ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月23日 12時00分 公開

カジュアル&タフの防水デジカメ――オリンパス「μ 790SW」

水中撮影可能なコンパクトデジカメ「μ・SWシリーズ」にポップなカラーの新製品が登場。進化した顔認識機能や画像処理エンジンを搭載している。

[山田祐介,ITmedia]

 オリンパスイメージングは8月23日、コンパクトデジタルカメラの新製品「μ 790SW」を8月30日より販売開始すると発表した。価格はオープン。実売想定価格は4万円前後。

photophotophoto

photophoto カジュアルさを意識した5色を展開する

 μ 790SWは防水タフネスボディが特徴の「μ・SW(ショック&ウォータープルーフ)シリーズ」の中でも“カジュアル”をコンセプトに作られた新ライン。アウトドアだけでなく、街中でもスタイリッシュに使いまわせるデザインを採用したという。カラーはプレミアムシルバー、ピアノブラック、リーフグリーン、サンオレンジ、サーフブルーの全5色を用意した。水深3メートルまでの水中撮影ができる防水・防塵機能や、1.5メートルの落下テストをクリアした耐衝撃性、−10度での動作保障など、“SWらしさ”もきちんと継承している。

 レンズは35ミリ判換算で、38-114ミリの光学3倍ズームで、F値は3.5-5.0。有効710万画素の1/2.33インチCCDを備え、画像処理エンジンには同社1眼レフ「E-410」「E-510」にも採用している「TruePic III(トゥルーピックスリー)」を装備した。

 撮影機能として、同社の露出補正技術「シャドウ・アジャストメント・テクノロジー」(SAT)と顔検出機能を組み合わせた「フェイス&バックコントロール」機能を搭載する。独自のアルゴリズムで背景と人物の露出補正を別々に行うことで、一般的な顔検出機能で発生する逆光時の背景の白飛びなどを抑制し、より自然な写真を撮ることができる。また、風景のみの撮影でも白飛びや黒潰れを抑えた撮影が可能。

photo 本体背面

 液晶は高コントラスト・広視野角の2.5インチ「ハイパークリスタル液晶」を採用し、薄暗い場所でも被写体を明るく表示する「ブライトキャプチャー」機能も搭載した。また防水性を備えたモードダイヤルの搭載に成功し、操作性も高めている。スキーのグローブなどを着用していても操作できるようにダイアルの凹凸は深めに削った。

 本体サイズは93.6(幅)×60.9(高さ)×21.3(奥行き)ミリで、重さは136グラム(本体のみ)。付属のリチウムイオン充電池で約220枚の撮影が可能。約14.7Mバイトの内蔵メモリを備えるほか、xD-ピクチャーカードにも対応する。

関連キーワード

μ | オリンパス | デジカメ | 防水 | リチウム | 視野角


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.