ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年09月06日 12時00分 公開

デュアルでぶれない光学5倍スリムデジカメ――「μ 830」

オリンパスがスリムなボディに光学5倍ズームレンズ&CCDシフト式手ブレ補正を搭載した「μ830」を発表。

[ITmedia]

 オリンパスイメージングは9月6日、コンパクトデジタルカメラ「μ 830」を発表した。シャンパンシルバー、ピアノブラック、パーシモンオレンジ、ブリティッシュグリーンの4色を展開し、シャンパンシルバーを9月15日から、残りの3色を9月22日から販売する。価格はオープンで、実売想定価格は4万3000円前後。

photophoto
photophoto μ 830

 新製品は、厚さ24ミリのスリムボディに光学5倍ズームレンズを搭載する。35ミリ判換算での焦点距離は36-180ミリで、F値はF3.3-5.0。同社独自の「DSA(デュアル・スーパー非球面)レンズ」を装備することで、レンズユニットの枚数を減らし、薄型化に成功している。

 撮像素子は800万画素の1/2.35インチCCD。また、CCDシフト式の手ブレ補正機構と、最大ISO1600で撮影できる高感度性能とで被写体ブレを抑えてくれる「DUAL IS」を採用した。画像処理エンジンは同社デジタル一眼レフカメラにも採用している「TruePic III」(トゥルーピック・スリー)で、素早い処理と高い色再現力を備えた。

 人物撮影をサポートする顔検出機能は、独自のアルゴリズムで人物と背景の露出を別々に最適化する「フェイス&バックコントロール」を採用した。人物をきれいに写すとともに、背景の白飛びや黒ツブれを抑えることができる。さらにフラッシュと連動し、発光量を顔優先で調節する「顔検出フラッシュ」機能も備え、赤目補正機能も搭載した。

photo 操作ボタンはイルミネーション機能を備え、暗いところでも操作しやすい

 液晶は、輝度/コントラスト/視野角を高めた2.5インチの「ハイパー・クリスタル液晶」を採用。暗い場所でも被写体を明るく映す「ブライトキャプチャー」機能も備えた。

 ボディサイズは99.6(幅)×55.1(高さ)×24(奥行き)ミリで、重さは125グラム(電池、カード含まず)。生活防水機能を備える。リチウムイオン充電池「LI-42B」利用時で、約200枚の撮影ができる(CIPA規格)。約14.8Mバイトのメモリを内蔵。記録メディアはxD-ピクチャーカードに対応する。

関連キーワード

μ | オリンパス | デジカメ | 手ブレ補正


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.