ニュース
» 2009年03月11日 15時15分 UPDATE

ランサーリンク、HQV Realta採用のHDMIアップスケーラ

ランサーリンクが米SiliconOptixの「HQV Realta」を採用したアップスケーラ「HD-S08P」を発売。

[ITmedia]
photo 「HD-S08P」

 ランサーリンクは3月11日、HDMI 1.3a対応アップスケーラ「HD-S08P」を同日より販売開始すると発表した。価格はオープンで、実売想定価格は14万8000円前後。

 HD-S08Pは米SiliconOptixの「HQV Realta」を採用、入力された映像信号を最大で1080pまで変換する。入力端子はコンポジット/アナログLR×1、Sビデオ/アナログLR×1、コンポーネント/アナログLR×1、HDMI×2。NTSC/PALのほか、SECAMでの入力にも対応する。出力端子はHDMI×1、コンポーネント/アナログLR×1で、出力モードには1080p(24p/50p)のほか1080iや720p、WXGA(1366×768ピクセル)などでの出力も行える。

 そのほかにもノイズリダクションや自動テレシネ変換、ジャギー低減などの機能を備える。サイズは217(幅)×213(奥行き)×50(高さ)ミリ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう