ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バッテリー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バッテリー」に関する情報が集まったページです。

CES 2021:
お古のGalaxyスマホを「赤ちゃんモニター」などに再利用 サムスンの環境保護プログラム
韓国Samsung Electronicsは、買い替え後不要になったスマートフォンを新たなスマートホーム機器として再利用できるようにするプログラム「Galaxy Upcycling at Home」を発表した。2021年中にGalaxyスマホの機能として導入するとしている。(2021/1/15)

ソフトバンク、1月22日に「Pixel 4a(5G)」新色のClearly Whiteを発売
ソフトバンクは、1月22日からGoogleの5Gスマートフォン「Pixel 4a(5G)」の新色として「Clearly White」を発売する。(2021/1/15)

モバイルディスプレイの道:
税込み1万6980円ながら実力は折り紙付き Pixio Japanの15.6型モバイルディスプレイ「PX160」を試す
Pixio Japanの「PX160」は、15.6型と王道のサイズを備えつつ、税込みで1万6980円と低価格が魅力のモバイルディスプレイだ。その実力はどうなのかをチェックした。(2021/1/15)

Samsungがフラグシップスマホ「Galaxy S21」シリーズを発表 デザインを一新し、Ultraは「Sペン」に対応
Samsung Electronics(サムスン電子)が、Galaxyスマートフォンのフラグシップモデルを一新する。最上位モデルとなる「Ultra」はGalaxy Sシリーズとしては初めて「Sペン」をサポートする。(2021/1/15)

今こそ知りたい電池のあれこれ(1):
なぜリチウムイオン電池は膨らむ? 電解液を劣化させる「過充電」「過放電」とは
電池業界に携わる者の1人として、電池についてあまり世間に知られていないと感じる点や、広く周知したいことを、ささやかながら発信していきたいと思います。まずは連載第1回となる今回から数回にわたり、私たちの生活には欠かせない「リチウムイオン電池」の安全性について解説していきます。(2021/1/15)

モバイルバッテリーを借りられる公衆電話、NTT西が実験 災害時は無料レンタル
NTT西日本が、福岡市内の公衆電話でモバイルバッテリーのシェアリングサービスを使えるようにする実証実験を始める。電話ボックスに受け渡し用のスタンドを設置。災害時には無料でバッテリーを貸し出す。(2021/1/14)

CES 2021:
Lenovoの中小ビジネス向けノートPC「ThinkBook」に新モデル 電子ペーパー付きモデルに新型Ryzen搭載モデルも
CES 2021に合わせて、Lenovoが中小ビジネス向けノートPCの新モデルを発表した。電子ペーパー天板モデルが第2世代に進化した他、Ryzen 5000モバイルプロセッサを搭載するパワーユーザー向けモデルも登場する。(2021/1/14)

電動化:
電動化に全振りのGM、全車種の電動化とともに物流向けEVサービスへ参入
GMの会長兼CEOであるメアリー・バーラ氏は2020年1月12日(現地時間)、オンラインで開催中の「CES 2021」(2021年1月11〜14日)の基調講演に登壇し、現在が「歴史的にも社会的に変曲点にある」ということを訴えた。(2021/1/14)

HTC、5000mAhバッテリーの5G端末「Desire 21 pro 5G」を台湾で発売 約5万円から
HTCが5G対応の新Android端末「Desire 21 pro 5G」を発表した。台湾で1万2990台湾ドルで発売する。プロセッサは「Snapdragon 690 5G」で、5000mAhのバッテリーを搭載する。(2021/1/14)

ホシデン CFU1030:
消費電流25μAの車用タッチセンサーモジュール
ホシデンは、消費電流最大25μAの車用ドアハンドルタッチセンサーモジュール「CFU1030」を発表した。ドアハンドルに触れることで、ドアの開錠信号を出力できる。(2021/1/14)

CES 2021:
ASUSがクリエイター向け2画面PCやモバイル液晶ディスプレイなどを相次いで投入
ASUSが1月13日(現地時間)、オンラインイベント「BE AHEAD」を開催し、2画面PCの「ZenBook Pro Duo/Duo」シリーズの新モデルや、独自コントローラーを備えたモバイル液晶ディスプレイといったクリエイター向け製品などの投入を明らかにした。日本国内での発売時期や価格は現時点で不明だ。(2021/1/14)

秋田駅「男鹿しょっつる塩焼きそば」(780円)〜新型バッテリー電車と国鉄形気動車が共演する男鹿線!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは秋田駅「男鹿しょっつる塩焼きそば」(780円)です。(2021/1/14)

CES 2021:
Acerが新型ノートPCを発表 第11世代Core H35、Ryzen 5000やGeForce RTX 30を搭載
Acerが、IntelやAMDの新型CPUやNVIDIAの新型GPUを搭載するノートPCを発表した。日本における展開は未定だが、幾つかのモデルは登場する可能性もありそうだ。(2021/1/13)

USB PD最大の100W入出力、4台同時充電 容量2万6800mAhのモバイルバッテリー「SuperTank Pro」
ゼンデュア・ジャパンは、1月13日にモバイルバッテリー「SuperTank Pro」を発売。USB PD最大の100W入出力が可能なポートを2ポートを搭載し、4つのType-Cポートで4台同時充電が可能だ。オンラインストアの価格は2万6800円(税込み)。(2021/1/13)

CES 2021:
レノボ、14型4K液晶を搭載したスリムノート「Yoga Slim」最上位モデルを発表
レノボ・ジャパンは、4K表示対応14型液晶ディスプレイを搭載したスリムノートPC「Yoga Slim 950i」を発表した。(2021/1/13)

ゲーミングデバイスメーカーが“マスク”を発表 バッテリー駆動の換気バルブで7色に光りながら飛沫を除菌
ただし「新型コロナ対策としては認められないのでは」といった声も。(2021/1/13)

トレックス・セミコンダクター 代表取締役社長 芝宮孝司氏:
PR:“アナログの泥臭さ”が生きる低電圧出力が勝負どころに、設計力を底上げしタイムリーな製品投入を狙う
小型・低消費電力の電源ICに強みを持つトレックス・セミコンダクター。新しい中期経営計画の初年度となる2021年度は、主力製品のラインアップ拡充を図る他、資本提携したインドのアナログICメーカーとの協業による設計力の底上げと、半導体受託製造を手掛ける子会社フェニテックセミコンダクターの工場移管による高収益体制の確立を目指す。同社社長の芝宮孝司氏に、事業戦略を聞いた。(2021/1/13)

TCLが300ドル以下の5Gスマートフォン「TCL 20 5G」、新タブレット「TCL NXTPAPER」発表
TCLが1月11日(米国時間)、CES 2021に合わせてスマートフォンやタブレットの新製品を発表した。TCL 5Gは300ドル以下という安さを特徴としており、6.67型のフルHD+液晶や3眼カメラを備える。TCLが独自開発した液晶を備えるAndroidタブレットの新製品「TCL NXTPAPER」も発表した。(2021/1/12)

CES 2021:
スマホから書き込める電子メモパッド、シフトールが発売 子どもやシニア層への連絡に
パナソニックグループのシフトールが家族との連絡を想定した電子メモパッド「Croqy」(クロッキー)を「CES 2021」で発表した。離れて暮らす祖父母や仕事中の父親に子どもの手書きメッセージを送れる。(2021/1/12)

解約金なしのWi-Fiサービス「ぷらすWiFi」登場 100GBで月額3000円台など
プレシャスログは、クラウドSIMを採用したWi-Fiサービス「ぷらすWiFi」の先行申込受付を開始。最低契約期間や解約金がなく使う分だけデータ容量をチャージし、最短で即日発送する。(2021/1/12)

これバイク? 自転車? デザインおしゃれなお手軽電動バイク「COSWHEEL SMART EV」登場、22万円台・航続距離約50キロ
原付スクーター新車くらいのお値段なのがよさそう〜。(2021/1/12)

CES 2021:
「ThinkPad X1」シリーズの2021年モデル登場 目玉はThinkPad史上最薄の2in1「Titanium Yoga」
ThinkPadのフラグシップ「ThinkPad X1」シリーズに新モデルが登場する。目玉は、IBM時代を含めThinkPad史上最薄をうたう2in1モデル「ThinkPad X1 Titanium Yoga」だ。(2021/1/12)

CES 2021:
第11世代Coreプロセッサ搭載「Surface Pro 7+」――LTE対応モデルも
1月11日にMicrosoftが新しい「Surface Pro 7+」を発表した。時期は未定ながら日本でも発売する予定だ。(2021/1/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
圧倒的に正しいEV登場
トヨタ自動車は2020年12月25日に、超小型モビリティEV車、「C+pod」(シーポッド)を、法人と自治体を対象に限定して発売した。価格は2グレード構成で165万円と171万6000円(それぞれ税込み)。(2021/1/11)

コンパクト頂上決戦「iPhone 12 mini」と「Xperia 5 II」を徹底比較する
片手で使いやすい5G対応のコンパクトハイエンドスマホ「iPhone 12 mini」と、大画面での使いやすさを両立した「Xperia 5 II」を比較してみた。(2021/1/11)

自動車業界の1週間を振り返る:
これから自動車開発に携わる人は、電力から燃料、蓄電池まで守備範囲が広がる!?
みなさん、おはようございます。土曜日です。仕事初めの1週間、お疲れさまでした。寒い中、人混みが気になりながら出社された方、在宅勤務で仕事をスタートした方。どちらが多かったのでしょうか。(2021/1/9)

9万円台からのコンパクト電アシ自転車「エナシスコンパクト」、あさひが発売
USBポートも装備。(2021/1/8)

CES 2021:
Lenovoがコンシューマー向けPC/タブレットの新製品を発表 バッテリー駆動20時間以上の5G通信対応モデルも登場
Lenovoが、コンシューマー市場向けの新製品を発表した。Qualcomm製のプロセッサを搭載する5G対応ノートPCなど、豊富なラインアップを用意している。(2021/1/8)

山根康宏の中国携帯最新事情:
HuaweiとXiaomiの動きに注目 2021年に中国メーカーの勢力図はどう変わるのか?
2020年は、米国と中国の貿易戦争に通信業界が巻き込まれた1年だった。中国メーカーのパワーバランスもこの歴史的な大きな2つの出来事により大きく変わろうとしている。中国大手4社の2020年の動きを振り返りながら、2021年の展望を予想してみた。(2021/1/8)

富士キメラ総研が市場調査:
自動車部品30品目、2030年は約41兆円規模へ
富士キメラ総研は、自動車部品30品目の世界市場を調査し、2030年までの市場予測を発表した。市場規模は2020年見込みの27兆6820億円に対し、2030年は40兆9828億円と予測した。(2021/1/12)

Acer、初のRyzen Mobile搭載Chromebook「Spin 514」を3月発売へ 480ドルから
Acerが、AMDの新プロセッサ「Ryzen 3000 C-Series Mobile Processor」搭載のChromebook「Spin 514」を発表した。米国では2月に発売の予定価格は479.99ドル(約5万円)から。(2021/1/8)

製品動向:
スキーデータ、VIPラウンジなどへの入退場管理デバイス「Door.Gate」を提供開始
スキーデータは、VIPラウンジや小規模なスペースの入場管理などに運用可能なデバイスとして「Door.Gate」「Door.Gate ’Pedestal’」を12月16日より提供開始した。ペーパーレスでユーザーの利便性と効率を高め円滑な入場をサポートする。(2021/1/8)

CES 2021:
NECPCがTiger Lake搭載の「LAVIE Pro Mobile」を米国に投入 超小型のコンセプトモデル「LAVIE MINI」も披露
NECパーソナルコンピュータが、モバイルノートPCの新モデルを米国に投入する。合わせて、超小型PC(UMPC)のコンセプトモデルも披露した。(2021/1/7)

かっちょええ! 世紀末感すごい3輪のEVトライク「ブレイズEVトライク 20th ANNIVERSARY EDITION」 10台限定で予約開始
北斗の拳に出てきそう。(2021/1/7)

STマイクロ TSV792:
電流検出など向けの5Vデュアルオペアンプ
STマイクロエレクトロニクスは、電流検出などに適した産業機器向けの5Vデュアルオペアンプ「TSV792」を発表した。50MHzのゲイン帯域幅を有しており、高い精度で高周波信号を増幅できる。(2021/1/7)

外でも快適プレイ:
240Hz対応のモバイルディスプレイはPCゲームでどれだけ役立つのか
ASUS JAPANの「ROG Strix XG17AHPE」は、240Hzの高リフレッシュレートをサポートしたモバイルディスプレイだ。場所を選ばずに快適にゲームをプレイできるのか、実際に確かめた。(2021/1/7)

Xiaomi、スマートバンドやワイヤレスイヤフォンなど4製品を発売
Xiaomiは、1月8日からスマートデバイス4製品を順次発売。「Mi スマートバンド 5」「Mi 完全ワイヤレスイヤホン 2 Basic」「Mi 空気清浄機 3H」「Mi 完全ワイヤレス小型イヤホン Basic 2」をそろえる。(2021/1/6)

Bose、耳の穴を塞がないスポーツ向けイヤフォン「Sport Open Earbuds」を200ドルで発売
Boseは外部の音も聞こえ、耳を圧迫しないデザインのスポーツ向けイヤフォン「Sport Open Earbuds」を発表した。米国で199.95ドルで発売する。(2021/1/6)

産業用ロボット:
ロボットポジショナと組み合わせた単軸ロボット、産業用イーサネットを装備
ヤマハ発動機は、単軸ロボットアクチュエーター「Robonity」シリーズに、ロボットポジショナ「EP-01」をセットにした単軸ロボット「Basicモデル:ABAS」「Advancedモデル:AGXS」を追加した。(2021/1/6)

CES 2021:
Dellがビジネス向けの新型PCと新型ディスプレイを発表 米国では1月12日から順次発売
CES 2021の開幕に先立って、Dellがビジネス向けPCと周辺機器の新製品を発表した。一番早い製品は、1月12日から販売を開始する。(2021/1/5)

ボクニマカセテ! フォルクスワーゲンが開発した自動EV充電ロボットがかわいい プロトタイプのデモ映像を公開
電気自動車を充電して回る様子は近未来的かも。(2021/1/5)

和田憲一郎の電動化新時代!(40):
これからEV開発責任者となる人へ、5つの提言
風雲急を告げる、というのであろうか。毎日のようにEV(電気自動車)に関する規制やニュースが流れている。このように各国で一気に電動車への転換が叫ばれており、それに伴い、エンジン車やEVの担当から、EVの開発責任者になる人も多いのではないかと思われる。しかし、EV開発は従来とかなり異なった面を持っている。どのようなことを考えておけば良いのか、筆者の経験から5つの提言としてまとめてみた。先達の意見として参考に願いたい。(2021/1/5)

Windowsフロントライン:
2021年のWindows 10を改めて見渡す
2020年は控えめなアップデートが続いたWindows 10だが、2021年は大きなトピックが控えている。まずは直近のバージョン別シェアから2021年のWindows 10を見ていこう。(2021/1/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2021年のパソコンはどう進化する? 注目はやはりApple、Intel、Microsoftのプラットフォーム変革
2020年は、AppleがMac向けの独自プロセッサで圧倒的な「電力あたりのパフォーマンス」を見せつけ、Intelが新しいプラットフォームでWindowsノートPCのさらなる進化を促した。2021年もプラットフォームをまたいだ競争に注目が集まりそうだ。(2021/1/3)

モバイルdeワークスタイル変革:
いろいろあった2020年 モバイル/PCを駆使するライターの働き方はどう変わったか?
働き方改革に加えて新型コロナウイルスの影響でテレワークシフトが進んだ2020年。元々テレワークとの親和性の高いフリーライターである筆者にも、働き方に変化が生まれた。その一端を紹介したい。(2020/12/31)

キーワードは“オープンと魔改造”:
2020年にグッと来て使い倒した「お勧めアイテム」
PC USER編集部が振り返る、2020年に買って試して日々使い続けているアイテムをご紹介。ちょっと癖があるけれど、一度はまるともうやめられない、そんなアイテムはいかが?(2020/12/31)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「パソコン飛躍の年」2020年を2つのテクノロジーと振り返る
「パソコン」という視点でみたとき、世の中が変化する節目は、これまでにも幾度となく存在してきたが、2020年も後になって思い出される年になるだろう。そんな2020年を飛躍の年にしたAppleとIntelの動向を中心に振り返っていく。(2020/12/30)

Xiaomi、Snapdragon 888搭載「Mi 11」を1月に中国で発売 4000元から
Xiaomiが来年1月に中国で発売する新フラグシップ「Mi 11」を発表した。5G対応の「Snapdragon 888」を搭載する初端末になる。ディスプレイは3200×1440ピクセルのAMOLEDでリフレッシュレートは120Hz。価格は3999元(約6万3500円)からだ。(2020/12/29)

完成車メーカーとして確立したテスラ:
テスラに続くのは、果たしてどのEVベンチャーか?
クルマの電動化が加速している。既存メーカーのハイブリッドやEVへの転向はもちろん、テスラを始めとするEVベンチャーも多数立ち上がっている。ここでは、イーロン・マスクが採ったテスラの成長戦略を思い起こしつつ、数あるEVベンチャーの現状と今後の可能性を見ていく。(2020/12/29)

USB Type-CポートでApple Watchを充電できる小型磁気充電ドック
エリーゼジャパンは、USB Type-Cポートに接続してApple Watchを充電できる小型の「Maco Go Apple Watch磁気充電ドック」と変換アダプタを発売。2021年1月31日までAmazonポイントを10%付与するキャンペーンも行う。(2020/12/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。