ニュース
» 2007年01月31日 19時01分 UPDATE

初のカナル型など、AKGからイヤフォン新製品

ハーマンインターナショナルは「AKG」のイヤフォン4モデルを発売する。同社初のカナル型となる「K324P」も含まれている。

[ITmedia]

 ハーマンインターナショナルは1月31日、同社の取り扱う「AKG」の新製品としてイヤフォン 4モデルを2月上旬より順次販売開始すると発表した。発売されるのは「K324P」「K314P」「K312P」「K310P」で、価格はいずれもオープン。実売想定価格はK324Pが1万1000円前後、K314Pが4500円前後、K312Pが3300円前後、K310Pが2300円前後。

 「K324P」は人気の高い密閉型のカナル型。イヤフォン/ヘッドフォンを多く手がけるAKGだが、カナル型の製品投入は初めて。モニターシステムの技術を用いることで、解像感の高い高音やボディのある中低域などのAKGサウンドを再生するという。

photophoto 「K324P」

 周波数特性は12Hz〜23.5kHz、感度は103dB/mW。入力プラグはL型の3.5ミリステレオミニで、金メッキが施される。柔らかい装着感のシリコン製イヤーピース(S/M/Lの3サイズ)のほか、キャリングポーチ、プロテクトケースが付属する。カラーはクロームとホワイトの2色。

 「K314P」は一般的なセミオープン型のインナーイヤフォン。独自の音響設計によって外観こそは一般的ながらも「驚くほどのハイクオリティなサウンド」を引き出している。ケーブルにはボリュームコントロールが備えられており、プレーヤー本体を触れずとも音量のコントロールが行える。周波数特性は17Hz〜23kHz、感度は108dB/mW。カラーはブラックとホワイトの2色。

photophoto 「K314P」

 「K312P」はK314Pと同じくセミオープン型のインナーイヤフォンだが、モバイル用途を重視し、低音再生を強めたモデルとなっている。周波数特性は16Hz〜21kHz、感度は109dB/mW。カラーはブラックとホワイトの2色。両モデルともパッケージには巻き取り式のキャリングケースが付属する。

 「K310P」はポータブルプレーヤーやゲーム機など幅広く利用できるスタンダードモデル。セリフやボーカルなどの音声が聞き取りやすいクリアなサウンドになっている。新モデル中、唯一スケルトン(クリア)のボディを採用したモデルでもある。周波数特性は18Hz〜20.5kHz、感度は107dB/mW。

photophoto 「K312P」(左)、「K310P」(右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.