レビュー
» 2004年12月15日 18時55分 UPDATE

レビュー:コードレスサラウンドヘッドフォン特集デジタルコードレス最安機の実力は?――松下サラウンドヘッドフォン (1/3)

音質面で優れたデジタル赤外線無線伝送ながら2万6000円前後という価格が魅力の松下・コードレスサラウンドヘッドフォン「RP-WH5000」。MPEG-2 AAC対応など機能面も充実している注目機をレビューで探ってみた。

[西坂真人,ITmedia]

 コードレスサラウンドヘッドフォンでは後発の松下電器産業が12月1日に市場投入した「RP-WH5000」。これまで、無線方式にデジタル赤外線伝送を採用した5.1chサラウンド対応ヘッドフォンは3万〜4万円台以上と高価なものだったが、RP-WH5000は実売で2万6000円前後という普及価格で市場の活性化を狙う。

 低価格ながらもMPEG-2 AACに対応するなど機能面も充実しているこの注目機をレビューで探ってみた。

photo コードレスサラウンドヘッドフォン「RP-WH5000」

 松下はインナーイヤー型やクリップ型などポータブルAV機器向けからモニタータイプまで幅広いヘッドフォンを揃えるが、これまでコードレスサラウンドヘッドフォンはラインアップしていなかった。この製品が初めて一般ユーザーに披露されたA&Vフェスタ 2004の会場で、同社の担当者は「後発なのでじっくり他社の製品を研究した。機能/音質ともに他社製品に負けないものを普及価格にした」と自信満々に語っていたのが印象深い。

 外観はソニーの「MDR-DS4000」や「MDR-DS3000」と同様にトランスミッター部がヘッドフォンの置き台も兼ねるタイプでコンパクトに収納できるスタイルになっている。

photo
photo

 外観だけでなく、ヘッドフォンをトランスミッター部に置くだけで充電がスタートする方式を採用するなど機能面でもソニーMDR-DSシリーズの使い勝手の良さをうまく取り入れている。

photo ヘッドフォンをトランスミッター部に置くだけで簡単充電

 スッキリとした収納とサッと使える気軽さを両立し、なおかつ置いておくだけで常にフル充電状態で使えるのは、携帯電話感覚で非常に便利。充電不足で使えないといった失敗も防いでくれるこのスタイルは、他社製品もぜひ取り入れてもらいたい機能だ。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.