ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ランサーリンク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ランサーリンク」に関する情報が集まったページです。

ランサーリンク、USB 3.0外付け型のフルHD対応キャプチャーBOX
ランサーリンクは、フルHD録画に対応したUSB 3.0接続対応キャプチャーユニット「USB3-HDSDI」を発売する。DVI/HDMI入力のほかプロ機器向けのHD-SDI入力なども備えた。(2014/1/10)

ランサーリンク、Mini DisplayPort対応のディスプレイ分配器
ランサーリンクは、計3台のディスプレイを接続可能なMini DisplayPort分配器「MDP-13S」を発売する。(2011/7/13)

手のひらサイズ:
フルハイビジョン入力対応の小型プロジェクター
ランサーリンクは、1920×1080p入力対応、HDMI端子搭載のモバイルHDプロジェクター「Finemini860」を11月30日に発売する。(2010/11/24)

ホームシアターに:
ランサーリンクのHDMIセレクター「HD-12V3」が3D対応に
ランサーリンクは、HDMIセレクター「HD-12V3」に3D機能を搭載したバージョンアップモデルを11月22日に発売する。(2010/11/22)

ランサーリンク、iMac 27インチ用のHDMIーmini DisplayPort変換アダプタ
ランサーリンクは、iMac 27インチ用となるHDMIーmini DisplayPort変換アダプタ「HMC-27i」を発売する。(2010/7/5)

ランサーリンクから3D対応のHDMIセレクター×2モデル
ランサーリンクは、3D映像に対応したHDMIセレクター、1入力8出力の「HD-18V3D」、4入力2出力「HD-42V3SW」を発売した。(2010/7/2)

ランサーリンク、非圧縮1080p伝送に対応した無線ユニット
ランサーリンクは、薄型テレビやプロジェクターをスマートに設置できる無線送受信ユニット「WHD-11TRX」を発売した。(2010/2/1)

仕事耕具:
ランサーリンクが0.8キロのモバイルプロジェクタ、720pのHD出力に対応
ランサーリンクは、重さ0.8キロのモバイルプロジェクタ「Finemini720」を12月初旬に発売。本体にはHDMI端子を搭載し、最大1280×720ピクセルの画像を投影できる。(2009/10/20)

ロジテックが最大2048×1152ドット表示に対応したUSBディスプレイアダプタ「LDE-WX015U」を発売
ロジテックが、WindowsとMac両対応のUSBディスプレイアダプタを8月下旬に発売する。Windows 7にも対応予定だ。(2009/8/12)

ランサーリンク、マルチチャンネルデコーダー内蔵のHDMI延長機「HD-R121AD」
ランサーリンクは、HDMI ver.1.3対応のHDMI延長機「HD-R121AD」を発売する。延長機本体にマルチチャンネルオーディオデコーダーを内蔵。(2009/3/13)

ランサーリンク、HQV Realta採用のHDMIアップスケーラ
ランサーリンクが米SiliconOptixの「HQV Realta」を採用したアップスケーラ「HD-S08P」を発売。(2009/3/11)

ランサーリンク、HDMI出力装備のUSBディスプレイアダプタ
ランサーリンクは、720pでのHDMI出力に対応したUSBディスプレイアダプタ「グランドHDシネマ」の取り扱いを発表した。(2009/1/29)

ランサーリンク、メディアプレーヤー機能内蔵のモバイルプロジェクター「MPJ-101」
ランサーリンクは、VGA表示対応のモバイルプロジェクター「MPJ-101」を発表。メディアプレーヤー機能を装備しており、単体でのプレゼンなども可能だ。(2009/1/21)

仕事耕具:
重さ100グラム、PCレスでプレゼン――ランサーリンクのモバイルプロジェクタ
ランサーリンクは、重さ約100グラムのモバイルプロジェクタ「MPJ-101」を発売する。内蔵メモリにデータを保存し、PCなどの外部デバイスなしでも映像を投影できる。(2009/1/19)

ランサーリンク、IPX7準拠の防水メモリプレーヤー
ランサーリンクがIPX7準拠の防水性能を持つフラッシュメモリプレーヤー「LAQUA III」」を発売。(2008/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。