ニュース
» 2010年08月23日 14時28分 UPDATE

ソニー、3ウェイ・スピーカーシステム“ESシリーズ”の新製品

ソニーは、広指向特性を実現した3ウェイ・スピーカーシステム“ESシリーズ”「SS-NA2ES」を12月8日に発売する。

[ITmedia]
photo 「SS-NA2ES」

 ソニーは8月23日、3ウェイ・スピーカーシステムの上位モデル“ESシリーズ”の新製品、「SS-NA2ES」を12月8日に発売すると発表した。希望小売価格は19万9500円(税込み)だ。

 エンクロージャーの素材と構造にこだわり、北欧産のバーチ(樺)材を採用。板厚36ミリのバッフル板により強固な剛性を実現した。製造においては木工職人の手による高精度な加工技術で組み上げた。

 3ウェイ6ユニットの構成とし、中・高域を担うミッドレンジ、トゥイーター部に独立したエンクロージャーを設定。さらにウーファー部との間を2枚の板で完全に分離したことで、中・高域ユニットへのストレスを低減しているという。

 スピーカーユニットは、アルミ振動板を強力な磁気回路で駆動する新規開発の165ミリウーファー、ミッドレンジには新開発の130ミリ径ペーパー・コーンを採用。25ミリのメイントゥイーターはソフトドームとし、4万5000Hzの高域再生能力を有する。

photo “I-ARRAY System”

 広指向特性を実現するために、新開発の“I-ARRAY System”を採用する。ユニットの口径は、小さいほど指向性は広がる一方で音圧が不足するが、メイントゥイーターと2個のアシストトゥイーターの3ユニットを縦配列することで、広い指向特性と十分な音圧の確保した。

 外形サイズは255(幅)×990(高さ)×415(奥行き)ミリ、質量は約32キログラム。

関連キーワード

ソニー | スピーカー | ウーファー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう