ニュース
» 2009年02月03日 13時40分 UPDATE

富士通テン、卵状シェル採用のホームオーディオ向けハイエンドスピーカー「TD712zMK2」

富士通テンは、タイムドメインスピーカー「ECLIPSE TD」シリーズのハイエンドモデル「TD712zMK2」を発表した。

[ITmedia]
photo TD712zMK2-S(左)、TD712zMK2(右)

 富士通テンはこのほど、タイムドメインスピーカー「ECLIPSE TD」シリーズのハイエンドモデル「TD712zMK2」を発表、2月下旬より発売する。スタンド高の異なる2モデルを用意、価格はレギュラースタンドモデルの「TD712zMK2」が34万6500円、ショートスタンドモデルの「TD712zMK2-S」が32万5500円(ともに1本/税込み)。

 TD712zMK2は、従来ハイエンドモデルとなるホームオーディオ向けスピーカー「TD712z」の後継モデルで、前モデルよりも内部容積を約20%アップさせた新エッグシェルを採用し再生周波数帯域を向上させている。スピーカーユニットは、12センチフルレンジを採用。振動板にはグラスファイバーを用いたほか、磁気回路の磁束密度を前モデルより強化したことで、よりハイパワーな音を再生可能となっているのも特徴だ。

 再生周波数帯域は35Hz〜26kHz。インピーダンスは6オーム、許容入力は定格35ワット/最大70ワットだ。本体サイズは347(幅)×431(奥行き)×989(高さ)ミリ(TD712zMK2-Sは高さ601ミリ)、重量は25キロ(TD712zMK2-Sは18キロ)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう