ニュース
» 2008年06月25日 15時11分 UPDATE

写真紀行:フィジー第2の都市、ラウトカ

美しい南国の海から一転、再びフィジーの街中へ。第2の都市ラウトカや港町デナラウを歩く。

[小山安博,ITmedia]

 美しい南国の海から一転、オリンパス「E-420」を手に再びフィジーの首都スバ(Suva)があるビチレブ島(Viti Levu)。首都のスバは東の端、国際空港のあるナンディ(Nadi)は西の端にあるため、短期間滞在の旅行者はあまり首都へ行くことはないかもしれない。

photophoto ナンディ・タウンのメインストリート。この先のナンディ寺院までの約1キロ程度が街の中心。車と人が少ないのは、この日が休日(女王誕生日)だから。スーパーマーケットと観光客向けの店をのぞいて休業の店が多かった(写真=左)、ラウトカの町並み。撮影時が土曜日の午前中だったので人通りが多い。フィジーでは土曜は午後1時に店を閉めることが多い(写真=右)

 というわけで、今回は首都に次ぐ第2の都市ラウトカ(Lautoka)と第3の都市ナンディ・タウン、オマケで港町デナラウ(Denarau)も紹介したい。

 ナンディ・タウンは、以前も書いたとおり観光の街としての色彩も強く、街には土産物屋が多い。特に多くのスタッフが日本語を操るナンディ・ハンディクラフトセンターは民芸品からジュエリー、伝統衣装のスル(Sulu)まで、幅広い品ぞろえ。

 ラウトカは、観光客向けというよりも地元民向けの街。私が歩いてみた限りほとんど日本語は通じなかったが、バスターミナルに大きな市場があり、地元の野菜や果物などを安価に手に入れられる。

photo ラウトカの市場。写真のブルーシートは場外市場で、この先にさほど広くはないが場内市場が広がる。この数時間後、大雨が降ってこの辺り一帯、水があふれて大変なことに。場内に逃げ込めずにブルーシートの下で雨宿りさせてもらったが、シートにたまった水を一気に落とすたびに、周りの人が楽しそうに歓声を上げるのが印象的だった

 港町デナラウは、正確に言うとリゾートタウン。周辺にはシェラトン、ウェスティン、ヒルトンといった欧米資本の高級ホテルなどが立ち並び、「ハードロックカフェ」まである。

 この街に泊まらなくても旅行者がよく使うのがこの港。離島に向かう船の多くがここから出発しているからで、時間があれば出発前に街を見物してみてもいいかもしれない。

photo デナラウ港付近の町並み。右側に見えるのがハードロックカフェ。かなり人工的なニュアンスの漂う街ではある
photo ナンディ国際空港からナンディやデナラウに続くクイーンズロードの1本外れにあった手書きの看板とヤシの木。南国の景色

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう