ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「AVラック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AVラック」に関する情報が集まったページです。

スタンドの位置とカタチを変えられるテレビ、4Kビエラ「DX770」シリーズ
パナソニックは、視聴環境やインテリアに合わせ、スタンドの位置と形状を選択できるユニークなテレビ「DX770」シリーズを6月末に発売する。テレビ台が少しくらい狭くても問題なし。(2016/4/7)

ヤマハ、高さ11cmの“薄型AVアンプ”にホワイトモデルを追加
ヤマハはネットワーク対応のAVアンプ「RX-S601(W)」を発表した。シルバー系の薄型テレビや、トレンドのホワイトカラー系AVラックなどとの組み合わせに最適だという。(2016/3/22)

HDCP2.2/DSD5.6MHz再生対応!:
ヤマハ、ネットワーク対応の薄型AVアンプ「RX-S601」を10月上旬に発売
DSD 5.6MHzの再生に対応した5.1ch AVアンプ「RX-S601」がヤマハから登場。高さは約111ミリでローボードタイプのテレビラックにも収納しやすい。(2015/9/14)

セリフが聞き取りやすい「明瞭ボイス」搭載:
パナソニック、おうち上映会を盛り上げる4Kパススルー対応のシアターバーとシアターボード発表
パナソニックが4月1日、テレビによるスポーツ観戦や映画の鑑賞に最適なシアターバー2種、シアターボード1種を発表した。予想実売価格は4万円前後(税別)からで、発売予定日は5月22日。(2015/4/1)

4KやBluetoothに対応――トレンドを取り込んだヤマハのシアターラック「ポリフォニー」新製品
ヤマハは、ラックシアターシステム“POLYPHONY”(ポリフォニー)の新製品2機種を発表した。(2014/8/28)

パナソニック、58V型まで載せられる“シアターボード”「SC-HTE180」
パナソニックは、テレビの下に設置するタイプのスピーカーシステム「SC-HTE180」を5月16日に発売する。耐荷重は約50キログラム。(2014/4/7)

古田雄介のアキバPickUp!:
板状ボディで静音! AVラックに似合う新型QNAPが登場
年の瀬はNASが売れる季節。データ整理目的だけでなく、マルチメディアファイルの貯蔵庫としてNASを求める人も多い。そこに突き刺さる新モデルが売り場に並んで話題を集めている。(2013/12/16)

テレビの下でもラックの中でも――パナソニックから台座タイプのシアターボード「SC-HTE80」が登場
パナソニックは、薄型のシアターボード「SC-HTE80」を11月22日に発売する。Bluetooth 3.0とNFCをサポート。(2013/11/7)

これなら置ける:
ヤマハ、高さ11センチの“薄型AVアンプ”「RX-S600」を投入
ヤマハが薄型の5.1ch対応AVアンプ「RX-S600」を発売する。ローボードタイプのテレビラックにも収納しやすいスリムデザインだ。(2013/8/29)

AVラックやPCまわりに:
SiB、使い勝手を追求した大きめケーブルボックス「UCCB-TD1」
AVラックまわりやPC周辺をスッキリと片付けられるMDF製のケーブルボックスが登場。(2013/5/10)

ヤマハ、シアターラックシステム「YRS-1200」の購入者にもれなく1万円をキャッシュバック
ヤマハは、シアターラックシステム「YRS-1200」の購入者を対象とした1万円キャッシュバックキャンペーンを実施中。(2013/2/28)

「TotalMount Apple TV Mounting System」ですっきり収納
Apple TVの設置場所は、普通ならテレビの下やテレビラックの中だろうが、「TotalMount Apple TV Mounting System」を利用すると、なんとテレビの裏側にすっきりと収納できてしまう。(2012/12/20)

テレビの背面に取り付け可能:
AVラックまわりのケーブルをまとめて収納――「薄型TV用 ケーブル収納 オーガナイザー」
上海問屋から、テレビ周辺の電源ケーブルや電源タップをまとめる収納ボックスが発売された。テレビの背面に設置できる。価格は2999円。(2012/11/30)

シャープ、大画面AQUOS向けのサウンドバーとラックシアターの新製品
60V型AQUOSの横幅にジャストサイズのサウンドバーと、5.1chのサラウンド効果を再現する「AQUOSオーディオ」新製品が登場。(2012/11/21)

360度回転するAVラック付き液晶テレビ用スタンド、エバーグリーンから
エバーグリーンは、液晶テレビを好きな角度に回転させて視聴できるスタンド「DN-82630」を発売する。下部にはレコーダーやプレーヤーが入れられるAVラック付き。1段と2段のモデルを用意した。(2012/11/7)

ガラス扉付き!:
ヤマハのシアターラック“POLYPHONY”に家具調デザインが登場
“POLYPHONY”(ポリフォニー)シリーズの新製品は、家具調デザインを採用した「YRS-1200」。ガラス扉やBDを収納できる引き出しが付いた。(2012/5/9)

パナソニック、節電機能も充実のガラス扉付きラックシアター2機種
パナソニックは、ガラス扉と収納スペースを備えたラックシアター2製品を3月9日に発売する。(2012/2/8)

1台3役:
AVラックに収まる高級“リビングPC”――「LUVLIB i101X」を試す
マウスコンピューターの「LUVLIB」シリーズは、重厚感のあるアルミボディにAV機能を詰め込んだ注目の製品だ。最上位モデルをレビューしていこう。(2011/12/13)

外付けHDDの熱も:
エレコム、熱がこもりにくいオープンタイプのTVラック「PDR-WLシリーズ」
エレコムは、外付けHDDなどの設置に適したオープンタイプの収納スペースを備えるTVラック「PDR-WLシリーズ」を発表した。(2011/8/23)

エレコム、レイアウトを自分好みにアレンジできるTVラック「PDR-ST490」
エレコムは、レイアウトを自分好みにアレンジできるL型テレビラック「PDR-ST490」を発売する。(2011/7/6)

落ち着いた色です:
パナソニック、家具調ラックシアター「AC-HTF5」に新色ダークウッド
パナソニックは、家具調デザインを採用したラックシアター“サウンドボード”「AC-HTF5」に新色“ダークウッド”を追加する。(2011/5/23)

エレコム、1万円台のスタンダードなTVラック「PDR-YAシリーズ」
エレコムは、37V型/32V型クラスの薄型テレビを設置できるスタンダードタイプのTVラック「PDR-YAシリーズ」を3月上旬より発売する。(2011/2/22)

パナソニック、3Dサラウンド搭載のラックシアター2機種
パナソニックは、3Dサラウンド再生や明瞭ボイスを搭載したラックシアターの新製品「SC-HTX720」「SC-HTX520」を3月18日より発売する。(2011/2/4)

エレコム、高級感のあるTVラック
エレコムは、TVラックの新製品「PDR-UGシリーズ」を1月中旬より発売する。(2011/1/5)

新旧製品比較:
“見えないトコロ”が進化したラックシアター、ヤマハ「YRS-1100」
しゃれたルックスのシアターラック、ヤマハ「POLYPHONY」(ポリフォニー)シリーズに新ラインアップが登場した。デザインコンセプトを継承したため、一見して違いは分からない。しかし、実は見えにくい部分にさまざまな進歩があったようだ。(2010/10/29)

3D/ARC対応:
オンキヨー、プレミアム仕様のシアターラック「CB-HT1200」
オンキヨーは、本格的なホームシアター構築も可能なAVセンターとスピーカーを搭載したプレミアム仕様のシアターラックシステム「CB-HT1200」を発売する。(2010/9/29)

ヤマハ、「YSP-5100」を一体化したシアターラックシステム
ヤマハエレクトロニクスマーケティングは、デジタルサウンドプロジェクター「YSP-5100」を組み込んだラック型シアターシステム「YSP-LC5100」を10月上旬に発売する。65V型までの薄型テレビに対応。(2010/9/21)

初の2ユニット構成:
テレビの下に置けるリアル7.1チャンネル、ヤマハ「YSP-2200」登場
ヤマハは、デジタル・サウンド・プロジェクターの新製品として、バータイプのセンターユニットとサブウーファーで構成される「YSP-2200」を発表した。手持ちのAVラックにも収まる新スタイル。(2010/9/1)

3Dパススルー対応:
ヤマハ、7.1チャンネル対応の新「POLYPHONY」3機種を発表
ヤマハは、デジタル・サウンド・プロジェクターの技術を用いたシアターラックシステム“POLYPHONY”の新製品3機種を発表した。コーナー置き対応の小型サイズもラインアップ。(2010/8/31)

3Dにも対応:
パナソニック、家具調のラックシアター「SC-HTF5」を発売
パナソニックは、家具調デザインを採用したラックシアターの新製品、“サウンドボード”「SC-HTF5」を発売する。(2010/8/4)

エレコム、省スペース設計の2.1chシアターラック「PDR-SP1050BK」
エレコムは、37V型以下の薄型テレビに対応する省スペース設計の2.1chシアターラック「PDR-SP1050BK」を発売する。(2010/6/22)

シャープ、クアトロンやBDレコーダーの3Dに対応した「AQUOSオーディオ」
シャープは、3D液晶テレビ「AQUOSクアトロン3D」やBDレコーダー「AQUOSブルーレイ」に対応したシアターラックシステム「AQUOSオーディオ」3モデルを発表した。(2010/5/31)

パナソニック、新「明瞭ボイス」搭載のラックシアター「SC-HTX900」「SC-HTX800」を発表
パナソニックは人の声を聴き取りやすく調節する新「明瞭ボイス」を搭載したラックシアター2機種「SC-HTX900」「SC-HTX800」を5月28日に発売する。(2010/5/6)

パナソニック、新「明瞭ボイス」搭載のラックシアター2機種
パナソニックは、薄型テレビ用ラックシアターの新製品2機種を3月5日に発売する。人の声の周波数特性に着目した独自技術「明瞭(めいりょう)ボイス」が進化。(2010/2/9)

コーナー設置にも対応するAQUOSオーディオ「AN-AR310」
シャープは、32V型から40V型までの“AQUOS”にマッチするシアターラックシステム「AQUOオーディオ AN-AR310」を2月20日に発売する。(2010/1/28)

シャープ、60V型まで対応した“AQUOSオーディオ”「AN-AR610」
シャープは、シアターラックシステム“AQUOSオーディオ”の新製品「AN-AR610」を11月下旬に発売する。52V型および60V型に対応。(2009/9/29)

ホワイトモデルも登場:
ヤマハ、65V型まで対応した“POLYPHONY”「YRS-2000」
ヤマハは、シアターラックシステム“POLYPHONY”(ポリフォニー)の新製品として、65V型までの薄型テレビに対応した大型タイプ「YRS-2000」を10月に発売する。ホワイトモデルの「YRS-1000W」もラインアップ。(2009/9/10)

PR:ありそうでなかったTVサイドの“デッキスタイル”iPodスピーカー「MXSP-3000」
日立マクセル「MXSP-3000」は、デスクトップからテレビ脇のAVラックまで置き場所を選ばない“デッキスタイル”iPodスピーカー。本格的な2.1chシステムでiPodからテレビまで、さまざまな音源をグレードアップしてくれる。(2009/8/3)

畳半分で42V型、パナソニックがラックシアター新製品「SC-HTR40」を発売
パナソニックは、ラックシアター新製品として、32V型から42V型に適した「SC-HTR40」を9月15日に発売する。(2009/7/30)

日立マクセル、AVラックにスッキリ収まる2.1ch“デッキスピーカー”「MXSP-3000」
日立マクセルが、AVラックへ楽に収まるスリムボディに、折りたたみ式Dockというユニークな機構を搭載したiPod対応の2.1chスピーカーシステム「MXSP-3000」を発売。(2009/7/22)

シャープ、大口径ウーファーを搭載した新しい「AQUOSオーディオ」
シャープは、薄型テレビ向けラックシアターシステム「AQUOSオーディオ」の新製品として、「AN-AR510」および「AN-AR410」の2機種を6月に発売する。(2009/5/11)

キャスター付き:
ソニー、さらに省スペース化したラックシアター3種を発表
ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”に対応するシアタースタンドシステムの新シリーズを発表した。新たに“コーナーカットデザイン”を採用。脚部にはキャスターを備えるなど設置性を向上させている。(2009/3/2)

ラウンドフォルムデザインで省スペース、パナソニックがラックシアター2機種を追加
パナソニックは、薄型テレビ用ラックシアターの新製品として、「SC-HTX7-K」と「SC-HTX5-K」の2機種を3月に発売する。(2009/2/4)

シグマA・P・O、32型まで対応するシンプルTV台
シグマA・P・Oシステム販売は、シンプルデザインのテレビ台「THBS852C」「THBS852N」を発表した。(2008/12/5)

エレコム、コーナーにも設置できるロータイプTVラック
エレコムは、コーナー設置も可能なロータイプの大型テレビ対応AVラック「PDR-WDLシリーズ」2製品を発表した。11月上旬に販売を開始する。(2008/10/16)

デザインと機能の“協和”:
ヤマハ、シアターラックの新ブランド“POLYPHONY”を立ち上げ
ヤマハは、シアターラックシステムの新ブランド“POLYPHONY”(ポリフォニー)を立ち上げる。第1弾は、液晶テレビの“壁寄せ”設置も可能なYSP搭載のラックシアター「YRS-1000」。(2008/9/18)

32V型から40V型まで:
ソニー、3.1チャンネルのラックシアターシステム「RHT-G500」
ソニーは、32V型から40V型の薄型テレビに適したシアターサウンドシステム「RHT-G500」を10月10日に発売する。(2008/8/28)

パナソニック、VIERA向けシアターラックのラインアップを増強――2製品を追加
パナソニックがVIERA向けシアターラックの新モデル2製品「SC-HTR510-K」「SC-HTR10-K」を発表した。(2008/8/26)

サラウンドで北京五輪を堪能する:
第3回:音を手軽にアップグレード、パナソニック「SC-HTR210-K」
8月8日の北京オリンピック開幕式まで、あと3日に迫った。そこで今回は、時間や手間をあまりかけたくないという人に最適なラックシアター、パナソニックの「SC-HTR210-K」を取り上げよう。(2008/8/5)

エレコム、隠しキャスター装備のロータイプテレビラック2シリーズ
エレコムが、大画面の薄型液晶やプラズマテレビが視聴しやすいロータイプのテレビラック「PDR-WHSシリーズ」および「PDR-WAGシリーズ」を6月上旬より発売する。底部に目立たない「隠しキャスター」を装備し、テレビラックを簡単に移動できる。(2008/5/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。