ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年08月23日 12時00分 公開

オリンパス、1200万画素+笑顔検出の「FE-300」など3機種

オリンパスがコンパクトデジカメ「FEシリーズ」の新製品3機種を発表。上位機種は薄さ22.1ミリのボディに1200万画素のスペックを詰め込み、笑顔を検出する新機能も搭載した。

[山田祐介,ITmedia]

 オリンパスイメージングは8月23日、“親しみやすさ”“使いやすさ”をコンセプトにしたコンパクトデジタルカメラ「FE(フレンドリー&イージー)」シリーズの新製品3機種を発表した。「CAMEDIA FE-300」「CAMEDIA FE-280」を8月23日から、「CAMEDIA FE-290」を9月21日から販売する。価格はいずれもオープンで、実売想定価格はCAMEDIA FE-300が4万円前後、CAMEDIA FE-280が2万8000円前後、CAMEDIA FE-290が3万円前後。

photophotophoto 左から「CAMEDIA FE-300」「CAMEDIA FE-280」「CAMEDIA FE-290」

シリーズ最高画質の「CAMEDIA FE-300」

 CAMEDIA FE-300は、シリーズ最高の有効1200万画素1/1.72インチCCDを搭載したハイスペックモデル。映像処理エンジンには「TruePic III(トゥルーピックスリー)」を採用した。4群6枚(非球面レンズ4枚)で構成される薄型の光学3倍ズームレンズ(35ミリ判換算で35-105ミリ)を搭載しながら、本体の厚さは22.1ミリに抑えている。重さも115グラムと軽量だ。

 顔検出AF/AEを備え、被写体が動いた場合でも検出枠が顔を追尾しフォーカスを合わせ続けることができる。また、笑顔をカメラが検出して自動でシャッターを切る「スマイルショット」機能も備えた。被写体の歯などを検知して作動し、3枚連写(記録は300万画素)することでシャッターチャンスに強くなっている。写真再生モードには「かんたん補正」機能を用意し、手ブレや赤目、逆光などの一括補正ができる。

photo 本体背面

 ディスプレイは、暗い環境でも被写体を明るく映し出す「ブライトキャプチャー」機能を備えた約23万画素の2.5インチ液晶。露出補正の設定画面は「比較ウインドウ」を採用し、2または4分割の画面でレベル別の補正結果を同時に表示する。

 本体サイズは94(幅)×56.5(高さ)×22.1(奥行き)ミリで、重さは115グラム(本体のみ)。約48Mバイトの内蔵メモリのほか、xD-ピクチャーカードに対応する。

重さ108グラムの800万画素カメラ「CAMEDIA FE-280」

photo インタフェースの配置はFE-300とほぼ同じ

 CAMEDIA FE-280は厚さ19.1ミリ/重さ108グラム(本体のみ)のスリムボディが魅力のカメラ。有効800万画素の1/2.35インチCCDを搭載する。レンズは5群6枚(非球面レンズ4枚)の薄型ユニットで構成される光学3倍ズームレンズ(35ミリ判換算で36-108ミリ)を採用した。F値は3.1-5.9。

 FE-300と同様に顔検出AF/AE、スマイルショット機能、かんたん補正機能を備える。ディスプレイも同じくブライトキャプチャー機能付き2.5インチ液晶を採用した。

 サイズは91.8(幅)×55.7(高さ)×19.1(奥行き)ミリ。内蔵メモリは約48Mバイトで、xD-ピクチャーカードにも対応する。

広角28ミリ&3インチ液晶搭載のCAMEDIA FE-290

photo 3インチ大画面のCAMEDIA FE-290

 CAMEDIA FE-290は、35ミリ判換算で28-112ミリ相当の光学4倍ズームレンズを搭載したモデル。レンズ構成は6群7枚(非球面レンズ3枚)。有効710万画素1/2.5インチCCDを採用した。電子式手ブレ補正機能、かんたん補正機能を搭載する。

 3インチのブライトキャプチャー機能付き液晶(約23万4000画素)を備え、比較ウインドウ機能を使用した際にも、大きな画面表示で確かめやすくなっている。

 本体サイズは97.7(幅)×55.7(高さ)×26.5(奥行き)ミリで、重さは142グラム。内蔵メモリは約6.9Mバイト、xD-ピクチャーカードにも対応する。

関連キーワード

CAMEDIA | オリンパス | デジカメ | 手ブレ補正


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.