ニュース
» 2008年01月09日 12時00分 UPDATE

お洒落に携帯するHDDムービー、ビクター「GZ-MG330」登場

日本ビクターが、スリム&コンパクトデザインのHDDムービーカメラ“Everio”「GZ-MG330」を発表。ターゲット層を「20代後半から30代の女性」として、デザインと携帯性、操作性をブラッシュアップ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 日本ビクターは1月9日、スリム&コンパクトデザインのHDDムービーカメラ“Everio”「GZ-MG330」を発表した。1月上旬から発売する。価格はオープンで、市場想定価格は7万円前後。

photo
photophoto 「GZ-MG330」はルージュレッド、ロイヤルブルー、プレシャスシルバーの3色をラインアップ

 ターゲット層を「20代後半から30代の女性」として、デザインと携帯性、操作性をブラッシュアップしている。「ファッション感覚で持ち歩き、携帯カメラのように気軽に使ってほしい」(同社)

 有効100万画素CCDと30GバイトHDDを搭載したSD解像度のムービーカメラ。従来モデル(GZ-MG155)に比べて約20%の小型化を実現し、重量も約315グラムと軽量化している。横幅は54ミリ(GZ-MG155は66ミリ)。ハンドバックから出し入れする際にも引っかかることが少ない。また同社女性社員の意見を取り入れ、デジカメの流行を意識した3色のボディカラー「エレガントなルージュレッド」「ロイヤルブルー」「プレシャスシルバー」をラインアップしている。

photophoto レンズは新たにコニカミノルタ製の32倍ズームを採用。本体の小型化に一役かっているという

 ユニークなのは本体の操作性だ。液晶ディスプレイを開くと、画面の左に縦長のタッチセンサーを装備しており、ここで指をスライドさせると、センサーが青く光りながら画面がスクロールする仕組み。この新しいユーザーインタフェースを同社では“レーザータッチオペレーション”と呼ぶ。

photo 画面の左に縦長のタッチセンサーを装備。指をスライドさせると画面がスクロールする

 画面下側には3つのボタンを備えており、モードよってキーアサインが変化する。たとえば、インデックス画面を表示したときは拡大やゴミ箱、動画再生中は一時停止や早送り/早戻しといった具合だ。ユーザーは画面上のナビゲーションアイコンを参照しながら操作すればいい。

 ピクチャータイトル機能は、動画再生時にボタンを押してプリセットタイトル(静止画)を選択するだけでタイトル入りの動画を作成できる。「記念日」「卒業式」「旅行」といった汎用的な20タイトルを用意した。

 このほか、従来機に採用されていた高速起動モードや「ダイレクトDVDボタン」「ダイレクトバックアップボタン」といった機能を網羅した。充電やケーブル接続を簡略化する「Everio Dock」を付属した点も新しい。Everio Dockは、側面にS端子やUSB端子、DV端子(IEEE 1394)などを備え、ムービーカメラを載せるだけで、充電や撮影した動画の視聴、DVダビングが行える。

photophoto 「Everio Dock」が付属する

 また、DVDライター「CU-VD3」も同時に発表された。従来機に比べて約1/4という省スペース設計で、付属のACアダプタも小型化。さらにUSBケーブルは直づけとし、本体背面に収納するガイドを備えて携帯性を向上させた。「ケーブルの持ち運びの手間を省き、なくす心配もない」(同社)。

photophoto 女性の小さなバッグの中にもすっぽり入る小型のDVDライター「CU-VD3」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう