製品比較
» 2009年06月17日 21時48分 UPDATE

価格比較:エコポイント活用、個室にちょうどいい26V型以下の液晶テレビを比較 (1/2)

パーソナルサイズと位置づけられる26V型以下だが、最近は上位モデルの機能を一部取り込む形で個性的な製品が増えている。個室やベッドルームなど、シチュエーションに合わせて検討したい。

[ITmedia]

 パーソナルサイズと位置づけられる26V型以下だが、最近は上位モデルの機能を一部取り込む形で、個性的な製品が増えてきた。

 例えば、シャープの「LC-26DX1」はBlu-ray Discドライブを内蔵し、単体で録画も可能なテレビ。ソニー「KDL-26J5」は、画面は小さくてもDLNAをサポートしており、対応するBlu-ray Discレコーダーなどで録画した番組をネットワーク経由で楽しめる(DRモードのみ)。パナソニックの「TH-L17F1」は室内アンテナ内蔵。さらに三菱電機の「LCD-19ATL20」は、このクラスでは珍しいオートターン&チルト機能を持ち、画面の向きをリモコンで柔軟に変えることができる。個室やベッドルームなど、シチュエーションに合わせて検討したい。

 なお、エコポイント制度の分類上、「26V型」に関しては32V型と同じ1万2000点がつくが、「26V型未満」になると一律7000ポイントに下がる。もし20インチ前後のテレビを検討しているなら、ポイントを加味して26V型にも注目したい。

26V型のエコポイント 1万2000点
※買い替えをしてリサイクルを行う場合 +3000点
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.