インタビュー
» 2008年02月07日 14時00分 UPDATE

プチプチ無限地獄へいらっしゃいませ、ご主人様 (2/2)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       
photo メイド編の本体。配色もキャラクターに合わせたツートンカラーにしている

 ぷち萌えには、「妹編」「メイド編」「ツンデレ編」「幼なじみ編」の4種類があります。従来の∞プチプチでは、プチプチしていると100回に1回“変な音”が出ましたが、今回は50回に1回「お兄ちゃん!」「なでなでしてー」といった“萌えボイス”を聞くことが出来ます。

 萌えボイスはそれぞれ4種類あり、4コマ漫画のように順を追って展開します。例えば「ツンデレ編」では、「さわんないでよ!」から始まりますが、最終的には「あ、ありがとう」まで変化していきます。メイド編などは、最後に「ゆるしてくださ…… ひゃん!」です。

――あまり人前ではプチプチできない仕様ですね。50回に1回に変更したのはなぜですか?

 お待たせするのも何ですし。ぷち萌えでは、前回の倍のスピードで萌えボイスが出る仕様にしました。いわゆる“倍速萌え”ですね。

――倍速萌え、ですか

 倍速萌えです。

――「おねだりボイス」というのは?

 プチプチするのをやめ、放置すると15秒後にぷち萌えから“おねだりボイス”が出て、再びプチプチへ誘います。例えば「メイド編」では「ひまだなぁ…」、ツンデレ編では「別に…寂しくないわよ!」といった具合です。おねだりされると、またついプチプチしてしまう……。さらに病みつき度が増した、究極の癒しプチプチと言えるでしょう。

 各キャラクターの声は、すべて声優の釘宮理恵さんにお願いしました。釘宮さんはツンデレキャラの声で知られる方ですが、今回はメイドとか、今まであまりやっていなかったキャラクターにも挑戦してもらってます。そういう意味でもレアなアイテムといえます。

――ところで、特定の「ぷち萌え」……ツンデレ編やメイド編を持っていると、個人の趣味が周囲の人にバレてしまいませんか?

 問題ありません。4種類をコンプリートすれば特定できなくなります。

――そういう問題でしょうか

 そういう問題でしょう。

 今回は「妹編」「メイド編」「ツンデレ編」「幼なじみ編」の4種類ですが、もし好評でしたら「女教師編」などもやってみたいですね。

――そういえば、「∞プチプチ2 〜絞り〜」の構想はどうなりました?

 ……。

関連キーワード

プチプチ | バンダイ | 萌え | ツンデレ


前のページへ 1|2       

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.