ニュース
» 2009年06月02日 14時02分 UPDATE

約90%騒音低減、乾電池1本で100時間利用OKのNCイヤフォン「MDR-NC33」

ソニーがノイズキャンセリングイヤフォン「MDR-NC33」を発売。周囲の騒音を約90%カットし、単四形乾電池1本で100時間利用できる。

[ITmedia]

 ソニーは6月2日、ノイズキャンセリングイヤフォン「MDR-NC33」を6月21日より販売開始すると発表した。価格は9975円。

 「MDR-NC22」の後継となる製品で、カナル型のイヤフォンとノイズキャンセリング(NC)ユニットを別構成とした構成はそのままに、新回路の搭載によりノイズ低減能力を「約90%」(同社)まで高めたほか、単四形乾電池1本での駆動時間もMDR-NC22の約50時間から約100時間へと大幅に延長された。

 イヤフォン部には、「MDR-EX700SL/500SL」などと同様のドライバを外耳道へ垂直に配置する「密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー」方式が採用されている、ドライバ径はMDR-NC22とかわらず13.5ミリだ。電池ボックス一体のNCユニットには、周囲の音をキャッチできるモニターボタンも用意されている。

photophoto
photophoto

 カラーはブラック/ホワイト/バイオレット/レッドの4色で、パッケージにはキャリングケース、イヤーピース(S/M/L)、航空機用プラグアダプター、延長コードが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう