ニュース
» 2010年09月29日 13時49分 UPDATE

ヤマハ、AVアンプ新製品「RX-V3067」のプレミア試聴会を開催

ヤマハエレクトロニクスマーケティングは、AVアンプ新製品「RX-V3067」の発売を記念して「RX-V3067プレミア試聴会」を10月16日に開催する。定員は各回30名。先着順に参加申し込みを受け付ける。参加費は無料。

[ITmedia]
photo 「RX-V3067」

 ヤマハエレクトロニクスマーケティングは、AVアンプ新製品「RX-V3067」の発売を記念して「RX-V3067プレミア試聴会」を開催する。

 RX-V3067は、同社のフラッグシップAVアンプ「DSP-Z11」の設計思想を受け継いだミドルクラスAVアンプ。3Dパススルー対応や最大11.2チャンネルのシネマDSP3(キュービック)のサポート、Windows 7&DLNA1.5対応のネットワークレシーバー機能といった新しい機能を盛り込んだ(→ヤマハ、フラグシップの設計思想を受け継ぐ中級AVアンプ3機種を発表)。

 試聴会では、同社の高級スピーカー「Soavo-1(BP)」をメインとした11.2チャンネルシステムを用意。ナビゲーターとしてAV評論家の小原由夫氏と堀切日出晴氏を迎え、HDオーディオ最新フォーマットやシネマDSPの臨場感を紹介する。

 試聴会は10月16日(土)の11時〜12時30分、14時〜15時30分の2回を予定。場所はヤマハの東京事業所1階プレゼンテーションルーム(東京都港区高輪2-17-11、日本生命高輪ビル)。参加申し込みは、同社の告知ページで受け付けている。定員は各回30名。

関連キーワード

AVアンプ | ヤマハ | Windows 7 | 3D | DLNA


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう