ニュース
» 2009年02月21日 20時01分 UPDATE

A&Vフェスタ2009:AV機器は“中身”で勝負? (1/2)

昨年から会場をパシフィコ横浜の国際会議場へと移し、リスニングルーム中心の“体験型イベント”に衣替えしたA&Vフェスタ。今回は展示ブースを中心に紹介していこう。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo 会場は「パシフィコ横浜」の国際会議場

 オーディオ&ビジュアルの総合展示会「A&Vフェスタ2009」が2月21日に開幕した(→“体験”メインに「A&Vフェスタ2009」開幕)。昨年から会場をパシフィコ横浜の国際会議場へと移し、リスニングルーム中心の“体験型イベント”に衣替えしたA&Vフェスタ。今年も熱心なオーディオ・ビジュアルファンから親子連れ、若いカップルまで幅広いユーザーがみなとみらいに集まった。

 国際会議場の3〜4階には参加各社の試聴室やシアタールームが並び、30分〜1時間ごとにデモンストレーションや講演会のスケジュールが組まれている。各社のポータブルレコーダーを使ってアーティストのライブを“生録”できる「生録体験!! ライブレコーディング」などの参加型イベント、AV評論家によるディスカッションなども多数用意されている(→“サラウンド”楽しんでますか?)。

 中でも人気は、スピーカーの原理を学びながら親子でスピーカーを組み立てる「スピーカー親子工作教室」。午前と午後の1日2回(最終日は午後のみ)行われるが、参加者抽選のたびに会場前のホールには人だかりができた。もちろん親子以外でも参加は可能だが、抽選では小学生くらいのお子さんと一緒に行くと優先枠に入れる可能性があり、そこでハズれても一般抽選に参加できるという。お子様連れで是非どうぞ。

photophotophoto 恒例の「自作オーディオ自慢大会」は、思わず「コレ何?」と足を止めてしまうものばかり。「ガブロ(黒御影石)スピーカーシステム」はオルゴールや電子音源など純音を反響し、演奏時の臨場感をもって美しく響かせることができるという(中)。ドンペリの木箱を利用した真空管アンプは、リモコンでふたが開閉する機能つき。いろんな意味で高級感のある作品だ(右)

 話題の高品位CDばかりを集めたCD販売コーナーもある。SACDはもちろん、話題のSHM-CDやBlu-spec CD、HQ-CDなどが勢ぞろい。名盤から1000円で購入できるサンプラーまで数多くのタイトルが山積みにされていて、何枚も“大人買い”する人が多いようだ。

photophotophoto 高品位CDの販売コーナー。物欲が……

A&Vフェスタならではの展示コーナー

 今年は日本ビクターなどが参加を見合わせたため、大手のオーディオ・ビジュアルメーカーとして大々的に展示ブースを設けたのはソニーとパイオニアぐらい(パナソニックは昨年に続いて試聴室兼用)。展示されている製品も基本的には販売中のものばかりのため、目新しさには欠けるが、“A&Vフェスタならでは”といえそうな展示スタイルが印象的だ。

photophoto ソニーブースでは、有機ガラス管を利用したスピーカーシステム“Sountina”(サウンティーナ)がお出迎え。約1メートルの有機ガラス管を振動させることで、1台で奥行きと立体感あふれる音を360度方向へ広げることができる(左)。BDレコーダーやBDプレーヤーを使って「CREAS」(クリアス)や「DRC-MFv3」のデモンストレーションも行っている(右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.