ニュース
» 2010年03月09日 12時30分 UPDATE

選べる3Dテレビ、ソニーが発表

ソニーは、液晶テレビ“BRAVIA”の新製品として、3D対応モデルやHDD内蔵モデルを含む6シリーズ15機種を発表した。あわせて「プレイステーション3」の3DゲームおよびBlu-ray 3Dへの対応についても、スケジュールを明らかにしている。

[ITmedia]

 ソニーは3月9日、液晶テレビ“BRAVIA”の新製品として、3D対応モデルやHDD内蔵モデルを含む6シリーズ15機種を発表した。あわせて「プレイステーション3」の3DゲームおよびBlu-ray 3Dへの対応についても、スケジュールを明らかにしている。3D対応テレビは6月10日から順次発売する予定だ。

photophoto

 「3D is YOURS 〜ソニーは3Dをすべての人へ」を掲げる同社は、ユーザーに2つの選択肢を用意した。1つはテレビを購入するだけで立体的な映像を楽しめる“3D内蔵”モデル。新製品の「LX900」シリーズは、標準で2つのアクティブシャッターメガネが付属し、テレビ本体にはメガネを同期させる赤外線トランスミッターを内蔵している。また、独自のアルゴリズムで通常の2D映像をほぼリアルタイムに3D化できる変換チップも搭載。「ハンディカムやサイバーショットで撮影した思い出も立体視が可能になる」としている。

photophoto 「LX900」シリーズ
photo 先に発表されたパナソニックの3Dテレビと同様、ソニーの3Dテレビもフレームシーケンシャル表示方式を採用している。これは、左右の目に入る画像を交互に表示し、赤外線で同期した液晶シャッターメガネで片側だけ見えるようにすることで視差を生じさせる仕組み

 もう1つは“3Dレディー”モデル。単体で3D視聴はできないが、背面に専用の「3Dシンクロ」端子を備え、オプションの「3Dトランスミッター」とアクティブシャッターメガネを購入すれば、3Dテレビに早変わり。初期投資は抑えたいが、将来的に3Dコンテンツも視聴してみたいという人に適した製品といえそうだ。3Dレディーモデルは、「HX900」「HX800」の2シリーズとなっている。

photophoto 「HX900」の52V型(左)。オプションの「3Dトランスミッター」を接続する「3Dシンクロ」端子を装備。
photophoto オプションの「3Dトランスミッター」。3Dトランスミッターは、スタンドの付いた横長スタイル。赤外線の届く範囲は、左右120度(各60度)、上下に120度(各60度)、距離1〜6メートル。トランスミッターを内蔵するLX900シリーズの場合は少し範囲が狭くなり、上が45度、下が35度となる(左)。おき楽リモコンにも「3D」ボタンを搭載。3Dボタンを押すと2D映像でも3Dに変換される(右)

 オプションの3Dトランスミッターは実売5000円前後、アクティブシャッターメガネは実売で1万2000円前後で販売される見込み。なお、アクティブシャッターメガネは、大人向けのスタンダードサイズと子ども向けのスモールサイズがあり、ブルーやピンクといったカラーバリエーションも用意する。また、蛍光灯などの下で使用してもちらつきが生じない“フリッカーレス”を実現している点も特徴で、先に発表されたパナソニックの3D対応プラズマテレビに対するアドバンテージとして訴求していく構えだ。

photophotophoto アクティブシャッターメガネは2サイズを用意。シンプルなデザインで、フレームの内側には角度調整機構を設けて誰にでもフィットする作りにした

 3D機能内蔵と3Dレディーモデルを合わせると、ソニーの3Dテレビは実に3シリーズ8機種に上る。サイズも40V型から60V型までと幅広い(4サイズ)。また、プレイステーション3の3D対応については、段階的にサポートしていく方針を示した。まず、3D対応BRAVIAの発売に合わせ、6月に3Dゲーム対応のファームウェアを提供する計画だ。その後、時期は未定ながらBlu-ray 3Dの再生もサポートするという。

 ただし、今回はPS3以外の3D再生機は発表されず、BDレコーダーの新製品も登場しなかった。北米では1月の「2010 International CES」で3D対応のBDプレーヤー「BDP-S770」をリリースしており、またBlu-ray Discレコーダーが人気の日本市場に向けては対応レコーダーの追加も期待されていたが、“おあずけ”になった格好だ。

新パネルに“モノリシックデザイン”、無線LAN対応も

 ソニーの夏モデルには、3D対応以外にも新しいフィーチャーがいくつもある。まずは、LEDバックライトモデルの拡大。新製品6シリーズのうち、4シリーズが直下型もしくはエッジ型のLEDバックライトを搭載しており、中にはエッジ型でありながら部分制御が行える製品も用意した。

 また、今回の新シリーズから“モノリシックデザイン”コンセプトに沿って設計された製品が本格展開となる。テレビ前面にガラスを用いて表面をフラットにしたシリーズが複数用意されたほか、アルミの素材感を生かしたユニークなテーブルトップスタンドをオプション設定するなど、薄型テレビの新しいデザインを提案する。

 画質面では、全機種に最新の映像処理回路「BRAVIA ENGINE 3」を搭載して画質の底上げをはかったほか、新たに「オプティコントラストパネル」「クリアブラックパネル」といった新型パネルを投入。4倍速駆動は、「モーションフロープロ240Hz」に進化した。

 さらに全モデルが無線LANによるインターネット接続をサポートした点も新しい。IEEE 802.11n無線LANを内蔵したモデルを複数用意したほか、内蔵していないモデルでもUSB端子を備えており、オプションの無線LANアダプターを取り付けるだけで無線LANを利用できる。

 このほかにも、人感センサーがカメラセンサーに進化するなど、見どころの多いBRAVIA新シリーズ。詳細は別途記事を掲載する予定だ。

シリーズ名 HX900 LX900 HX800 NX800 HX700 BX30H
画面サイズ 52V型、46V型 60V型、52V型、46V型、40V型 46V型、40V型 46V型、40V型 46V型、40V型 32V型、26V型、22V型
3D対応 オプション 内蔵 オプション
録画機能 内蔵
パネル種類 オプティコントラストパネル クリアブラックパネル 従来型
バックライト 直下型LED(部分制御) エッジ型LED エッジ型LED(部分制御) エッジ型LED CCFL CCFL
240Hz駆動 モーションフロープロ240Hz モーションフロー240Hz
インテリジェント画質回路 内蔵
人感センサー カメラセンサー
Wi-Fi内蔵 内蔵 内蔵
リモコン 無線 無線 赤外線 無線 無線 赤外線
発売時期 7月16日 40V型、46V型:6月10日
52V型、60V型:7月16日
7月16日 4月30日 4月30日 6月10日
実売想定価格 52V型:47万円前後
46V型:39万円前後
60V型:58万円前後
52V型:43万円前後
46V型:35万円前後
40V型:29万円前後
46V型:28万円前後
40V型:22万円前後
46V型:26万円前後
40V型:20万円前後
46V型:25万円前後
40V型:19万円前後
32V型:10万円前後
26V型:9万5000円前後
22V型:8万円前後

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.