ニュース
» 2009年08月26日 16時01分 UPDATE

実売3万円:ソニー、奥行き21センチの低価格BDプレーヤー「BDP-S360」を発売

ソニーはBlu-ray Discプレーヤーの新製品「BDP-S360」を9月5日に発売する。奥行きが約20.7センチというコンパクトなボディーが特徴の低価格モデル。

[ITmedia]

 ソニーは8月26日、Blu-ray Discプレーヤーの新製品「BDP-S360」を発表した。奥行きが約20.7センチというコンパクトなボディーが特徴の低価格モデル。搭載するBDドライブも新しくなった。価格はオープンプライスだが、店頭では3万円前後になる見込み。9月5日に発売する予定だ。

photophoto ソニーのBDプレーヤー「BDP-S360」。奥行きが約20.7センチとコンパクト。重量は約2.1キログラム

 BDとCD/DVDの読み取りにそれぞれ専用のビックアップレンズを設けた独自の「プレシジョンドライブHD」を搭載。新たにドライブ構造に改良を加え、ディスク読み取り時のドライブ内温度の上昇を抑えることで、読み取り精度をさらに向上させた。また、ディスクの高速回転による読み取り面の角度ズレに対しても、独自の“3軸補正”技術により、欠損なく収録信号を読み出せるという。

 DVDなどの視聴に便利なアップスケール技術「プレシジョンシネマDアップスケール」を搭載。上下の画素補間だけでなく、左右方向の画素も認識して補間を行うことで、ノイズの少ない映像に変換できる。ユーザーインタフェースはおなじみのクロスメディアバー(XMB)。高速起動モードや、操作しない状態が30分間続くと自動的に電源を落とす「自動電源オフ」といった機能も備えている。

 また、ドルビーTrueHDやDTS-HD Master Audioといったロスレスサウンドのデコーダーを内蔵。リニアPCMに変換して出力できるため、デコーダー非搭載のAVアンプなどと組み合わせた場合でもBDの高音質を楽しめる。もちろんビットストリーム出力も可能だ。

photophoto 背面端子とリモコン

 HDMI出力は1系統で、1080/60pや1080/24pの出力が可能だ。映画BDなどの質感を損なわない「24p True Cinema」をサポートしている。また、最大12bitのDeep ColorやHDMI CECを利用した「ブラビアリンク」にも対応。そのほかに、D4×1、コンポジット×1、コンポーネント×1、光/同軸デジタル音声、BD LIVEを楽しむためのLAN端子などを備えている。

 外形寸法は430(幅)×207(奥行き)×56(高さ)ミリ。重量は約2.1キログラム。シンプルなリモコンが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう