ニュース
» 2008年06月18日 16時05分 UPDATE

三洋、“4LCD”プロジェクターを発売

三洋電機が世界初となる“4LCD構成”のプロジェクターを発売。高い輝度と色再現性の両立を求められる電子広告などでの利用に適する。

[ITmedia]

 三洋電機は6月18日、世界初となる“4LCD構成”の業務用プロジェクター「LP-XP200L」を9月24日より販売開始すると発表した。価格は189万円。

photo 「LP-XP200L」

 プロジェクターを利用した電子広告やホールなどでの利用に適した製品。従来の3LCD方式にベースに、黄色成分を独立制御する「カラーコントロールデバイス」を組み込んだ「4LCD新光学エンジン」を搭載しており、赤/青/緑/黄の4色をコントロールしながら映像を作り出す。7000ルーメンと高い輝度を持ちながら、同社従来製品(LP-XP100L)に比べ、色域を約20%拡大しているのが特徴といえる。

photophoto 「4LCD新光学エンジン」の概略(左)、従来製品に比べ色域を20%拡大した(右)

 あくまでも3LCDの改良型といえる形式であり、液晶パネルは1.3型(1024×768)を3枚搭載している。ランプは330ワットのNSHAランプで、コントラスト比は2200:1。画面サイズは31〜400型。なお、「カラーコントロールデバイス」についての詳細は公表されていない。

 「高い色再現性を求められる製品に適した技術」(同社)とのことで、まずは本製品のような大型の業務用機器に実装される。民生機への搭載についてはコスト面が課題だという。

関連キーワード

プロジェクタ | 三洋電機 | 3LCD | 広告


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう