ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヤマハ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヤマハ」に関する情報が集まったページです。

威圧感のある鋭いフェイス ヤマハ「YZF-R1」「R1M」をマイナーチェンジ、カウルや電子制御システムなど刷新
シャープな印象を与える「R1」「R1M」の2020年モデルです(2019/7/17)

ひぃぃ地面が壁みたいに迫ってくる! プロレーサー視点で見る鈴鹿サーキットのヤマハ「R1」走行映像がすごい
ヤマハ公式チーム「YART」のニッコロ・カネパ選手が公開。(2019/7/16)

ヤマハ本社で見つかった横断歩道が斬新 「歩くだけで楽しそう」「猫ふんじゃったを踏みたい」と好評
スキップして歩きたいな〜。(2019/7/1)

ヤマハ、バイクのサブスク「月極ライダー」開始 月額制で“乗り放題”
ヤマハ発動機が、月額制のバイク貸し出しサービス「月極ライダー」の実証実験を埼玉県で始めた。(2019/5/22)

サブスク:
自分に合うバイクはどれ? ヤマハ発が実験
ヤマハ発動機は、毎月定額の料金を支払えば気軽に中古二輪車に乗れる「サブスクリプション(定額制)」サービスの実証実験を20日から始める。国内二輪車メーカーの先陣を切って、定額制を事業化する可能性を探る。所有にこだわらない消費者を開拓し、縮小傾向にある国内二輪車市場を活性化する狙い。(2019/5/21)

バイク市場、定額制で活性狙う 中古をサブスク、気軽にお試し ヤマハ発が実験
所有にこだわらない消費者を開拓し、縮小傾向にある国内二輪車市場を活性化する狙い。(2019/5/20)

人工知能ニュース:
低速自動運転を“商品レベル”で実現へ、ヤマハ発動機とDMPがAIで資本提携
ヤマハ発動機は2019年5月12日、同社製品の自動化と自律化の実現に向けた知能化技術(AI)開発力の強化を目的として、ディジタルメディアプロフェッショナル(以下、DMP)と業務資本提携を行うことを発表した。DMPが行う第三者割当新株式をヤマハ発動機が引き受ける形となり、出資完了後はヤマハ発動機がDMPの筆頭株主となる。(2019/5/13)

さらにレーシーなマシンへ ヤマハ「YZF-R3 ABS」をマイナーチェンジ カウルやメーターなどを改良して6月に発売
カウルやタンクなどを刷新。(2019/5/11)

「バイクを飼う時代」「かわいい」「ペットみたい」 ヤマハの近未来バイク「モトロイド」が生き物みたいだと話題に
生き物みたいなSFバイク……その名はMOTOROiD!(2019/4/25)

スポーティなイメージを強調 ヤマハ「BOLT ABS」シリーズ2019年モデルを発表、新色で5月16日発売
ヤマハの人気クルーザーモデルに新色が登場。(2019/4/23)

ハノーバーメッセ2019:
出展規模は2倍に、ロボットソリューションの海外開拓に注力するヤマハ発動機
ヤマハ発動機は、ハノーバーメッセ2019(2019年4月1〜5日、ドイツ・ハノーバーメッセ)において、2018年に続いて2回目の出展。「製造ラインの生産性向上を実現するYAMAHA ROBOT BEST SOLUTION」をブーステーマとし、ロボット関連製品のソリューション提案を行った。(2019/4/12)

横浜MM21「53街区」の再開発で大林組らを選定、1100億を投資して18万m2の「WEST/EAST棟」を2023年に開業
横浜市の「みなとみらい21中央地区53街区」を対象にした開発事業者公募で、大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハの4社で構成する企業グループが事業予定者に選定された。大林組らは、1100億円を投じて、総延べ18万平方メートルのWEST/EAST棟で構成する大規模複合ビルを建設する。着工は2020年12月、完成は2023年11月の予定。(2019/4/1)

中国で押収された偽造品の画像をシュアが公開 ヤマハやゼンハイザーも被害に
中国でプロオーディオの偽造品を製造していた工場に強制捜査が入った。捜査に協力した米Shure(シュア)が偽造品の写真を公開。世界の有名ブランドが軒並み被害を受けていた。(2019/3/19)

相変わらず「めっちゃメカメカしい」 ヤマハの大型3輪・NIKENに派生モデル「GT仕様」見参!
そこどけそこどけ快適旅仕様。(2019/3/14)

スーパーでよく聞く「ポポーポポポポ♪」が着メロに……えっ、正式な曲名「No.4」なの!?
ヤマハの音楽配信サイトや、auスマートパス会員用サービスで配信されます。(2019/3/6)

ヤマハ「YZF-R25」がリニューアル これやべぇ! ギッとニラむMotoGPマシンイメージの新デザイン
おぉぉすごそう速そう「やんのかオラオラ」顔いいな。59万9400円から。(2019/3/5)

音を使って眠りをサポートする“仮眠スペース” ヤマハが成田空港で実験開始
ヤマハが音を活用して眠りをサポートする仮眠スペースの実証実験を成田国際空港で始めた。時差ぼけや睡眠不足の人に試してもらい、システムの有用性などを検証する。(2019/2/27)

MaaSって何? CASEって何? 交通のラストワンマイル問題に挑む「ニッポン発」の小難しくない自動運転
おぉこれは老後が安心……!! ヤマハ発とWHILLの取り組みに期待。(2019/2/25)

どの鍵盤を押しても大丈夫 ヤマハから“練習いらず”で楽しめる「JAM機能」搭載の電子キーボードが発売
新しい楽器の楽しみ方です。(2019/2/20)

あっ、ほしい ヤマハの名バイクたちを描いた印鑑が販売中、RZ250など全19種類をラインアップ
ビッグスクーターやオフロードもラインアップ。(2019/2/4)

6つ目ヘッドライトが悪魔的にカッコいい 90年代のヤマハ「GTS1000」を近代的にリメイクしたカスタムバイク
原型どこいった!(2019/2/1)

ヤマハ、JR品川駅の「自由に弾けるピアノ」展示を早期終了 「安全管理上の問題」のため
想定した以上の利用者があったためとしています。(2019/1/24)

CES 2019:
CESの主役は「次世代モビリティ」、そして「オープンイノベーション」だった
多くの企業が「オープンイノベーション」の旗印のもとに集まり、知恵を絞っている。とくに熱気を感じたのがモビリティ関連のブース。デンソーやホンダ、ヤマハ発動機など国内メーカーも例外ではない。(2019/1/24)

ヤマハ、原付スクーター「ビーノ」2019年モデルを発表 新色3種を追加して全6バリ展開へ
そういえばこれ、ホンダ製なんだよなぁ。(2019/1/18)

水曜インタビュー劇場(開発公演):
ラグビー部の秘密兵器になるか? ヤマハのバイクを使った「スクラムマシン」
ラグビー「ヤマハ発動機ジュビロ」の練習場に、ユニークなマシンが登場した。地面に固定された「スクラムマシン」である。一般的なマシンは動かすことができるので、どこで購入したのかを聞いたところ、自社でつくったという。プロジェクト担当者に話を聞いたところ、意外な事実が分かってきて……。(2019/1/16)

この脱力感がたまらん! ヤマハ、大型3輪「NIKEN」を擬ニャン化した「ニャイケン」手芸レシピ公開
ニャイケンかわいいニャン。(2019/1/8)

MONOist IoT Forum 東京2018(中編):
IT業界の成功事例は製造業にとっては失敗事例? ヤマ発が語るデジタル変革の本質
MONOist、EE Times Japan、EDN Japan、スマートジャパン、TechFactoryの、アイティメディアにおける産業向け5メディアは2018年12月18日、東京都内でセミナー「MONOist IoT Forum in 東京」を開催した。中編ではヤマハ発動機 フェローの平野浩介氏による特別講演「典型的な日本の製造業でデジタルトランスフォーメーションを推進するには?」の内容を紹介する。(2019/1/8)

ヤマハ、ドラムとウッドベースの自動演奏を可能に ジャズトリオのライブで実演
ピアノトリオが自らのバーチャル版とセッション。しかも生音で。(2018/12/28)

特集・ビジネスを変える5G:
「遠隔合奏」が普通になる時代 NETDUETTOと5G
ルータと楽器、その2つを作っているヤマハらしい技術が集約されたNETDUETTOが5Gで飛躍しようとしている。(2018/12/16)

自然エネルギー:
ジュビロ磐田の「ヤマハスタジアム」、CO2ゼロの電力プランを導入
「ヤマハスタジアム」が2019年3月からCO2排出係数ゼロの電力を購入。地域新電力のスマートエナジー磐田が供給する「いわたゼロエミでんき」を利用する。(2018/12/13)

製造マネジメントニュース:
2021年に売上高2兆円、営業利益率9%、ヤマハ発動機らしいソリューションで
ヤマハ発動機は2018年12月11日、東京都内で記者会見を開き、2019〜2021年の中期経営計画を発表した。「モビリティの変革」「ヤマハらしいソリューション」「ロボティクス活用」を注力領域と位置付け、技術の組み合わせや協業によって、新しい市場や技術の開拓を進める。中計の期間内に、M&Aを含め1400億円の投資の予算を確保した。(2018/12/12)

製造業×IoT キーマンインタビュー:
ヤマハ発動機唯一のフェローはインテル出身、2030年に向けデジタル改革に挑む
ヤマハ発動機がIoTやAIに代表されるデジタル戦略を加速させようとしている。このデジタル戦略を推進しているのが、インテル出身であり、同社唯一のコーポレートフェローでもある平野浩介氏だ。平野氏に、ヤマハ発動機のデジタル戦略について聞いた。(2018/12/10)

かっ飛び爽快海バイク ヤマハ「マリンジェット」2019年モデルを発売
ヒャッハー楽しそう!(2018/11/26)

「AI車掌」がご案内 ヤマハ発動機、CESで新型パーソナルモビリティを披露
ヤマハ発動機が「CES 2019」で新型パーソナルモビリティを披露する。「AI車掌」が乗客の顔を覚えてあいさつ。乗客の動きをチェックし、車両をコントロールする。(2018/11/9)

あの「NIKEN」のGT仕様も出る! ヤマハの3輪「LMW」新型、ミラノで発表へ
300cc版のプロトタイプ「3CT」を公開。(2018/11/7)

「しゅげぇ」「かわいい」ヤマハのバイクをあみぐるみと羊毛フェルトで作ろう! 公式サイトでレシピ公開、第1弾はNIKEN
手のひらサイズのNIKENかわいい。(2018/10/27)

より快適に使える改良を施した「LAVIE Note NEXT」2018年秋モデル 10月18日発売
NECパーソナルコンピュータのプレミアムスタンダートノートPCの2018年秋モデルが登場する。下位モデルにはOptaneメモリ、上位モデルにはヤマハ監修のスピーカーの搭載するなど、より快適に使える改良が施された。(2018/10/16)

車両デザイン:
乗り物の部品でできた楽器、2社の“ヤマハ”が融合する
ヤマハとヤマハ発動機は、合同デザイン展「Yamaha Design Exhibition 2018 “Tracks”」(2018年10月12〜14日、六本木ヒルズ)を開催し、モビリティの部品によって構成された演奏装置「&Y(アンディ)03 eMotion Tracks」を初披露した他、両社のコンセプトモデルや製品の展示を行った。(2018/10/15)

デザインと装備を一新 ヤマハ「YZF-R3」新型を海外で発表! 倒立フォークやフル液晶メーターの豪華装備
日本発売が待ち遠しい!(2018/10/13)

水曜インタビュー劇場(ブルンブルン公演):
バイクは事故が多いのに、なぜヤマハは「バイクレンタル」に挑むのか
ヤマハ発動機販売は10月1日、2輪車レンタル事業「バイクレンタル」をスタートした。国内2輪車メーカーがレンタル事業を始めるのは初めてのことだが、疑問がひとつある。バイクは事故が多いのに、事業を継続してやっていけるのだろうか。同社の担当者に話を聞いた。(2018/10/3)

サビ感あるツヤ消し塗装で色気ムンムン ヤマハ「ビラーゴ」のカスタムバイクがシンプルにかっこいい
こういうの大好き。(2018/10/2)

ヤマハ、97年にスタートした超精密ペーパークラフト配布が9月末で終了 今後は製作者の個人サイトに移管
無料とは思えないクオリティ。(2018/9/29)

ヤマハ、バイク公式レンタルサービス開始 ロードサービスや保険付きで4時間から利用可能
欲しかったあのバイクに乗れるかも(2018/9/23)

こういうメカメカしいルックス大好き! ヤマハ、大型3輪バイク「NIKEN」発売 178万円で受注生産
走りを楽しむスポーツ3輪。(2018/9/16)

40年経っても変わらない味 ヤマハの定番バイク「SR400」復活、40周年記念モデルも限定発売
レトロな定番バイク「SR」がモデルチェンジ。(2018/9/15)

特別モデルも同時発売:
ヤマハ発動機、二輪車「SR400」復活へ 低音が心地よい新型を11月発売
ヤマハ発動機が、2017年に生産を終了した二輪車「SR400」を復活させる。新モデルを11月22日に発売する。発売40周年を記念した特別モデル「SR400 40th Anniversary Edition」も500台限定で同時発売する。(2018/9/14)

数千億円規模の事業を目指す:
ヤマハ発動機、無人農業用車両をはじめとしたロボティクス事業でNVIDIAのチップ、ソフトウェアを採用
ヤマハ発動機は2018年09月13日、同社の戦略的事業分野であるロボティクス技術への取り組みに、NVIDIAのロボティクス/エッジコンピューティング向けコンピューティングモジュール「NVIDIA Jetson AGX Xavier」、およびロボティクスのシミュレーション/トレーニングを自動化する「NVIDIA ISAACロボティクスソフトウェア」を採用すると発表した。(2018/9/13)

あの会社のこの商品:
正体不明の楽器「Venova」は、どのようにして生まれたのか
楽器を演奏してみたかったけど、高価すぎて断念した。こんな思いをした人も多いのでは? この課題にヤマハは挑み、気軽に始められ比較的安価な新ジャンルの楽器を開発。一度見たら忘れそうにないデザインの「Venova」を生み出した。インパクト十分の楽器は、いかにして誕生したのであろうか?(2018/8/27)

PR:キーボードやアンプがルーターになる未来を見据えて――日本のユーザーニーズを満たし続けるヤマハが解決するクラウド時代の3つのネットワーク課題とは
日本のユーザーニーズを満たした製品づくりで、拠点ネットワークや中小規模ネットワークで人気のヤマハのネットワーク製品がクラウド対応を強化している。クラウド時代に顕在化してきた拠点ネットワークの3つの課題とは何なのか。(2018/8/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカー「不正」のケース分析
マツダ、スズキ、ヤマハ発動機の3社が排出ガス抜き取り検査についての調査結果を国交省へ提出した。これを受けて、各メディアは一斉に「不正」として報道した。しかしその内容を見ると、多くが不親切で、何が起きているのかが分かりにくい。そこに問題はあった。しかし、その実態は本当のところ何なのか、できる限りフラットにフェアに書いてみたい。(2018/8/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。