ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「AQUOS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AQUOS」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

5Gスマホ用ケースもあり:
Spigenが公式ストアでサマーセールを7月22日から28日まで開催 スマホケースなどが最大50%オフ
Spigenが、7月22日から28日まで公式ストアでサマーセールを開催する。Xperia、AQUOS、Galaxy、Xiaomi、LGのケースやフィルムなど全111商品を最大50%オフで販売する。(2020/7/21)

満足度は80.0%、最多利用端末は「AQUOS」――MMD研究所「Rakuten UN-LIMIT」利用者調査
MMD研究所が「『Rakuten UN-LIMIT』サービス開始後の利用者実態調査」の結果を発表した。総合満足度は約8割で、「料金プラン」「コストパフォーマンス」などの面で高評価を得ている。利用端末は「AQUOS」が27.5%で最多となった。(2020/7/21)

ドコモ、「AQUOS sense2 SH-01L」がOSバージョンアップ Android 10に
NTTドコモが「AQUOS sense2 SH-01L」のOSバージョンアップサービスを開始した。バージョンアップすると、「ダークテーマ」や「ジェスチャーナビゲーション」など、Android 10の新機能を利用できるようになる他、「スクロールオート」の機能向上など、独自機能の改善なども行われる。(2020/7/20)

ドコモオンラインショップで「AQUOS zero2」と「Xperia 5」を5500円割引
7月13日から、ドコモオンラインショップで「AQUOS zero2」と「Xperia 5」を5500円割り引いている。LTEからの機種変更が条件。Xperia 5の一部カラーは在庫なしになっている。(2020/7/14)

シャープ、SIMフリー「AQUOS zero2」向けにAndroid 11プレビュー版を提供
シャープは、SIMフリー版スマートフォン「AQUOS zero2(SH-M13)」向けにAndroid 11の「Developer Preview Program」を提供開始。OS更新時のアプリの動作検証や、アプリや端末との互換性の確認などを行えるようになる。(2020/7/2)

5Gサービスは後日提供:
楽天モバイルが初の5Gスマホ「AQUOS R5G」を発売 税込みで12万8800円
楽天モバイルが初となる5Gスマートフォンとして「AQUOS R5G」を投入する。ただし、同社における5Gサービスの提供はまだ始まっておらず、当面の間はLTEスマートフォンとして利用することになる。(2020/6/18)

「在宅勤務・テレワーク」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で、シャープAQUOS・42V型フルハイビジョン液晶テレビなどの賞品をプレゼント。(2020/6/16)

auとUQ mobileの「AQUOS sense3 basic」が6月19日発売 価格は2万7000円台(税込み)
KDDI(au)とUQコミュニケーションズ(UQ mobile)が、6月19日からシャープ製のスマートフォン「AQUOS sense3 basic」を販売する。価格(税込み)はau向けが2万7830円、UQ mobile向けが2万7720円。AQUOS sense3からスペックをやや落としており、おサイフケータイや指紋センサーを搭載しない。(2020/6/15)

シャープが「AQUOS zero2」「AQUOS R3」をインドネシアで発売
シャープは、世界最軽量をうたうAndroidスマートフォン「AQUOS zero2」を、インドネシアにて発売した。あわせて「AQUOS R3」も7月上旬に発売する。両機種ともSharp Electronics Indonesiaの直営店や、携帯電話販売チェーン店、オンラインストアなどを通じて販売する。(2020/6/10)

UQ mobileの夏モデル発表 「AQUOS sense3 basic」「OPPO Reno3 A」「Galaxy A41」の3機種
UQコミュニケーションズが5月25日、MVNOサービス「UQ mobile」の夏商戦向けスマートフォン新機種を6月中旬以降に発売する。ラインアップはシャープ製の「AQUOS sense3 basic」、OPPO製の「OPPO Reno3 A」、サムスン電子製の「Galaxy A41」。いずれもミッドレンジのスマートフォンだ。(2020/5/25)

組み込み採用事例:
新4K8K放送に対応したミドルウェアを「AQUOS 8Kテレビ」に搭載
富士ソフトは、デジタルテレビ向けミドルウェア「FSDTV Middleware for ARIB」がシャープの「AQUOS 8Kテレビ」に搭載されたと発表した。新4K8K衛星放送における8K放送に対応する。(2020/5/22)

シャープが台湾で「AQUOS zero2」を発売 
シャープは5月20日、スマートフォン「AQUOS zero2」を台湾で発売した。販売方法はオンラインに限り、店舗での販売は行わない。市場想定価格は7万8500円前後。(2020/5/20)

「iPhone SE(第2世代)」はミッドレンジAndroidスマホと比べてどう? ライバル3機種と比較
「iPhone SE(第2世代)」は4万4800円(税別)からという、従来のiPhoneよりも低価格で販売されている。Androidスマホでいえばミドルレンジ端末と同程度だ。そこで、同価格帯のAndroidスマートフォン「HUAWEI nova 5T」「OPPO Reno A」「AQUOS sense3」とスペックを比較してみた。(2020/5/13)

シャープ、初の有機ELテレビを発売も「AQUOSではない」
シャープが初の有機ELテレビ「CQ1ライン」を発表した。今回はあえてAQUOSブランドにしなかったという。理由は「AQUOSブランドは液晶というイメージが強いため」(2020/5/11)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
スマホで8K動画撮影って必要? 「AQUOS R5G」を使って分かったこと
「AQUOS R5G」は、スマートフォンAQUOS初のトリプルカメラを搭載し、8K動画の撮影にも対応したのだ。トリプルカメラのうち、超広角に4800万画素のカメラを搭載した。8K動画の実力は? そもそもスマホでそこまでの撮影が必要なのか?(2020/4/30)

PR:5G時代の幕開けにふさわしいスマートフォン 「AQUOS R5G」を使い倒してみた
「5G」の商用サービス開始に合わせて、シャープはいち早く対応スマートフォン「AQUOS R5G」を投入した。8K動画を撮影できるカメラや6.5型IGZOディスプレイを搭載するなど、5G環境での実力をいかんなく発揮できるモデルに仕上がっている。(2020/4/27)

シャープが考える“5Gスマホのあるべき姿”とは? 開発陣に聞く「AQUOS R5G」
3キャリアの5Gスマホとしてシャープの「AQUOS R5G」が発売された。背面にはToFカメラを含んだ4眼カメラを搭載し、超広角カメラは動画用として、8Kでの撮影に対応した。このカメラをはじめ、ディスプレイ、パフォーマンスなどの特徴を開発陣に聞いた。(2020/4/20)

ドコモが「iPhone 11」「AQUOS zero2」などを1万1000円(税込み)引きで販売 4月17日から
ドコモが、4月17日から一部機種における割り引きを変更する。iPhone 11やAQUOS zero2などを機種変更で購入した場合は、販売価格から1万1000円(税込み)引きで購入できるようになる。(2020/4/16)

auの夏商戦向けLTEスマホが登場 「Xperia 10 II」「Galaxy A41」「AQUOS sense3 basic」
KDDIが4月15日、2020年夏商戦向けのLTEスマートフォン3機種を発表した。ラインアップは「Xperia 10 II SOV43」「Galaxy A41 SCV48」「AQUOS sense3 basic SHV48」の3機種。コストパフォーマンスを重視したミッドレンジモデルとなる。(2020/4/15)

ソフトバンクが「AQUOS zero」をAndroid 10にバージョンアップ
ソフトバンクの「AQUOS zero」が、Android 10に更新される。ニュースアプリやSNSアプリにおける「オートスクロール」や1スワイプでのGoogleアプリ表示など、新機能が追加される。(2020/4/10)

Spigen、Amazonストアで5G対応スマホケースの5%オフキャンペーン開催
Spigenは、4月12日まで5G対応スマホケースの5%オフキャンペーンをAmazonで開催。対象は「AQUOS R5G」と「Galaxy S20/S20+」の全ケース。(2020/4/10)

ドコモの5Gスマホ「AQUOS R5G」に乗り換え 契約時の注意点は? 通信速度はどれくらい?
いよいよ3キャリアの5Gサービスが開始した。いち早く5Gを体験すべく、NTTドコモの「AQUOS R5G」を購入した。ここでは購入時の手続きと、短時間ながら試せた5G通信に関するレポートをお届けしたい。(2020/3/30)

「AQUOS zero2」レビュー 軽さからゲーミング性能、カメラまでを検証
シャープの「AQUOS zero2」は、高いスペックを持ちながら、141gという軽さを実現したモデルだ。ドコモ、au、ソフトバンクの3社に加えて、3月13日からはDSDVに対応したSIMロックフリー版も発売された。持ち心地やスペック、カメラ、パフォーマンスなどをチェックした。(2020/3/30)

携帯販売ランキング(3月16日〜3月22日):
ドコモの「AQUOS sense3」が「iPhone 11」の総合トップ3独占を6週で止める
総合トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」で24連勝。NTTドコモ「AQUOS sense SH-02M」が3位に上がった。AQUOS sense3が3位以内に入るのは、2020年1月27日週の2位以来だ。(2020/3/28)

3キャリアの5Gスマートフォン価格まとめ AQUOS R5GやGalaxy S20 5Gが安いのはどこ?
NTTドコモが3月25日に、KDDIが3月26日に、ソフトバンクが3月27日に「5G」の商用サービスを開始する。これに伴い、各社は5G対応スマートフォンを発売する。ここでは、各キャリアが扱う5G端末のラインアップ、発売時期、(判明している)価格をまとめる。(2020/3/25)

ドコモの「AQUOS R2」と「AQUOS R3」がAndroid 10に カメラの機能追加も
NTTドコモは、3月23日に「AQUOS R2 SH-03K」「AQUOS R3 SH-04L」のOSアップデートを実施。ダークテーマやジェスチャーナビゲーションの追加、動画撮影後に約15秒のショートムービーを自動作成する「AIライブストーリー」機能などが追加となる。(2020/3/24)

8Kワイドカメラ搭載「AQUOS R5G」がauから登場 3月27日発売【写真追加】
KDDIが、シャープ製の5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を、2020年3月27日に発売する。大型ディスプレイと8Kワイドカメラを搭載していることが大きな特徴。カラーはアースブルーとオーロラホワイトの2色。(2020/3/23)

Xperia、Galaxy、AQUOSにOPPOやXiaomiも 「au 5G」対応スマートフォンが7機種登場 3月26日から順次発売
auの5G通信サービスが3月26日にスタートする。それに合わせて、対応するスマートフォンが7機種発表された。ラインアップには「Xperia」「Galay」「AQUOS」といった定番ブランドに加えて、「OPPO」や「Xiaomi」のものも用意する。【更新】(2020/3/23)

携帯販売ランキング(3月9日〜3月15日):
依然として総合トップ3は「iPhone 11」ながら、ドコモの「AQUOS sense3」が再浮上
総合トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」で23連勝。ドコモの「AQUOS sense3 SH-02M」が5位にランクアップ。前回10位初登場のY!mobile「HUAWEI P30 lite」は順位キープ。(2020/3/21)

ドコモが「AQUOS R5G」を3月25日に発売 4眼カメラ搭載で8K動画の撮影が可能【写真追加】
ドコモがシャープの5Gスマートフォン「AQUOS R5G」を3月25日に発売する。5Gに対応したことに加え、約6.5型の大型ディスプレイと8Kワイドカメラを搭載している。8Kで撮影した動画から、AIによって人物や動物を自動で認識してズーム再生する「フォーカス再生」機能も用意した。(2020/3/18)

Xperia、Galaxy、AQUOSにarrowsも――ドコモが「5Gスマホ」を6(7)機種発表 「4Gスマホ」も4機種投入
5G通信サービスの開始に合わせて、NTTドコモが新端末を発表した。5G通信に対応するスマートフォンやルーターに加えて、LTE(4G)に対応するスマートフォンやタブレットも投入する。【更新】(2020/3/18)

組み込み採用事例:
「AQUOS R5G」に採用された3D ToFイメージセンサー
インフィニオン(Infineon Technologies)とPMD Technologiesが共同開発したToFベースの3Dイメージセンサー「REAL3」が、シャープのスマートフォン「AQUOS R5G」に搭載される。リアルタイムで動画の「背景ぼかし」処理が可能だ。(2020/3/17)

Spigen、AQUOS R5G用ケース「リキッド・クリスタル」「ラギッド・アーマー」を発売
Spigenは、3月10日にAQUOS R5G用ケース「リキッド・クリスタル」「ラギッド・アーマー」を発売した。Amazonストアでは発表を記念し、20%オフで販売する。(2020/3/10)

ソフトバンクが5Gスマホを発表 「AQUOS R5G」「OPPO Reno3 5G」など4機種
ソフトバンクが、5Gに対応するスマートフォン4機種を発表。ラインアップは「AQUOS R5G」「Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の4機種。AQUOS R5GとAxon 10 Pro 5Gは3月27日に発売する予定。(2020/3/5)

ソフトバンクから「AQUOS R5G」登場 3月27日発売予定
ソフトバンクの5Gサービス対応「初号機」の1つとして、AQUOS R5Gが登場する。日本メーカー製らしい全部入り端末で、5Gエリアでは下り最大2Gbpsで通信可能だ。(2020/3/5)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
ミッドレンジスマホのカメラはどう? 「AQUOS sense3」「HUAWEI P30 lite」「OPPO Reno A」で撮り比べ
3万円台のミッドレンジスマートフォンが増えてきた。カメラ機能はどうなのか? 安いなりなのか? 今回は「AQUOS sense3」「HUAWEI P30 lite」「OPPO Reno A」の3機種で撮り比べをしてみた。(2020/3/1)

「AQUOS zero2」のSIMフリーモデル、10万円強で3月13日に発売 DSDV対応
シャープは2月28日、「AQUOS zero2」のSIMロックフリーモデル「SH-M13」を発表した。想定価格は10万円強(税別)で、3月13日から順次発売する。約6.4型の有機ELディスプレイを搭載しながら約141gの軽量ボディーを実現している。DSDVもサポートする。(2020/2/28)

携帯販売ランキング(2月10日〜2月16日):
各ランキングは大きな動きなし、総合トップ3は前回に続きiPhone 11が独占
総合トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」が19連勝。前回5位後退のNTTドコモ「AQUOS sense3 SH-02M」は順位を守る。「Galaxy A20 SC-02M」は8位に上昇。(2020/2/22)

「auオンラインショップお得割」の対象機種拡大、iPhone 11 Proの割引増額も
KDDIが、auオンラインショップで実施している割引施策「auオンラインショップお得割」の対象機種を拡大した。2月21日から「AQUOS zero2」や「Galaxy Note10+」も対象に。iPhone 11 ProとiPhone 11 Proの割引額を増額する。(2020/2/21)

“5Gにふさわしい”カメラとディスプレイを追求した「AQUOS R5G」 シャープの5G戦略を解説する
シャープが5Gに対応したスマートフォン「AQUOS R5G」と、「5Gモバイルルーター」を今春に発売する。AQUOS R5Gは「8Kワイドカメラ」、ルーターは「5Gのシェア」を特徴に掲げる。2021年度にスマートフォンAQUOSを全て5Gに対応させるという。(2020/2/18)

5Gスマホ「AQUOS R5G」登場 シャープから 8K動画の撮影にも対応
シャープは、携帯キャリア各社が春に始める5G通信サービスに合わせ、対応Androidスマートフォン「AQUOS R5G」を商品化すると発表した。Wi-Fi 6や8K動画の撮影にも対応する。(2020/2/17)

シャープの5Gスマホ「AQUOS R5G」登場 8Kワイドカメラや6.5型Pro IGZO搭載
シャープが2月17日、5G通信に対応したスマートフォン「AQUOS R5G」を発表した。2020年春の5G商用サービスの開始に合わせて発売される見込み。スマートフォンAQUOSとして初となる8Kワイドカメラを搭載している。広角カメラや望遠カメラも備える。(2020/2/17)

携帯販売ランキング(2月3日〜2月9日):
総合ランキングでドコモの「AQUOS sense3」が急落、トップ3は3カ月ぶりにiPhoneのみに
トップはソフトバンク「iPhone 11(64GB)」で変わらず18連勝。前回2位の「AQUOS sense3 SH-02M」は一気に5位に後退。「Galaxy A20 SC-02M」は前回から1つ下げたものの9位にとどまった。(2020/2/15)

「141g」の軽さを実現できた秘密とは? “細マッチョ”なスマホ「AQUOS zero2」開発ストーリー
シャープのスマートフォン「AQUOS zero2」は、6.4型ディスプレイや3000mAh超のバッテリーを搭載しながら、141gという軽さを実現した。有機ELディスプレイも改良し、“勝てるスマホ”としてタッチレスポンスも向上させた。さらなる軽量化と見やすいディスプレイ、ハイパフォーマンスを実現できた理由を開発陣に聞いた。(2020/2/14)

シャープの8K液晶テレビ、8K/60pと4K/120p入力が可能に 18年以降のモデルで
シャープは、8K対応液晶テレビ「AQUOS 8K」のファームウェアアップデートを2月下旬から実施。8Kの60fpsと4Kの120fps入力に対応する。(2020/2/12)

「AQUOS zero2」はディスプレイ画質も向上 U-NEXTからDolby Vision/Atmos対応コンテンツ配信も
シャープの「AQUOS zero2」が発売された。AQUOS zero2といえば、約141gの軽量ボディーや、毎秒240回の高速駆動が可能な有機ELが大きな特徴だが、ディスプレイの視認性や画質も向上している。U-NEXTからDolby Vision/Atmos対応コンテンツも登場し、映像コンテンツを楽しむ幅も広がる。(2020/1/31)

auの「AQUOS zero2」、1月31日に発売 9万7200円(税込み)
KDDIは、1月31日にシャープ製スマートフォン「AQUOS zero2」を発売する。約141gの軽量ボディに約6.4型の有機ELディスプレイを搭載し、描画回数を毎秒120回(120Hz)に向上させたことで毎秒240回(240Hz)の高速表示を可能にした。(2020/1/28)

ソフトバンク、「AQUOS zero2」を1月31日発売
ソフトバンクは、1月31日にシャープ製スマートフォン「AQUOS zero2」を発売する。6.4型の有機ELディスプレイを搭載し、前モデルと比べて4倍の高速表示に対応。画面内に指紋認証センサーも備え、高強度なマグネシウム合金フレームを採用したことで軽量ボディーを実現した。(2020/1/24)

ドコモの「AQUOS zero2 SH-01M」、1月30日発売 価格は8万7912円(税込み)
NTTドコモが、シャープ製のスマートフォン「AQUOS zero2 SH-01M」を、2020年1月30日に発売する。新開発の6.4型有機ELでは、毎秒240回(240Hz)の高速表示が可能。価格(税込み)は8万7912円。(2020/1/21)

ドコモが「AQUOS zero2 SH-01M」の販売予約を受け付け開始 発売日は未定
NTTドコモが発売を予定している「AQUOS zero2 SH-01M」の販売予約の受け付けが始まった。具体的な発売日と価格は未定となってる。(2020/1/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。