ニュース
» 2011年04月04日 19時02分 UPDATE

オーエス、可搬型ソーラー発電機を特別価格でWeb限定販売

オーエスは4月4日、可搬型太陽光発電システム“モバイルソーラーユニット”「GSR-110B」をWeb限定で販売すると発表した。

[ITmedia]

 オーエスは4月4日、可搬型太陽光発電システム“モバイルソーラーユニット”「GSR-110B」をWeb限定で販売すると発表した。価格は「GSR-110B」単品が3万1290円。LEDランタンやUSBハブをセットにした緊急災害キット付きの「GSR-110B-S1」が3万3390円。どちらも4月20日に出荷を開始する予定だ。

ts_os01.jpgts_os02.jpg “モバイルソーラーユニット”「GSR-110B」(左)。石巻市の災害対策本部で活用されるGSR-110B(右)

 オーエスは、石巻市の災害対策本部にモバイルソーラーユニットを寄贈しているが、災害現場などで早急に活用してもらうため、急きょ生産体制を整えるとともに、効率化を図ってコストダウンを実現したという。販売チャンネルはダイワボウ「韋駄天」(法人向け)および「NTT-Xストア」(個人向け)で、順次拡大する予定だ。

 モバイルソーラーユニットは、重さ3キログラムのポータブル太陽光発電機。ソーラーシートを引き出すだけで発電が可能になり、USB端子を介して携帯電話やラジオ、LEDランタンなどを充電できる。低電圧のため、電気技師の資格を持たない人でも扱えるほか、2台接続して出力アップと充電時間の短縮も可能になっている。

 そのほかの主な仕様は下表の通り。

製品名 どこでも発電 モバイルソーラーユニット
型番 GSR-110B
外形寸法 510(幅)×130(奥行き)×114(高さ)ミリ(太陽電池収納時)、510(幅)×1200(奥行き)×114(高さ)ミリ(太陽電池展開時)
重量 3キログラム
太陽電池 富士電機製フレキシブル型アモルファス太陽電池シート
内蔵バッテリー ニッケル水素充電池
電源出力 DC12ボルト
付属品 シガー接続DC5ボルト出力USBアダプター、連結用接続ケーブル

関連キーワード

オーエス | 太陽電池 | USB | 支援


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.