ニュース
» 2009年01月28日 14時32分 UPDATE

水中でもハイビジョン動画、タフなLUMIX「DMC-FT1」

パナソニックから、シリーズ初の防水デジカメ「DMC-FT1」が登場。防水/防じん/耐衝撃性能を持ちながら、AVCHD Liteによるハイビジョン撮影機能も備える。

[ITmedia]

 パナソニックは1月28日、デジタルカメラ“LUMIX”の新製品「DMC-FT1」を3月上旬より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は4万7000円前後。

photophotophoto 「DMC-FT1」。カラーはソリッドシルバー、サンライズオレンジ、フォッジグリーン

 新製品は“LUMIX”シリーズとしては初の防水・防じん・耐落下性能を備えたタフネスモデルとして登場する。IPX8(継続的に水中に沈めても有害な影響の生じる水の進入がない)による水深3メートルの水中でも撮影できる防水性能と、IP5X(防じん試験用粉じんが入っても所定の動作や安全性を損なわない)の防じん性能、また、MIL-STD準拠の1.5メートルの落下に耐える耐衝撃性能を備えている。

 水辺やアウトドアでの利用が想定されるため、水中での撮影に適した撮影モード「ビーチ&サーフ」を備えるほか、LEDライトを備えておりくらがりでの静止画/動画の撮影を容易にしている。

 撮像素子は1/2.33型 有効1210万画素CCDで、レンズは屈折光学系ながらも28〜128ミリ(35ミリ換算)の光学4.6倍ズームレンズを搭載する。ちなみに、屈折光学系の採用もシリーズ初だ。

photophotophoto

 基本的な撮影機能は、「DMC-TZ7」とほぼ同等。「おまかせiA」によって、撮影シーンを自動判別する「自動シーン判別」、ロックした被写体を追尾する「追尾AF」、赤目を自動補正する「デジタル赤目補正」、暗部階調を上げることでISO感度を上げることなく暗いシーンを明るく撮影する「暗部補正」が利用できるほか、個人認証機能も備えており、多く撮影しているひとを「大切なひと」として認証して自動的に登録、優先的にAE/AFを行う。動画撮影もDMC-TZ7と同じく、AVCHD LiteならびMotionJPEGによるハイビジョン(720p)撮影に対応する。

 背面液晶は広視野角型の2.7型(23万画素)/オートパワーLCDで、側面にはHDMIを備えており、薄型テレビ「VIERA」やデジタルレコーダー「DIGA」とのVEIRA Linkにも対応する。

 記録メディアはSD/SDHCメモリーカードで、内蔵メモリは40Mバイト。付属バッテリーでの撮影可能枚数は350枚。ボディサイズは98.3(幅)×63.1(高さ)×23(奥行き)ミリ、約163グラム(本体のみ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)