ニュース
» 2008年02月19日 13時46分 UPDATE

リコー、10メガCCDの光学5倍ズームコンパクト「R50」

リコーはコンパクトデジタルカメラ「R50」を発売する。コンパクトなボディに35ミリ換算36〜180ミリの光学5倍ズームレンズと有効1000万画素CCDを搭載したエントリーモデル。

[ITmedia]

 リコーは2月19日、コンパクトデジタルカメラ「R50」を3月7日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後。

 新製品は同時発表の「R8」よりも手軽さやコンパクトさを全面に押し出したエントリーモデル。

photo リコー「R50」

 97.3(幅)×56.3(高さ)×23.4(奥行き)ミリ/約116グラム(本体のみ)のボディに、光学5倍(35ミリ換算36〜180ミリ、F値はF3.5-5.6)ズームレンズと1/2.3型 有効1000万画素CCDを搭載した。

 エントリーモデルという位置づけから背面インタフェースはシンプルにまとめられており、R8などが備えるADJ.レバーなどは用意されていない。オートのほかスポーツやポートレート、風景、夜景ポートレートなど15種類の豊富なシーンモードを備えた。光学式手ブレ補正機能は搭載しないが、ISO3200の高感度撮影が可能で、撮影後に本体内で画像処理を行うことで手ブレ/被写体ブレを低減する機能を備えている。

 MOV形式の動画撮影機能も搭載。記録メディアはSD/SDHCメモリーカードで、付属バッテリー「DB-80」利用時には約220枚の撮影が行える(CIPA規格)。

photo

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう