ニュース
» 2005年10月26日 23時32分 UPDATE

Canon EXPO 2005 in Tokyo:SED/笑顔シャッター/燃料電池/LCOSリアプロ――“あっちより面白い”Canon EXPO (1/3)

“5年に1度”の展示会「Canon EXPO 2005 in Tokyo」が開催。キヤノンが誇る最新の技術/製品/ソリューションが一堂に会したこの展示会をじっくり見てきた。実はWPC EXPOより面白いかも?

[西坂真人,ITmedia]

 「5年に1度」――。オリンピックよりも長い周期で行われる展示会「Canon EXPO 2005 in Tokyo」が、10月26日から新高輪プリンスホテルを会場に開催されている。世界が注目する企業・キヤノンが誇る最新の技術/製品/ソリューションが一堂に会した完全招待制のこの展示会をじっくり見てきた。

photo “5年に1度”の展示会「Canon EXPO 2005 in Tokyo」

 前回のCanon EXPOは、20世紀最後の年であった2000年の11月に開催。電子ペーパー、プリンタ付きデジカメ、Bluetoothデジカメ、3Dビデオカメラなどが話題となった(どれも5年後の現在、製品化には至ってないのはご愛嬌……)。5年ぶりとなる今回も「WPC EXPOより、こっちのほうがずっと面白くて見ごたえあります」(某関係者)と前評判も高く、大いに期待しながら会場に乗り込んだ。

なんといってもSED

 おおかたの来場者のお目当ては、やはり「SED」だろう。CEATECでは共同開発を行っている東芝が中心となってSEDを展示していたが、Canon EXPOでは本家本元の面目躍如とばかりに、展示のあちらこちらで、しかもかなり“無造作”にSEDが置かれている。

photo 第1会場/第2会場合わせて約30台ほどのSEDが、かなり“無造作”に展示。CEATECの展示よりも近くに寄って画質を確認することができる
photo

 キヤノンは、東芝と同様に55インチのSEDテレビを2006年に販売するとしている。SEDパネルは、共同出資したSED生産拠点「SED株式会社」から両社とも供給を受けるカタチになるので、パネル性能での差別化はできない。今回展示されていたキヤノンロゴの36インチ試作機も、CEATECで東芝ブースややSEDブースで展示していたものと同じスペック(コントラスト比1万:1、輝度430カンデラ、応答速度1ミリ秒以下、視野角上下左右160度、消費電力130ワット)になっていた。

photo

 ただし、パネルは一緒でも映像処理など画作りの面ではそれぞれのノウハウが生かされるという。また、付加機能や本体デザインに関しても、両社の映像製品に対するコンセプトの違いから最終製品はそれぞれ個性あふれる製品になるとのこと。

photo

笑顔検出システムは“顔色をうかがうロボット”作りにも

 未来に向けてのイメージングの進化を紹介する「Future Technology」のコーナーで人目を引いていた展示がこれ。まず顔を検出して、次に顔がどのような状態になっているかを独自アルゴリズムによって瞬時に判断して笑顔を検出するというシステムだ。今回のデモではPCによるソフトウェア処理で笑顔検出を行っている。

photo まず、顔を検出。その顔がどんな状態になっているかを瞬時に判断
photo 笑顔だと認識すると自動でシャッターが切られる。左側が認識画面で、右側が検出して切り出した笑顔の画面
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.