レビュー
» 2005年07月04日 14時00分 UPDATE

レビュー:ストレージ搭載オーディオ特集SDカードに音楽をためられるミニコンポ――松下「SC-PM710SD」 (1/4)

CDリッピング→AAC変換→SDメモリーカード記録が1台でできる松下のSDミニコンポ「SC-PM710SD」。5CDチェンジャー/MD/カセットにWMA/MP3/HighMATと多彩なメディア・フォーマットに対応した注目機の実力は?

[浅井研二,ITmedia]

 松下電器産業のミニコンポ「SC-PM710SD」は、SDメモリーカードスロットを搭載したオーディオ製品だ。“ストレージ搭載オーディオ”と呼ぶのは多少そぐわないかもしれないが、CDから音楽を取り込み、単体でAAC形式へエンコーディングし、SDメモリーカードへ記録できる。

photo 5ディスクチェンジャー装備のCDプレーヤー、MDデッキに加え、SDスロットも搭載した、パナソニックのSDステレオシステム「SC-PM710SD」
photo SDスロットには、カードへの読み書き中に誤って抜いてしまわないよう、カバーがついている

 ただし、残念ながら、HDDの類は搭載していない。その代わりといえるかどうかわからないが、CDプレーヤーには5ディスクチェンジャーを搭載し、WMA/MP3形式の音楽ファイルを記録したCD-R/RWも再生できるので、数百〜千前後の曲を常にストックしておくことも可能だ。

photo 5CDチェンジャーを装備。CDトレイ部のすぐ上に、「1」「2」「3」「4」「5」の切替スイッチが配置されている

 また、HighMATにも対応。これはCD-R/RWへ音楽(レベル2、3では、画像や動画も)を書き込む際の規格として、松下電器産業とマイクロソフトが共同開発したもので、この製品が対応する「レベル1」では、音声(WMA/MP3)ファイルに、曲やアルバムのタイトル、アーティスト、ジャンルといったメタデータが付加できる。HighMAT規格のディスクは、Windows Media Player (バージョン9以上)で作成可能だ。

photo 本体だけでさまざまな録音・再生メディアに対応するため、背面の端子はごく少ない。電源、スピーカー、FM/AMアンテナ端子のほかは、AUX(外部機器)入力が1基のみ
photo SD、MD、CD各モードへの切替は、個別に用意されたPLAYボタンを押せばいい。リモコンにも同様のボタンが用意されている

 製品は、CDプレーヤー、MDデッキ、SDスロット、そして、FM/AMチューナーやカセットデッキまで搭載したセンターユニットと、スピーカー2本で構成。ケーブルはスピーカーに直付けだが、これが少々変わっている。通常の黒・赤の2本に加え、灰・青という2本で、黒・赤は低域用、灰・青は高域用の伝送を行う。

photo カセットデッキは上面に装備。手前のボタンを押せば、オープンする。奥に見える小さな穴はヘッドフォン端子
photo スピーカーケーブルは直付けで、低域用の黒・赤と高域用の灰・青という4本での接続
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.