ニュース
» 2011年06月28日 18時56分 UPDATE

録画テレビは半数超え:アナログ停波で駆け込み需要が起こる、GfK Japan予測

GfK Japanによると、アナログ停波を間近に控えた6月第4週は、薄型テレビの販売数量が前年比2.51倍と急拡大したという。

[ITmedia]

 ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は6月28日、家電量販店の店頭における薄型テレビの販売動向を発表した。これによると、アナログ停波を間近に控えた6月第4週は販売数量が前年比2.51倍と急拡大。「アナログ放送停波に伴いテレビの視聴環境整備が必須となることから、停波直前には駆け込み需要が起こる」と予想している。

ts_gfk01.jpg 出典はGfK Japan

 薄型テレビ市場は、4月以降に週を追うごとに需要が拡大。なかでも中小型モデルが市場を牽引しており、6月第1〜4週における26V型以下の数量構成比は全体の36%、32V型以下も同42.9%と、両者で市場の78.8%を占めたという。GfK Japanでは、「アナログ停波まで1カ月を切り、なるべく支出を抑えて地デジ対応テレビを購入したい消費者や、2台目、3台目のテレビ買い替え需要が増加した結果」と分析している。

 一方、外付けHDD対応機を中心とする録画テレビも増加傾向にあり、6月第1〜第4週の数量構成比では全体の52.8%と半数を超えた。またBlu-ray Discレコーダーも6月第4週に前年比2.98倍に達したという。

ts_gfk02.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.