ニュース
» 2008年01月22日 14時08分 UPDATE

スマイルショット搭載:100グラムを切るスリムコンパクト「CAMEDIA FE-320」

オリンパスは、FE(フレンドリー&イージー)シリーズの軽量モデル“CAMEDIA”「FE-320」を2月上旬に発売する。スリムなボディに有効800万画素のCCDと光学3倍ズームを詰め込んだ。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは1月22日、コンパクトデジタルカメラ“CAMEDIA”「FE-320」を発表した。2月7日に発売する予定で、価格はオープン。店頭では2万円台の前半になる見込みだ。

photo “CAMEDIA”「FE-320」。本体カラーはシルバーのみ

 FE(フレンドリー&イージー)シリーズの軽量モデル。厚さ19.1ミリ(最薄部は17ミリ)というスリムなボディに有効800万画素のCCDと、35mmフィルム換算で36〜108mmの光学3倍ズーム、2.7型液晶モニターなどを詰め込みつつ、重量を96グラムに抑えた(充電池やカードを含まず)。

photo 外形寸法は、91.3(幅)×56.8(高さ)×19.1(厚さ)ミリ。最薄部は17ミリ

 簡単操作もFEシリーズの特徴だ。撮影モードや各機能の選択時に簡単な説明を液晶モニターに表示する「かいけつナビ」を採用し、説明書がなくてもほとんどの操作が可能だという。また、人の画画をキャッチして自動的に3枚連写する「スマイルショット」も搭載している。

 シーンモードは、「スマイルショット」のほか、「夜景」「キャンドル」「夕日」など全13種。このほか、シャッターボタンを押す前にさまざまな撮影イメージを液晶モニター内で比較できる「比較ウィンドウ」、撮影後に手ブレや赤目補正が可能な「かんたん補正」、暗所撮影時にボタンを押すと約10秒間だけ液晶モニターの輝度を上げて見やすくする「LCDブーストボタン」といった機能も備える。

photo 2.7型液晶モニター

 記録メディアは、約48Mバイトの内蔵メモリにくわえ、xD-ピクチャーカード(別売)を使用できる。撮影した画像をテレビや携帯電話に赤外線伝送できるIrSimpleも採用。電源はリチウムイオンバッテリーで、約240枚(CIPA規格)の撮影が可能となっている。

関連キーワード

オリンパス | CAMEDIA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう