連載
» 2011年06月10日 00時01分 UPDATE

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:4K×2Kがやってくる (1/2)

8K×4Kのスーパーハイビジョンが登場するのはまだ先の話で、4K×2K対応の映像機器が橋渡しをすると見る向きも多い。今回は4K×2Kをめぐる最新動向やハイパーソニック・エフェクト、最新の超解像技術についてAV評論家・麻倉怜士氏に聞いた。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 前回は、シャープとNHK技術研究所が開発したスーパーハイビジョン(8K×4K)対応液晶ディスプレイが見せた不思議な立体感について、AV評論家・麻倉怜士氏に解説してもらった。しかし、8K×4Kのスーパーハイビジョンが登場するのはまだ先の話で、4K×2K対応の映像機器が橋渡しをすると見る向きも多い。今回は麻倉氏に4K×2Kディスプレイの最新動向を聞いた。

――今日は4K×2Kの最新動向について教えてください

麻倉氏: 4K×2Kに関しては、最近、2つの面白い意見を聞きました。1つは米DisplaySearchの創業者、松野智吏社長です。先日、ある企画で対談を行ったのですが、独自の“透明ディスプレイ論”を展開してくれました。

 1990年代の半ば、松野さんが米Conpaq Computer(現在はHPに統合)で液晶パネルの調達を担当してたとき、ある講演会場で「究極のディスプレイを見せる」と言って真っ白なスクリーンを見せたそうです。つまり、透明ディスプレイというのは、ハードウェアの存在を感じさせず、景色や人物があたかもその場所に現れるような、コンテンツに没頭できるディスプレイのことです。聞いていた人たちは驚いたでしょうね。

ts_canon01.jpg 昨年11月の「Canon Expo Tokyo 2010」で展示された30インチの4K×2Kディスプレイ

 では、透明ディスプレイを実現するにはどうすればいいかといえば、限りなく精細度を上げることに尽きるとおっしゃっていました。松野さんは、2010年の秋にキヤノンの技術展「Canon Expo Tokyo 2010」で30インチクラスの4K×2K液晶ディスプレイを見たそうです。それは民生機というより医療用などB2Bの用途を想定して開発されたものですが、その画質を見て驚いた。4倍の解像度でみると、従来のフルハイビジョンとは比べものにならないくらい生々しい質感と臨場感があり、「画面の向こう側にものがあって、手を伸ばして触りたくなるような映像だった」。現状でもっとも“透明ディスプレイ”に近いとおっしゃっていました。

 現在のフルハイビジョンは決して完成形ではありません。もっと映像技術を磨き、高精細化していくことで、ディスプレイの物理的な存在を消し去るような映像機器を作るべき。松野さんの意見には、とても共感しました。

 映像産業には、成長するサイクルがあります。新しいフォーマットが登場して、さらなる高みを目指す。そのときクリエイターたちの創作意欲が刺激されて、よりよいコンテンツができる。ひいては、それがユーザーに新しい感動を与えるのです。これまでの歴史を振り返ると、映像フォーマットというのは10年ほどで一区切りになります。ハイビジョンに関しては、今後成熟していく中で新しいコンテンツも出てくるでしょう。しかし、より高精細なプラットフォームがあることで、コンテンツ制作が活性化するはず。そうした意見で松野さんと一致しました。

 人を感動させたり、気持ちよくさせたりする映像とは何でしょう。それは画質にも大きく関係しています。解像度やコントラスト感はもちろん、階調性もないと粗い感じになってしまいます。人にストレスを感じさせず、心地よくなるような映像技術の発展が重要だと思います。

人を幸せにするハイパーソニック

麻倉氏: 音も重要です。以前、「AKIRA」の音楽を作曲したことで有名な芸能山城組の組頭・山城祥二氏にお会いしたことがあります。山城さんは、脳科学者・大橋力としても活躍されていて、「ハイパーソニック・エフェクト」に関する実験も行っています。

 AKIRAの音楽には、民族楽器の音や熱帯雨林の環境音などが積極的に取り入れられていますよね。AKIRAのBlu-ray Discには、人間の可聴域である20kHzをはるかに超える超高周波成分が含まれているのですが、それを含まないDVD版の音と聞き比べると、視聴者の脳内でα波の出方がまるで違うそうです。本来、聞こえないはずの音が、人間の脳に大きく影響するということです。

ts_akira01.jpgts_akira02.jpg 「AKIRA」(c)1988 マッシュルーム/アキラ製作委員会

 可聴域は耳で聞く、それ以上の音は体で聞く。それが頭の中でドッキングして、可聴域の音にも良い影響を与えるということらしいです。また音が異なると、同じBD版の映像を見ていても映像まできれいに感じたという被験者が多かったそうです。なかなか面白い結果ですね。

 同じようなことは、映像だけでも起こります。例えば、同じ森林の映像を見せても、SD解像度とHD解像度では違うそうです。中でも一番α波が出た(脳が活性化した)のは、4K×2K解像度と大橋先生はおっしゃっていました。高精細な映像は人を幸せにするものだと思います。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.