ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アップスキャンコンバータ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アップスキャンコンバータ」に関する情報が集まったページです。

各社の違いはココだ! 麻倉怜士の有機ELテレビ画質比較教室
2017年はLGエレクトロニクスに加え、ソニー、東芝、パナソニックから有機ELテレビが発売された。各製品の画質はどう違うのか。OLEDの勃興から現在に至る汗と涙の進化を見つめ続けた“OLEDエヴァンジェリスト”麻倉怜士氏がズバッと回答。(2017/8/22)

ラトック、アナログ映像をHDMI出力できる4K対応アップスキャンコンバータ
ラトックシステムは、コンポジット/Sビデオ入力に対応したHDMIアップスキャンコンバータ「REX-AV2HD-4K」を発表した。(2017/6/8)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
大手プロダクションが切り拓く“8Kドラマ”というフロンティア
大手映像プロダクションであるイマジカ・ロボットグループのROBOTが、世界に先駆けて8K/HDRドラマ「LUNA」を制作した。その驚きの画質と表現手法には、“画質の鬼”こと麻倉怜士氏も納得。「従来の8K映像とは違う地平」と評している。(2017/1/17)

CES 2017:
ソニーからDolby Atmos対応の新AVアンプとサウンドバーが登場――開発者に詳細を聞いた
「Dolby Atmos対応のコンテンツの広がりに、ソニーとして万全の体制で臨む」――ソニーがコンシューマー向け製品としては初めてDolby Atmosに対応したAVアンプ「STR-DN1080」、そしてサウンドバー「HT-ST5000」を発表。 CESの会場で開発者に話を聞いた。(2017/1/7)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
映像は誰のもの?――麻倉怜士の「デジタルトップ10」(後編)
2016年のデジタル業界を総括する「デジタルトップ10」。後編はトップ3と番外編2の発表だ。驚くべきことに、今回のトピックは全てビジュアルで占められた。……え、番外編は「ガッカリ賞」ですか?(2016/12/31)

アナログ回路設計講座(6):
PR:マイクロ波無線設計を容易にする高IIP3の14GHzミキサ
第5世代移動通信(5G)など次世代無線通信技術では、高い周波数帯を広帯域で使用する必要性が生じます。次世代無線通信を実現するためには、これまで無線通信分野では使われてこなかった未知の高周波帯でも優れた性能を発揮するアナログICが必要になります。そうした中で、このほど、高周波での性能を高めたミキサICが登場したので、設計時のポイントなども押さえつつ、詳しく紹介してきましょう。(2016/8/1)

「使いやすさ」に自信あり――ソニー、BDレコーダー4機種を発表
ソニーは、Blu-ray Discレコーダーの新製品として「BDZ-ZT2000」など4機種を4月末に発売する。ユーザーインタフェースを刷新したほか、新リモコンの採用などで使い勝手を向上させている。(2016/3/8)

机の上の小さな贅沢――ティアック「HR-X101」でハイレゾやアナログレコードを聴いてみる
ティアックの「HR-X101」は、デスクトップに置けるコンパクトなハイレゾ対応システム。初心者にもとっつきやすいシンプルな操作性とサイズを超えた音が特徴だ。さらに今回は、アナログターンテーブルの新製品「TN-570」とデジタル接続してレコードも聴いてみよう。(2016/2/24)

長く使って良かったモノ:
2015年、コレ買いました――AVライター・山本敦の場合
各分野の専門家が、実際に長く使って「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。第2回はAV機器の専門家、ライターの山本敦さんです。今年のオススメAV機器は……え、スマホ?(2015/12/24)

Hittite買収で強化された製品群:
MWE初出展のADI、RFICをシステムで提案
アナログ・デバイセズ(ADI)は、初出展した「MWE 2015」で同社の高周波用IC(RFIC)の製品群を紹介した。ADIが2014年に買収したHittite Microwaveの資産が大いに生きている。(2015/11/30)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
曲面テレビはもう終わり?――IFAで見つけた“近未来”
今年のIFAでAV評論家の麻倉怜士氏はどのようなトレンドを見つけたのか。前回は有機ELテレビを取り上げたが、今回は8KやHDR、曲面ディスプレイといったテーマごとに映像機器の動向を読み解いていこう。麻倉氏ならではの業界ウラ話も……。(2015/10/5)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
ワクワクが止まらない! 次世代技術で前進する映像文化の近未来
「技研公開2015」では、SHV(スーパーハイビジョン)に関わる多くの技術が公開された。後編ではレーザーバックライト技術や、低ビットレート転送、ホログラムメモリーといった技術を中心に見ていこう。(2015/6/24)

魅惑のバランス駆動:
DSD再生の強化にバランス対応――ティアック「UD-503」の進化に迫る!
人気の高いティアック“Reference 501”シリーズにヘッドフォンアンプ内蔵USB-DAC「UD-503」が仲間入り。新DACチップを搭載し、ヘッドフォンのバランス駆動にも対応した注目機種の実力は? 発売前にさっそく使い込んでみた。(2015/6/10)

アナログ・デバイセズ AD9154:
あらゆる無線周波数規格に対応する高ダイナミックレンジDAC
アナログ・デバイセズは、帯域幅2.4Gサンプル/秒の高集積クアッド16ビットD-Aコンバータ(DAC)「AD9154」を発表した。オンチップPLLと8レーンのJESD204Bインタフェースを搭載している。(2015/3/31)

2015 CES:
ここがすごいぞ“ハイレゾ対応ブラビア”――ソニー開発担当者インタビュー
ソニーが北米市場向けに発表した新ブラビア「X9000シリーズ」。放送番組を「DSEE HX」でハイレゾ相当にして楽しめるほか、ネットワークやUSBメモリーを介してハイレゾ音源ファイルの再生も可能だ。企画担当者に詳しい話を聞いた。(2015/1/8)

テレビ放送の音も“ハイレゾ相当”に――ソニーが「DSEE HX」内蔵の4Kブラビアを発表
磁性流体スピーカーと「DSEE HX」でテレビ音声をアプコン。ソニーから“世界初のハイレゾ対応テレビ”が登場した。(2015/1/6)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
年に一度の総決算! 「麻倉怜士のデジタルトップ10」(後編)
この1年間を振り返り、とくに印象に残ったデジタル機器やコンテンツをランキング形式で紹介する恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」。後編は第6位からカウントダウン!(2014/12/30)

WTP2014:
IEEE802.11adの信号解析を従来比1/10のコストで構築可能な評価システム
テクトロニクスは、スペクトラムアナライザ機能搭載オシロスコープ「MDO4000Bシリーズ」と、東京都立産業技術研究センターが開発したダウンコンバータ、日立製作所が開発した60GHz帯性能評価用ソフトウェアを使用したIEEE802.11ad対応評価システムを「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2014」(WTP2014、2014年5月28〜30日)で参考展示した。従来、高額だった同評価システムを「1/10程度のコストで構築できる可能性がある」という。(2014/5/29)

録画もできます:
自宅でも4K試験放送が楽しめる! シャープが対応レコーダーと新型4Kテレビを発表
シャープは新型4Kテレビ「UD20」シリーズ3機種と4K試験放送対応のCS124/128度チューナーを搭載したHDDレコーダー「TU-UD1000」を発表した。NexTV-Fが6月2日から実施する4K試験放送の視聴や録画を自宅でも行える。(2014/5/20)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
2013年を総括! 「麻倉怜士のデジタルトップ10」(後編)
この1年間を振り返り、とくに印象深いハードとソフトをランキング形式で紹介する恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」。後半は第5位からスタート。麻倉氏絶賛のUSB-DACやスピーカーも登場します。(2013/12/27)

スピーカーを収納できる4Kテレビ、LGから登場
LGエレが4K対応のスマートテレビを発表した。新開発の4K対応IPSパネルに加え、電源と連動して開閉するスピーカーやHEVCデコーダーなど、新しい技術をつぎ込んだ。(2013/10/17)

「ディーガモニター」も登場:
普及機までMGVC対応、パナソニックが「ディーガ」を一新
パナソニックがBlu-ray Discレコーダー「ディーガ」の新ラインアップを発表した。2チューナー以上のモデルがそろって「マスターグレードビデオコーディング」(MGVC)再生に対応。(2013/9/25)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
パッケージメディアの逆襲(後編)
音楽や映画のネット配信もすっかり定着したが、一方でCDやBDといった既存パッケージメディアにも高音質化や高画質化といった新しい動きが出てきている。後編ではBlu-ray Dsicの動向を中心に紹介しよう。(2013/8/28)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
DRC、ICC、そしてISVC――アイキューブド研究所、近藤哲二郎氏の超発想力
「ICC」に続く新しい映像処理技術「ISVC」を発表したアイキューブド研究所。プロジェクターを想定した注目の技術について、開発者の近藤哲二郎氏とは15年来の付き合いというAV評論家・麻倉怜士氏に聞いた。(2013/4/30)

4KアプコンにツインHDMI出力:
パナソニック、ハイレゾ音源のネットワーク再生に対応したBDプレーヤー2機種を発売
パナソニックは、据え置き型Blu-ray Discプレーヤーの新製品として、ハイレゾ音源のネットワークオーディオ再生に対応した「DMP-BDT330」および「DMP-BD79」を発表した。(2013/3/21)

プリンストンテクノロジー、アップスキャンコンバーター「デジ像HD-BOX版」を1月22日発売
HDMI対応のゲーム機やレコーダーはそのままに、コンポジッドやアナログRGB出力のPCはアップスキャンして出力できる、4系統入力のコンバーターが発売される。(2013/1/11)

プリンストン、さまざまな機器をHDMI出力化できるアップスキャンコンバータ「デジ像HD-BOX版」
プリンストンテクノロジーは、フルHD出力に対応したアップスキャンコンバータ「デジ像HD-BOX版」を発売する。計4台までの機器を接続可能だ。(2013/1/11)

本田雅一のTV Style:
大画面テレビのトレンド(3) 4Kアプコンを比べてみると?
4Kアップコンバート用の超解像技術もメーカーによってアプローチが異なるようだ。パナソニック「DMR-BZT9300」の4K出力とソニー「VPL-VW1000ES」の内蔵4Kアプコンを比べてみると、意外な結果が出た。(2012/11/13)

CEATEC JAPAN 2012:
4K時代の到来を予感させる「CEATEC JAPAN 2012」開幕
世界最大級のエレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2012」が開幕した。大手家電メーカー各社が4Kパネル搭載のテレビやディスプレイを展示している。(2012/10/2)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
テレビはもう、次のフェーズへ IFA総括
AV評論家・麻倉怜士氏によると、「IFA 2012」は、テレビの“次のトレンド”がはっきり見えたイベントだったという。韓国勢の有機ELテレビからソニー、東芝、シャープの4Kテレビまで総チェック。(2012/9/26)

IFA 2012:
高精細だから見えるもの、東芝が開発を進める「レグザエンジンCEVO 4K」
2013年に84V型の4Kテレビを投入することを明らかにした東芝。その画質のカギとなるのが、「レグザエンジンCEVO 4K」という新しい画像エンジンだ。同社の取り組みについて、IFAに合わせて開催されたプレス説明会の内容と合わせて紹介していこう。(2012/9/5)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
“4Kの痕跡”とは? ソニーとJVCのイベントで気づいた効果(1)
最近はJVC「DLA-X90R」やソニー「VPL-VW1000ES」といった4Kプロジェクターの体験イベントに出演する機会の多い麻倉怜士氏。今回は、イベントを通じて分かった4Kプロジェクターの本質について語ってもらった。(2012/3/28)

2012 International CES:
SD映像だって4K2Kで楽しめる、スケール変換ICがお目見え
ラスベガスで開催中のCESでは、複数の家電メーカーが超高精細の映像フォーマット「4K2K」に対応したテレビを出展している。4K2Kテレビの本格的な市場投入を見越して、半導体ベンダーのAnalog DevicesはスケーラICを披露した。(2012/1/13)

エバーグリーン、スイッチング機能付きのHDMIアップスケールコンバーター「DN-HT410」
エバーグリーンは、各種AV機器やゲーム機の切り替えに便利なスイッチング機能付きHDMIアップスケールコンバーター「DN-HT410」を、同社直販サイト「上海問屋」限定で発売した。(2011/11/25)

本田雅一のTV Style:
CEATEC振り返り(1) 新しい映像処理技術の潮流
「CEATEC JAPAN 2011」では、4Kパネルの活用が1つのテーマになった。フルHDを表示するには当然アップコンバートと超解像処理などを併用することになるが、従来のアプコンと全く違う処理結果に思わずうなってしまった。(2011/10/11)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4K×2Kに舵をきるテレビとプロジェクター、IFA報告
9月上旬にドイツ・ベルリンで開催された「IFA 2011」をAV評論家・麻倉怜士氏が総括。4K×2Kテレビからプロジェクター、海外メーカーのユニークなテレビまで、話題は豊富だったようだ。(2011/9/25)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
4K×2Kがやってくる
8K×4Kのスーパーハイビジョンが登場するのはまだ先の話で、4K×2K対応の映像機器が橋渡しをすると見る向きも多い。今回は4K×2Kをめぐる最新動向やハイパーソニック・エフェクト、最新の超解像技術についてAV評論家・麻倉怜士氏に聞いた。(2011/6/10)

エアリア、実売4000円のアップスキャンコンバータ「SD-VSC1」
エアリアは、Sビデオ入力に対応したアップスキャンコンバータ「SD-VSC1」を発売する。(2011/4/7)

ノバック、Sビデオ入力対応のアップスキャンコンバータ「Entavision L」
ノバックは、同社製アップスキャンコンバータ「Entavision」シリーズの新モデル「Entavision L」を発表した。(2011/4/1)

古田雄介のアキバPickUp!:
1枚4GバイトのDDR3メモリが安い
HDDで“8000円以下”といえば、2Tバイトの低価格モデル。そして、メモリでいえば4GバイトDDR3の2枚セットだ。ここ最近は、4Gバイトメモリの値下がりがハンパじゃない。(2010/12/6)

REGZA連携機能もかなりイイ:
異次元の動画変換能力だっ──プレミアムな地デジノートPC「dynabook Qosmio T750」の実力診断
乱立する地デジ+BD搭載のオールインワンノートPCで、何を差別化ポイントにするか。SpursEngineと強力なAV機器連携機能を武器にした東芝「dynabook Qosmio T750」の実力を検証する。(2010/12/3)

“Z”の品格――LED REGZA「Z1シリーズ」(後編)
デザインから映像エンジンまで一新して登場した東芝“LED REGZA”。3シリーズ26モデルのラインアップの中から、REGZAの代名詞ともいえる“Z”シリーズについて、開発担当者に詳しく話を聞いた。(2010/7/12)

計測器向けの通信規格:
LXI/PXI がもたらすメリット
パソコンや複数の計測器(計測モジュール)によって構成される計測システムでは、標準化された通信規格が必要になる。その代表となっているのが、LXIとPXIの両規格である。現在、それぞれの規格に準拠した計測器が、徐々に普及しつつある。本稿では、LXI、PXIそれぞれの特徴を説明した上で、両規格の推進団体が2009年に行った取り組みについてまとめる。また、それぞれの規格がどのような計測用途に適しているのかといったことも紹介する。(2010/3/1)

D-Aコンバータの進化で基地局アーキテクチャはこう変わる
無線システムの基地局においては、どのようなアーキテクチャを採用するにしても、D-Aコンバータが必須の構成要素となる。そして、このD-Aコンバータがより高性能のものへと進化することで、アーキテクチャにも大きな変化がもたらされる可能性がある。本稿では、そうした新たなアーキテクチャの1つである「ダイレクトRFコンバージョン」について解説する。(2009/12/1)

プリンストン、実売約7000円のフルHD対応アップスキャンコンバータ
プリンストンテクノロジーは、フルHD解像度に対応したアップスキャンコンバータ「デジ像AV-BOX版」を発売する。(2009/7/31)

ビクター、DivXなどにも対応 実売4万2000円のBDプレーヤー
DivXファイルなどの再生にも対応したBDプレーヤー「XV-BP1」を日本ビクターが発売する。1080/24p出力や1080Pアップスケーラなどを備え、実売想定価格は4万2000円前後だ。(2009/6/29)

ランサーリンク、HQV Realta採用のHDMIアップスケーラ
ランサーリンクが米SiliconOptixの「HQV Realta」を採用したアップスケーラ「HD-S08P」を発売。(2009/3/11)

ソニーに聞く、BDレコーダーの「2011年画質」とは?
年末商戦期に「2011年画質」というインパクトの強いキーワードを打ち出したソニー。新しい高画質処理回路「CREAS」(クリアス)を搭載し、他社製のテレビに接続しても画質が改善されるとうたう。同社の開発陣に詳細を聞いた。(2009/1/5)

BD/DVDレコーダー特集:
独自の進化を果たした東芝「RD-X8」(後編)
前回に続き、東芝のハイエンドモデル「RD-X8」を検証する。今回はネットワーク経由の録画を実現した「レグザリンク・ダビング」やより長時間のハイビジョン録画が可能になったAVC録画機能などを取り上げる。(2008/11/11)

ボーズ、HDMIで進化したDVD一体型シアターシステム「3・2・1」
ボーズがDVD一体型ホームシアターシステム「3・2・1」シリーズの新製品を発表。HDMI出力とアプコンを備え、薄型テレビとの親和性を高めた。(2008/9/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。