、アンプ側はピンジャックだ。「DHT-M330」ではやろうと思えば、バラの側を短くしたり、あるいは、コネクタを外して別のケーブルに交換することは可能だったが、直付け+ピンジャックではなかなかそうもいかない。RCAピンケーブルで延長できるのかもしれないが、おそらくメーカーとしては想定していないと思われるし、この長さで通常は困らないだろうから、そのまま使うべきだろう。

photo スピーカーケーブルのアンプへの接続は、全チャンネルともピンジャックを差し込むスタイルになっている
photo サブウーファーのスピーカーユニットは底面に取り付けられている。側面にはバスレフがある
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.