ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バッテリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バッテリー」に関する情報が集まったページです。

五輪開会式のドローン演出、どんな仕組みで実現? 提供元のIntelに聞く
五輪開会式で話題になったドローンパフォーマンス。どんな仕組みなのか、提供元のIntelの担当者に聞いた。(2021/7/30)

テクノロジーで着実に進む「MaaS」変革 私たちの“移動”を変える3つのアプローチ
人の移動を変える「Mobility as a Service」の世界。日本国内で検討されている「大都市型MaaS」「郊外型MaaS」「観光型MaaS」の実例を解説。(2021/7/30)

Huawei、フラグシップ「P50」シリーズ発表 高性能カメラ搭載も米制裁で5G断念
Huaweiがカメラ性能に特化したPシリーズ最新モデル「HUAWEI P50 Pro」と「HUAWEI P50」を発表した。Proのカメラは5000万画素カラーセンサーがメインの4台構成とハイスペックだ。ただし、米制裁の影響で5Gをサポートしない。(2021/7/30)

スマホが発熱! 「絶対にやってはいけないこと」は?
夏も本番を迎えました。外でスマホを使うと、非常に熱くなることもあります。そうなったら、どうすればいいのでしょうか……?(2021/7/30)

ルネサスとシンティアント:
マルチモーダルAIソリューションを共同開発
ルネサス エレクトロニクスとSyntiant(シンティアント)は、ビジョンAI用とボイスAI用のICを組み合わせ、ハンズフリーを実現する「マルチモーダルAIソリューション」を共同で開発、レファレンスデザインの提供を始めた。(2021/7/30)

製品動向:
小型照明装置を用いた直感的な規制工事予告技術を開発、阪神高速技術ら
阪神高速技術は、テクノ阪神や大日本印刷と共同で、小型照明装置を使用して、高速道路の工事や規制についてドライバーに直感的に分かりやすく知らせる技術を開発した。今後、3社は共同で、関係機関の協力を得て、新技術の高速道路本線上での試験運用といった必要な確認を実施し、規制工事での導入に向けた取り組みを進める。(2021/7/30)

現場管理:
屋外現場にも対応する薄型・軽量の「42インチ電子ペーパー」をリコーが発売
リコーは、建設現場向けに、薄型で軽量に加え、防塵・防水の性能も備えた42インチ電子ペーパーデバイス「RICOH eWhiteboard 4200」を発売した。同時に専用のクラウドサービスも展開し、遠隔で現場と事務所など、デバイス同士での図面や情報の共有も可能になる。(2021/7/29)

楽天モバイル、モバイルWi-Fiルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B」発売 実質0円キャンペーンも
楽天モバイルは、楽天の公式キャラクター「お買いものパンダ」がデザインされたモバイルWi-Fiルーター「Rakuten WiFi Pocket 2B」を発売。初めて「Rakuten UN-LIMIT VI」へ申し込むと実質0円になるキャンペーンも開催する。(2021/7/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
3万円台で1億画素カメラ搭載 「realme 8 pro」はXiaomi低価格スマホの好敵手
4Gモデルながら1億画素カメラを搭載した「realme 8 Pro」は、Xiaomiの低価格モデル「Redmi Note 10 Pro」と真っ向から対抗する製品です。realme 8 Proは、価格を抑えながらも1億800万画素カメラを搭載しています。本体の仕上げも悪くなく、カメラスペックも申し分ないだけに、この価格で日本で出しても十分売れるようにも思います。(2021/7/29)

「iPhone 12/12 mini」を安く買えるのは? 7つの販路で比較してみた
2020年10月に発売された「iPhone 12」「iPhone 12 mini」だが、2021年からY!mobile、UQ mobile、楽天モバイルも取り扱いを始めた。今新規契約やMNP利用で乗り換えるとしたら、どの事業者で、どう契約するのが最も安く端末を購入できるだろうか。(2021/7/29)

モバイルディスプレイの道:
2基のUSB Type-Cポートでパススルー給電にも対応! レノボの「ThinkVision M15」を試して分かったこと
レノボ・ジャパンの15.6型モバイルディスプレイ「ThinkVision M15」は、2基のUSB Type-Cポートによるパススルー給電に対応するなど多機能なモデルだ。(2021/7/29)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
トヨタが見せた「バイポーラ型ニッケル水素電池」という現実解
リチウムイオン電池だけが正解じゃない、と思うんですよね……。(2021/7/29)

製造マネジメントニュース:
黒字回復で日産は輝きを取り戻せるか、内田社長「ここから真価が問われる」
日産自動車が2021年度(2022年3月期)第1四半期(4〜6月期)の連結業績を発表。売上高は前年同期比71%増の2兆82億円、営業利益は同2296億円改善の757億円、経常利益は同3226億円改善の903億円、当期純利益は同4001億円改善の1145億円とコロナ禍の影響を大きく受けた前年同期から大幅な回復を遂げた。(2021/7/29)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
原点に立ち返った“オリンパスPEN” 誰もが軽快に写真を楽しめる「E-P7」
OMデジタルソリューションズが発売した「E-P7」は会社分離後初の新製品。非常にPENらしいシンプルで四角くて軽くて小さいミラーレス一眼だ。(2021/7/29)

OnePlus共同創業者の新企業Nothing、無線イヤフォンを発表 日本でも発売へ
OnePlusの共同創業者、カール・ペイ氏が英国で立ち上げたNothingが初の製品を発表した。無線イヤフォン「Ear(1)」はノイズキャンセル機能搭載ながら約1万円。8月17日に日本を含む世界で発売する。(2021/7/28)

モバイルディスプレイとしても使える「Yoga Tab 13」が8月6日発売 税込みで9万円弱
LenovoがMWC Barcelona 2021に合わせてリリースしたYoga Tabの新モデルが日本に上陸する。13型モデルはMicro HDMI入力端子を備えモバイルディスプレイとしても利用できる。(2021/7/28)

PR:新次元のカメラとディスプレイを搭載 生まれ変わった「AQUOS R6」徹底レビュー
シャープのフラグシップスマートフォン「AQUOS R6」が発売された。目玉は、スマートフォンとしては最大級(※2021年5月17日時点のシャープ調べ)の1型センサーを搭載したカメラだ。ディスプレイは「Pro IGZO OLED」を初搭載しており、画質とスタミナを両立させた。5Gスマホの最新モデルとして画期的な進化を遂げたAQUOS R6の魅力をお伝えしよう。(2021/7/28)

【Kindleセール】KADOKAWA合本版が30%オフ! 『金田一耕助事件ファイル』『リング』『天地明察』『魔界転生』などがセールに
セール期間は7月23日〜8月5日まで。(2021/7/27)

日本で動き始めたIBM製“商用量子コンピュータ”の性能は? 実機を見てきた
米IBMの商用量子コンピュータの稼働が、神奈川県川崎市で始まった。実機の写真とともに、性能や設置の狙いなどを見ていく。(2021/7/27)

Tesla、ビットコインで2400万ドル損失も過去最高の増収増益 納車数は20万台超
Teslaの4〜6月期決算は、売上高は前年同期比98%増、純利益は約11倍と好調だった。納車数は約2.2倍の20万1304台。保有するビットコインの価値下落で2400万ドルの損失を計上した。(2021/7/27)

VAIO、前モデル比1.7倍の駆動時間を実現した法人向け13.3型モバイルノート「VAIO Pro PG」新モデル
VAIOは、法人向け13.3型モバイルノート「VAIO Pro PG」の新モデルを発表した。最大22.2時間の駆動時間を実現している。(2021/7/27)

Intel、nmではない新命名法でのロードマップを発表 次は「Intel 7」に
Intelがnm(ナノメートル)命名法をやめ、第12世代Alder Lakeは「Intel 7」になる。ゲルシンガーCEOがプロセッサのロードマップを発表した。Intel 7の4世代先の「Intel 20A」では新たなトランジスタアーキテクチャ「RibbonFET」を採用する。(2021/7/27)

電動化:
メルセデス・ベンツがEVオンリーに舵を切る、2030年までに5兆円以上を投資
ダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで2025年以降に発売する新型車を全てEVとする事業戦略を発表。2022年までに全てのセグメントでEVを投入するとともに、年産200GWh以上の車載バッテリーを生産するための工場ネットワークの構築を進めるなど、2030年までにEV関連で400億ユーロ(約5兆2000億円)以上を投資する。(2021/7/27)

高根英幸 「クルマのミライ」:
EUが2035年に全面禁止検討 エンジンは本当に消滅するのか
7月中旬、EUの欧州委員会は2035年にEU圏内でのエンジン車販売を禁止する方針を打ち出した。マイルドハイブリッドやフルハイブリッドも禁止される見込みだ。つまり、現時点ではバッテリーEVとFCVしか認められないという方向だ。(2021/7/27)

Japan Drone2021:
林野庁のドローン活用事例、森林面積の計測・災害対応・資材運搬を効率化
林野庁では、森林保有者への補助事業で、2020年4月に従来の規定を改訂し、森の位置図と施業図の作成や現地写真の取得、現地の調査でドローンを使えるようにして業務を効率化した。(2021/7/27)

木下ほうか、名車「ベレG」のレストアに挑む クモの巣張っていたボロッボロな旧車、エンジンをかけると……
ぱっと見は動く気配なしですが……!!(2021/7/26)

モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」がau PAYアプリから利用可能に
モバイルバッテリーシェアリングサービス「ChargeSPOT」が、KDDIが提供する「au PAYアプリ」から利用できるようになった。ChargeSPOTアプリの利用やアカウント登録も必要なく、支払いもauかんたん決済で済ませられる。(2021/7/26)

モバイルディスプレイの道:
14型でわずか640g! USB Type-Cのパススルー給電にも対応する「HP E14 G4」を試す
日本HPの14型モバイルディスプレイ「HP E14 G4」は、2基のUSB Type-Cポートを使った電力のパススルー機能を備えたユニークな1台だ。実機を使って細かくチェックした。(2021/7/26)

約40gのケーブル一体型モバイルバッテリー「TAU」が日本上陸 Makuakeで「応援購入」を募集中
ヤベツジャパンが、スイスに拠点を構えるメーカーの小型モバイルバッテリーを取り扱うことになった。約40gという軽量モデルで、USB Type-C端子、USB Micro-B端子やLightning端子を備えるスマートフォンに対応しており、クラウドファンディングサイト「Makuake」で応援購入を募っている。(2021/7/26)

PR:テレワーク/リモートワークの強い味方 「仮想デスクトップ環境」に適したクライアントPCを選定するには?
(2021/7/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新型86とBRZ スポーツカービジネスの最新トレンド
トヨタとスバルは、協業開発したFRスポーツカーとして、2012年からトヨタ86とスバルBRZを販売してきた。この2台のスポーツカーがこの度フルモデルチェンジを果たし、袖ケ浦フォレストレースウェイで、プロトタイプの試乗会が開催されたのだ。そこで86/BRZのインプレッションレポートと併せて、何がどう変わり、それがスポーツカービジネスをどのように変えていくかについて、まとめてみたい。(2021/7/26)

モータースポーツ超入門(8):
1.6リッターターボと4WDで白熱したWRCは、PHEVと合成バイオ燃料で新時代へ
最高速度は時速200kmを超え、ドリフトしながらコーナーを駆け抜ける。コースによってはジャンピングスポットも存在し、レーシングカーが空を舞う姿は圧巻だ。大自然の中も疾走するのがWRCの醍醐味(だいごみ)であるだけに、来シーズンからはプラグインハイブリッドシステムを採用するなど環境技術の導入も推し進めている。自動車の環境調和と持続可能性を追求する、「WRC新時代」がやってくる。(2021/7/26)

視点:
量子コンピューティングがもたらす未来〜ユースケースの実現ステップと業界インパクト〜
自動車、金融、化学業界がアーリーアダプターとなって量子コンピューティング市場をけん引、ユースケースの開発に取り組んでいる。しかし、他業界の経営層はこの新技術をどう捉えているのか。戦略的な意味付けが与えられているのか。(2021/7/26)

PR:テレワーク向けPCは本当に十分な機能を備えているか? 日本HP「Dragonfly G2」の実力を試す
(2021/7/26)

「VAIO Z」のおすすめ構成も紹介:
PR:カスタマイズもできて保証も充実 VAIOを買うなら「VAIOストア」が狙い目!
テレワークやリモート学習が定着した昨今、ノートPCの重要性が高まっている。ビジネスや学習に最適な国産ノートPC「VAIOシリーズ」は、直販の「VAIOストア」で買うとメリットが多い。具体的なポイントをチェックしつつ、2021年の一押しモデルである「VAIO Z」のおすすめ構成を紹介していこう。(2021/7/14)

PR:国内初のクラウドSIM搭載Androidタブレット テレワーク時代の意外なニーズとは?
(2021/7/20)

「うん、匂いが違う」 木下ほうか、名車GT380のマフラー白煙をクンクンしてガチなバイク愛を見せつける
2ストサウンドと白煙と匂いのハッピーセット。(2021/7/23)

Tizen統合のGoogle次期スマートウォッチOSの名称は「Wear OS 3」
Google I/Oで発表されたTizen統合の次期スマートウォッチOSの名称は「Wear OS 3」になった。一部の現行端末からもアップデート可能だが、配信は来年半ばから後半になる見込み。(2021/7/23)

さらに使いやすく進化した2画面ノートPC「ZenBook Duo 14 UX482EG」を試す
ASUS JAPANの2画面ノートPC「ZenBook Duo 14」がスリムになり、サブディスプレイ回りを強化して生まれ変わった。その最上位モデルをチェックした。(2021/7/23)

製造マネジメントニュース:
“中間”領域の小型モビリティを創る、ヤマハ発動機のCO2削減戦略
ヤマハ発動機は2021年7月19日、カーボンニュートラル実現に向けた同社のCO2削減の戦略と具体的な取り組みに関する説明会を開催した。同社は2050年までにスコープ1と2のCO2排出量を86%(2010年比)、スコープ3の排出量を90%削減する目標を掲げている。(2021/7/23)

ビールやジュースを「1本だけ」キンキンに冷やせる「缶専用クーラー」発売 USB式でどこでも使える
ペットボトルにも使えます。(2021/7/22)

モビリティサービス:
スズキダイハツは脱炭素時代も「ゲタを極める」、大型車と軽の商用車連合で
スズキとダイハツ工業、トヨタ自動車は2021年7月21日、オンラインで会見を開き、軽商用車のカーボンニュートラルに向けてコネクテッド技術や電動化技術などを協力して普及させると発表した。(2021/7/22)

月刊乗り鉄話題(2021年7月版) えちごトキめき鉄道「急行列車」(3):
「は!? なんで?」えちごトキめき鉄道の独特なダイヤ 急行は「急いで行かない」の意味だった!?
えちごトキめき鉄道の「急行」には2つの意味があります。え? 「急いで行かない」なの……?(2021/7/22)

子供見守りGPS「soranome」、新規申込で端末代金が5500円割引のキャンペーン
グローバルコネクションは、8月31日まで「夏トクキャンペーン」を開催。子供見守りGPSサービス「soranome」新規申込で、端末代金1万4520円から5500円を割り引く。(2021/7/21)

LGエレ、軽量モバイルノート「LG gram」にWindows 10 Pro採用ビジネス向け14型モデルを追加
LGエレクトロニクス・ジャパンは、同社製モバイルノート「LG gram」のラインアップにWindows 10 Proを搭載したビジネス向け14型モデル「14Z90P-NP56J」を追加した。(2021/7/21)

ASUS、着脱式テンキーを備えたメカニカルゲーミングキーボード テンキーの左側設置も可能
ASUS JAPANは、テンキーの着脱機構を備えたメカニカルゲーミングキーボード「ROG Claymore II」を発表した。(2021/7/21)

シャープ福山セミコンダクター:
米粒より小さい、ウェアラブル機器用近接センサー
シャープ福山セミコンダクターは、ワイヤレスイヤフォンなどウェアラブル機器に向けて、本体サイズが米粒よりはるかに小さい近接センサー「GP2AP130S00F」を開発、量産を始めた。(2021/7/21)

Apple純正の「MagSafeバッテリーパック」を試す
iPhone 12の背中にちょこんとくっついて充電できる純正バッテリーパックを詳細レビューした。(2021/7/20)

エレコム、MagSafe対応モバイルバッテリー&車載ホルダーを発売
エレコムは、MagSafe対応モバイルバッテリーと車載ホルダーを発売。モバイルバッテリーは収納可能なスタンド付きとフィンガーベルト付き、車載ホルダーはエアコンルーバー取り付けタイプとゲル吸盤取り付けタイプをそろえる(2021/7/20)

エイサー、重量440gの小型エントリーモバイルプロジェクター
日本エイサーは、小型軽量設計のモバイルプロジェクター「PV12」を発表した。(2021/7/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。