ニュース
» 2009年05月11日 15時58分 UPDATE

シャープ、大口径ウーファーを搭載した新しい「AQUOSオーディオ」

シャープは、薄型テレビ向けラックシアターシステム「AQUOSオーディオ」の新製品として、「AN-AR510」および「AN-AR410」の2機種を6月に発売する。

[ITmedia]

 シャープは、薄型テレビ向けラックシアターシステム「AQUOSオーディオ」の新製品として、「AN-AR510」および「AN-AR410」の2機種を発表した。どちらも大口径ウーファーを搭載した3.1チャンネルシステム。価格はオープンプライスで、店頭では幅1350ミリのAN-AR510が10万円前後、同じく1100ミリのAN-AR410は9万円前後になる見込みだ。6月10日に発売する。

photo 「AN-AR510」(左)と「AN-AR410」(右)の設置例(AQUOSは別売)

 内蔵アンプの出力は、2機種ともフロントとセンターが各85ワット、サブウーファーは230ワット。10種類のサウンドモードと「ドルビーバーチャルスピーカー」を搭載する。使用ユニットは、フロントおよびセンターが10センチ径のフルレンジスピーカー(いずれも密閉型)。サブウーファーには、AN-AR510が18センチ、AN-AR410は16センチのバスレフ型を採用した。

 入力端子はHDMI×2、光デジタル×2、アナログピンジャック×2。もちろんHDMI CECを利用した「AQUOSファミリンク」に対応しており、液晶テレビのリモコンで各種操作が行える。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう