レビュー
» 2005年07月06日 10時46分 UPDATE

バイヤーズガイド:コンパクトデジカメ編人気の薄型・大画面デジカメで夏の思い出を残そう (1/3)

魅力的なコンパクトデジカメが出揃った。人気の「薄型・大画面モデル」を中心に、個性豊かな高性能コンパクト機、夏にお薦めの防水型、簡単操作の普及機など、春夏最新モデルのレビューを一挙紹介。

[西坂真人,ITmedia]

 今年の夏も各社から、魅力的なコンパクトデジカメが登場した。中でも注目なのは、昨年から人気となっている「薄型・大画面・5メガピクセル・光学3倍ズーム」というカテゴリーだ。

 20ミリ前後の薄型ボディに、近年主流の1/2.5インチ有効500万画素CCDと光学3倍ズームを収め、さらに2.5インチという大画面の液晶モニターを搭載するという“高性能と使いやすさ”を兼ね備えた薄型・大画面デジカメは、今やコンパクト機の定番になりつつある。

 “薄型”を売りにしたモデルでは、カシオのEXILIMシリーズやコニカミノルタのDiMAGE Xシリーズなどが以前から人気を博していたが、2004年の夏に登場した松下電器産業のLUMIX「DMC-FX7」が“薄型・大画面・5メガピクセル”に独自光学手ブレ補正機能付き光学3倍ズームを搭載して大ヒット。これまで薄型モデルをラインアップしていなかったメーカーもこぞって後に続き、最近では売れ筋ランキングでも上位を薄型・大画面デジカメが独占する状況が続いている。

 「バイヤーズガイド:コンパクトデジカメ編」では、人気の「薄型・大画面モデル」を中心に、個性豊かな「高性能コンパクト機」、夏にお薦めの「防水型デジカメ」、初心者にも使いやすい簡単・高性能の「普及モデル」など、LifeStyleデジカメチャンネルで掲載した春夏最新モデルのレビューを一挙に紹介する。

人気の「薄型・大画面モデル」

松下電器産業

強力な手ブレ補正+長寿命――完成度を高めた新LUMIX

top_news051.jpg

従来モデルの欠点であるバッテリーの寿命と動画性能を大幅強化し、より使いやすく、完成度を高めたデジカメ、それが新LUMIX「DMC-FX8」だ。


ソニー

人気のツボ押さえた薄型デジカメ大本命――ソニー「DSC-T7」

top_news091.jpg

人気の薄型デジカメの中でも大本命の呼び声が高いソニーのサイバーショット「DSC-T7」。1センチを切ったスリムボディに光学3倍&510万画素&大画面2.5インチ液晶を搭載した注目機の実力は?


富士写真フイルム

薄さと強さのモノコックデザイン――高感度・薄型機「FinePix Z1」

top_news064.jpg

激戦区の“薄型大画面デジカメ”に、富士写真フイルム「FinePix Z1」が登場する。独自CCD&処理で、感度を上げてもノイズが目立たない「高感度に強い」デジカメ第2弾。試作機による使用レポートでその性能を探ってみた。


       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.