ニュース
» 2008年11月13日 20時08分 UPDATE

デジタルフォトフレーム市場が急拡大中、GFK調査

GFKジャパンがデジタルフォトフレーム販売動向調査を発表した。家電量販店におけるデジタルフォトフレームの販売実績は急拡大しているという。

[ITmedia]
photo デジタルフォトフレームの販売数量推移(2008年1月を100)と2008年度の国内販売数量推定(出典はGFKジャパン)

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパンは11月12日、デジタルフォトフレーム販売動向調査を発表した。家電量販店におけるデジタルフォトフレームの販売実績は急拡大しており、2008年1月と比較して6月には8.2倍、直近の10月では13.4倍を記録したという。

 GFKジャパンでは市場が急拡大している理由について、4月末に同市場へ再参入をはたしたソニーなど新規メーカーがきっかけになっていると分析する。「途中参入ながら10月時点でシェア1位(1月〜10月合算)。さらに新規参入のテクタイトも6月から販売実績を伸ばしており、同シェア2位と今年に入ってからメーカー数、製品数ともに着実に増加している」という。

 これらを受け、GFKジャパンでは当初の約9.5万台と推定していた市場予想を大幅に上方修正。2008年通年の販売台数は約23万台に達する見込みで、前年比約8倍と家電製品の中でもとりわけ大きな伸びになると予想している。

 「市場は全体的な盛り上がりを見せている。年末にかけてはクリスマス商戦における“ギフト需要”に加え、年末年始での“帰省需要”も期待され、さらなる販売増が見込まれる」(GFKジャパン)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう