ニュース
» 2011年03月28日 15時53分 UPDATE

どこでも発電:オーエス、復興支援のためにモバイルソーラーユニットを緊急出荷

オーエスは、昨年11月に発表した移動用小型太陽光発電機“モバイルソーラーユニット”「GSR-110B」を当初計画より早めて出荷した。兵庫県の被災地支援策などを通じて13台を緊急出荷。

[ITmedia]

 オーエスは、東北地方太平洋沖地震の復興支援のため、昨年11月に発表した移動用小型太陽光発電機“モバイルソーラーユニット”「GSR-110B」を当初計画より早めて出荷した。

ts_os02.jpg “モバイルソーラーユニット”「GSR-110B」

 兵庫県の被災地支援策などを通じて13台を緊急出荷。被災地ですぐに利用できるよう、携帯電話充電ケーブルやUSBハブ、LEDランタンを付属して提供したという。

 GSR-110Bは、重さ3キログラムのポータブル太陽光発電機。ソーラーシートを引き出すだけで発電が可能になり、USB端子を介して携帯電話やラジオ、LEDランタンなどを充電できる。バッテリー内蔵のため、太陽が出ていない夜間や雨の日でも充電が可能だ。ソーラーシートの製造は富士電機が担当する。市販価格は未定。

ts_os01.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.