レビュー
» 2010年07月14日 15時44分 UPDATE

iPod Style:シンプルで使いやすいBluetoothヘッドセット「EZX 60」

ゼンハイザーコミュニケーションズのBluetoothヘッドセット「EZX 60」は、シンプルなデザインと使い勝手の良さが特長。回転させることで左右どちらの耳でも装着可能なイヤーフックを備えている。

[戸津弘貴,iPod Style]
iPod Style

 ヘッドセットを利用するメリットは、両手が自由に使え、姿勢が安定するため、ほかのことを行いながら通話できる点だろう。例えば、クルマの運転(会話に集中しすぎないよう注意)や、買い物などで両手がふさがっている場合、子どもを抱きかかえている場合など、携帯電話を持って通話しにくい状況において効果を発揮する。とくにワイヤレスのBluetoothヘッドセットは、ケーブルが引っかかることもく、非常に便利だ。

photo ゼンハイザーコミュニケーションズの「EZX 60」
photophoto

 ゼンハイザーコミュニケーションズの「EZX 60」は、通話に特化したBluetoothヘッドセットだ。Bluetooth 2.1+EDRに準拠し、HSP/HFPのプロファイルをサポート。リチウムポリマーバッテリーを内蔵し、約2時間の充電で最長300時間の待ち受けと7時間半の連続通話が可能になっている。12グラムという軽量コンパクトなボディーに、回転させることで左右どちらの耳でも装着可能なイヤーフックを備え、長時間の使用でも疲れにくい。

photophoto 本体重量は12グラム
photophoto 回転させることで左右どちらの耳にも装着可能なイヤーフックを備えた

 スピーカー(イヤフォン)部は、耳穴に差し込んでふさいでしまうことがないため、外部の音が聞こえて安全性が高い。イヤーフック部は、耳の形に合わせて形状を柔軟に変更できるソフトな特殊素材を使用しており、装着時の安定性を高めている。マイクは、本体前部の先端に設けられているが、コンパクトなボディーのため、装着したときにもマイクの先端は、耳たぶのライン程度までしかこない。口元からはだいぶ距離があるが、指向性の強いマイクのため、必要な音声を確実に拾ってくれる。また、周囲の雑音や通話の妨げとなるエコーをおさえる「デジタル・ノイズキャンセル」により、クリアな通話を実現している。

 シンプルなのはボディーデザインだけでなく、ボタン類も最小限になっている。本体表面上部にあるゼンハイザーロゴ部分が通話/終話スイッチになっており、電源のON/OFFやペアリングモードへの切り替えもこのスイッチで行う。また先端のLEDで動作状況などを確認することができる。

 本体側面には、ボリュームコントロールボタを配置。上部にはUSB充電ポートがあり、ACアダプターまたはPCなどにUSB接続して充電する。

photophoto 操作ボタンとUSBポート

 本体表面上部のゼンハイザーロゴボタンを長押し(約8秒)するとペアリングモードとなり、携帯電話から認識できるようになる。「Headset(iPhone 3Gの場合)」と表示されている機器名が「Sennheiser EZX 60」となると同時に自動的にシンクロを開始する。パスキー(PINコード)を入力する画面になった場合には、「0000」を入力すれば登録される。PC や他の携帯電話など最大で8つの機器を登録できるので、通話以外にも「Skype」などのビデオチャット用ヘッドセットとしても有用だ。

photo ゼンハイザーロゴ部分が通話/終話スイッチ

 価格はオープンプライス。実勢価格は8000円前後と、ビジネス用のヘッドセットとしては平均的だ。量販店に行けば、より安価な製品もあるが、ノイズや通話品質などを考慮すると価格相応の満足感は得られるかと思う。また、保証期間が2年間と通常製品よりも長期間なのも安心して使える要因の1つ。総合的な満足感は高いと思われる。

Copyright (C) 2002-2017 - iPod Style - All rights reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう