ニュース
» 2011年01月12日 13時55分 UPDATE

リコー、WXGA対応のモバイルプロジェクター

リコーは、解像度WXGAに対応するモバイルプロジェクターの新製品「IPSiO(イプシオ)PJ WX3230N/WX3130」を発表した。

[ITmedia]

 リコーは1月12日、モバイルプロジェクターの新製品「IPSiO(イプシオ)PJ WX3230N/WX3130」、2シリーズ4モデルを1月17日より発売すると発表した。HDMI端子を搭載し、ネットワークに対応する上位機WX3230Nの実売想定価格は15万5800円、スタンダード機のWX3130は13万9800円。

photophoto 「IPSiO PJ WX3230N」(左)、「IPSiO PJ WX3130」

 両シリーズとも解像度WXGAに対応するため、ワイド画面が主流となったノートパソコンの画面を圧縮することなく投写できる。また重量はWX3230Nが1.9キログラム、WX3130は1.9キログラムといずれも2キログラムを切る軽量化が施され、携帯性も向上している。

 WX3230Nシリーズには、光源をRGBの3原色に分解し、プリズムで再合成する3LCD方式を採用。さらに色補正技術「ナチュラルカラーエンハンサ」を搭載して色再現性を高めた。パソコンを介さず、USBメモリーに保存したJPEG画像や動画(MPEG1、MPEG2)のダイレクト投写が可能なほか、ネットワーク上で最大4台までのパソコンで共有できるマルチスクリーン機能も搭載する。

 出力光束は2500ルーメン、コントラスト比は320対1、1ワットのモノラルスピーカ×1を内蔵する。両シリーズとも、1年間の無償保証に2年間の保守を加えた「安心3年モデル」もラインアップする。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.