ニュース
» 2008年08月29日 11時43分 UPDATE

ヤマハ、新スピーカー「NS-700」シリーズ

ヤマハが新スピーカー「NS-700」シリーズを発売。楽器メーカーらしいなめらかなフォルムで躍動感あるサウンドを再生する。

[ITmedia]

 ヤマハは8月28日、Hi-Fiスピーカー「NS-700」シリーズを9月下旬より販売開始すると発表した。トールボーイ型の「NS-F700」とブックシェルフ型の「NS-B750」が用意され、価格はNS-F700が7万4550円、NS-B750が4万4625円(それぞれ1本)。

photo 「NS-F700」(写真=左)、「NS-B750」(写真=右)

 NS-F700はA-PMD振動板を使用した16センチウーファーと13センチミッドレンジ、3センチのDCダイヤフラム方式ドームツィーターを採用した3ウェイ構成。再生周波数帯域は45Hz〜100kHz(−30dB)でHi-Fiからホームシアター用途まで幅広く対応する。

 キャビネットはすべての角が同社伝統の「総三方留め構造」で固定されているほか、「Soavo」シリーズにも採用されたスラントパーテーションとバーチカルラダー補強が施されており、不要な共振を抑えながらも、内部の響きをコントロールする。サイズは354(幅)×1012(高さ)×374(奥行き)ミリ(スタンド含む)、25キロ。

 NS-B750は専用設計のA-PMD振動板を採用した13センチウーファーと3センチDCダイヤフラム方式ドームツィーターを採用した2ウェイ構成のブックシェルフ型スピーカー。ジャズやポップス、ボーカルを中心としたピュアオーディオ再生に適した音作りとなっている。キャビネットはブラウンバーチ・リアルウッド突板仕上げで、角はNS-F700と同じく総三方留め構造で固定されている。再生周波数帯域は60Hz〜100kHz(−30dB)で、サイズは198(幅)×350(高さ)×290(奥行き)ミリ、6.7キロ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう