ニュース
» 2009年09月10日 14時20分 UPDATE

ホワイトモデルも登場:ヤマハ、65V型まで対応した“POLYPHONY”「YRS-2000」

ヤマハは、シアターラックシステム“POLYPHONY”(ポリフォニー)の新製品として、65V型までの薄型テレビに対応した大型タイプ「YRS-2000」を10月に発売する。ホワイトモデルの「YRS-1000W」もラインアップ。

[ITmedia]

 ヤマハは9月10日、シアターラックシステム“POLYPHONY”(ポリフォニー)の新製品として、ホワイトモデルの「YRS-1000W」および65V型までの薄型テレビに対応した大型タイプ「YRS-2000」を発表した。価格はどちらもオープンプライスで、10月1日から順次発売する。店頭ではYRS-1000Wが10万円前後、YRS-2000は13万円前後になる見込みだ。

photophoto 65V型まで対応できる「YRS-2000」(左)とホワイトモデル「YRS-1000W」(右)

 YRS-1000Wは、現行機「YRS-1000」をホワイトとシルバーの配色でまとめたカラーバリエーション。ソニーやシャープ、日立製作所など、白い薄型テレビを発売するメーカーが増えていることに対応してラインアップに加えられた。

photo 日立製作所Wooo UTシリーズと組み合わせた例

 機能やサイズはYRS-1000と同等。ビーム状に放出した音を壁に反射させるデジタル・サウンド・プロジェクター(YSP)の技術により、フロントに設置するだけで“リアル5.1チャンネル”を実現する。外観からは分からないが、専用設計の“インビジブル(不可視)・サブウーファー”も内蔵している。天板には厚さ5ミリの強化ガラスを使用した。

 一方の「YRS-2000」は、天板の幅を1600ミリまで拡大することで65V型までの薄型テレビに対応する。内蔵のアンプやスピーカーユニットはYRS-1000シリーズと共通ながら、幅が広がったことによってキャビネット容量の増大や、ウーファーの配置変更が可能になり、YRS-1000よりも音のリアリティーが上がっているという。

 両モデルともHDMI入力は2系統、HDMI出力は1系統で、そのほかに光デジタル音声入力×2や同軸デジタル音声入力×1などを備えている。HDMI CECを利用したテレビとの連携動作も可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう