ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「量販店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Nothing Phone (1)」、8月19日に国内販売 6万3800円から
英Nothing Technologyは、同社初のスマートフォン「Nothing Phone (1)」を8月19日に日本で発売する。量販店やECサイト、一部MVNOなどでも取り扱う。価格は6万3800円から。(2022/8/8)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
激安価格で生き残りを図る、Wikoの最新スマホがヨーロッパで売っていた
10年くらい前まではヨーロッパの格安系スマホの代表としてAlcatel(アルカテル)と人気を二分していたWikoですが、今では中国メーカーの猛攻に合い新製品はほとんど出していません。2022年5月のドイツ取材時に家電量販店を訪れたところ、Wikoの最新モデルを見ることができました。(2022/7/15)

スマートウォッチ「Xiaomi Smart Band 7」、6990円で7月15日発売
Xiaomiはスマートウォッチ「Xiaomi Smart Band 7」を7月15日に発売する。価格は6990円(税込み、以下同)で、Amazonや楽天市場、家電量販店などが販売する。早割キャンペーンとして、7月8日から14日までに予約すると、6490円で購入できる。(2022/7/8)

知らないと損?業界最前線:
「家電量販市場」、猛暑のエアコン商戦でも回復が厳しいワケ
家電量販各社の2022年3月期決算が、軒並み前年比でマイナスだ。さらに今年は、上海のロックダウンや半導体不足などの影響が国内家電市場にも及び、夏商戦には不安がつきまとう。一方、ほぼ全国が例年よりも早く梅雨明けしており、早々にエアコン商戦がスタート。巻き返しを図ることはできるのか。(2022/7/6)

GIGABYTE、第12世代Core搭載ゲーミングノート「AORUS 15/17」に家電量販店向けモデル
台湾GIGABYTE Technologyは、同社製15.6型/17.3型ゲーミングノートPC「AORUS 15」「同 17」に家電量販店向けモデル2製品を追加した。(2022/6/24)

「OPPO Reno7 A」が6月23日発売 FeliCaやメモリ拡張対応で4万4800円
オウガ・ジャパンが6月16日、SIMロックフリースマートフォンの新製品「OPPO Reno7 A」を発表した。6月23日に発売する。au、Y!mobile、楽天モバイルの3キャリア、MVNO、家電量販店などが、同日以降に順次販売する。(2022/6/16)

フラグシップ「motorola edge 30 PRO」とおサイフ+防水対応の「moto g52j 5G」の実機を写真でチェック
モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Androidスマートフォン「motorola edge 30 PRO」と「moto g52j 5G」を6月3日に発売する。SIMロックフリースマホとして、Amazon.co.jpや家電量販店、MVNOなどで販売される。(2022/5/30)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
家電量販店の近くに別の量販店がオープン おトクな商品を見つけてゲットするには?
地元密着の家電量販店の隣に、いきなり別系列の家電量販店がオープンすることがある。同じ商圏にあるライバル店舗の成功は自店舗の死につながるため両社の火花関係はバチバチで、巻き込まれるメーカーの営業マンはたまったものではない。彼らはどのように中立関係を保ちつつ商材を提供していくのだろうか。(2022/5/19)

鉄道をモチーフ:
“電鉄系”ランドセルってなに? 百貨店で商戦ピーク
令和5年度に小学校に入学する子供向けのランドセル商戦が、大型連休に各百貨店でピークを迎えている。商品の豊富なラインアップや量販店とのサービスの違いを強調。今年は鉄道をモチーフにした電鉄系ランドセルの投入も目立つ。(2022/5/2)

GIGABYTE、GeForce RTX 3070 Tiを搭載したクリエイター向けノート「AERO 5 XE4」を発売
GIGABYTE Technologyは、クリエイター向け15.6型ノートPC「AERO 5 XE4-73JP614SH」を家電量販店向けに4月28日より発売した(2022/4/28)

4月22日開業:
東京・調布のクリーンセンター跡地に複合施設「ブランチ調布」開業 レストランや家電量販店が出店
大和リース(大阪市)と調布市が、4月22日、公民連携事業として東京都調布市に公共・商業の複合施設「ブランチ調布」を開業する。(2022/4/19)

本体にも付属へ:
「Fire TVシリーズ」の第3世代リモコンに「ABEMAボタン付き」登場 2980円
Amazonの映像デバイス「Fire TVシリーズ」に対応する音声認識リモコンに、Amazon Musicボタンの代わりに「ABEMA(アベマ)ボタン」が搭載されたものが登場する。ボタンを押すと「ABEMA」アプリが一発起動するもので、Amazon.co.jpや家電量販店ではこのリモコンが付属するFire TVシリーズも順次発売される。(2022/4/15)

「Windows 11 Home」をおトクに「Windows 11 Pro」へアップグレードする方法
家電量販店で販売されているWindows PCのほとんどは「Windows 11 Home」をプリインストールしている。BYODなどで「Windows 11 Proじゃなきゃダメなんですけど……」と言われた場合などに備えて、「Windows 11 Pro」にアップグレードする方法を簡単に紹介しよう。(2022/4/15)

アンカー、シーリングプロジェクター「Nebula Nova」を発売 9万9990円
アンカー・ジャパンは4月13日、スマートプロジェクターブランド「Nebula」より、Android TV 9.0搭載のシーリングプロジェクター「Nebula Nova(ネビュラ ノヴァ)」を発売した。販路はAnker Japan公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店など。価格は9万9990円(税込み)。(2022/4/14)

iPhone 13を約90回充電可能 アンカーが38万4000mAhバッテリー内蔵のポータブル電源を発売
アンカー・ジャパンは4月13日、「Anker 757 Portable Power Station(PowerHouse 1229Wh)」を発表した。Anker Japan公式サイト、Amazon.co.jp、楽天市場、一部家電量販店などで予約を受け付けている。5月下旬に予約注文分を発送し、5月24日から一般販売を行う。(2022/4/14)

「ポケトーク字幕」が月額2200円のサブスクに バーチャル背景機能も追加
ソースネクスト傘下のポケトークは4月13日、AI翻訳・字幕ソフト「ポケトーク字幕」(Windows/macOS)を月額2200円(初回7日間は無料)で提供すると発表した。パッケージ版(1年版、2万6400円)は5月13日に発売。全国の家電量販店が取り扱う。(2022/4/13)

Amazonが「Ring」ブランドのスマートドアベルとスマートカメラを日本に投入 4月20日発売
Amazon傘下の「Ring(リング)」が、日本でもAmazonの日本法人(アマゾンジャパン)を介してスマートドアベルとスマートカメラを販売することになった。Amazon.co.jpの他、ヤマダデンキを始めとする家電量販店でも取り扱われる予定だ。(2022/4/13)

Galaxy純正ワイヤレス充電器3種が発売 車載向けも
サムスン電子ジャパンはGalaxy純正の充電器を国内で発表。純正のワイヤレスチャージャー「Super Fast Wireless Charger」「Super Fast Wireless Charger Duo」を4月21日より、「Wireless Car Charger」「Car Charger Duo」を5月6日より、東京・原宿にある体験施設「Galaxy Harajuku」や全国の家電量販店、主要ECサイトなどにて順次販売する。Amazon.co.jpでは価格が案内されている。(2022/4/7)

電気自動車:
ホンダとGMがEVの共同開発を拡大、3万ドル以下の量販価格帯でグローバル展開
ホンダとGeneral Motors(GM)は2022年4月5日、新たなEV(電気自動車)シリーズを共同開発する計画を発表した。(2022/4/6)

房野麻子の「モバイルチェック」:
10万円もする「iPhone13 mini」がなぜ1円? そのカラクリを解明する
新生活が始まる春は、スマホが年間で最も売れる季節といわれる。最近は量販店で「iPhone 13 mini」や「iPhone 12 mini」が「実質23円」や「一括1円」と表示されていて話題になった。なぜ10万円もするiPhone13 miniの販売価格が1円となるのか?(2022/3/25)

「スマホの単体購入を断られた」――量販店でトラブル多発か 消費者からの通報を総務省が公開
総務省が、通信キャリアと販売代理店の不適切行為の状況について報告した。事務局によると、「端末の単体購入や単体購入時の割引を拒否された」など、携帯電話端末の単体販売に関する通報が半年で394件に上った。(2022/3/14)

GIGABYTE、クリエイター向け16型ノート「AERO 16」に家電量販店向けモデルを追加
GIGABYTEは、第12世代Coreプロセッサを採用するクリエイター向け16型ノートPC「AERO 16」シリーズのラインアップに家電量販店向けモデルを追加した。(2022/3/11)

iPhone 12(64GB)が“毎月1円”で使える? iPhoneを激安で購入する方法
家電量販店や町の携帯ショップでは、iPhoneの割引キャンペーンを告知したチラシやPOPを目にされる機会が増えた。「お支払い総額(お客さま負担額)○○円」はどういう仕組みなのか。一括価格との違いも含めて解説する。(2022/3/8)

「AQUOS wish」にSIMフリーモデルが登場 3万円台前半で2月18日から順次販売
シャープが「AQUOS wish」のSIMフリーモデル「SH-M20」を発表。家電量販店などが2月18日より順次販売を開始する。価格は3万円台前半(税込み)を想定する。(2022/2/9)

ベルキンからAirTag用ホルダー ワイヤーケーブルとカラビナの2種で1912円
ベルキンは、紛失防止タグAirTag本体の保護とバックへの取り付けやすさをうたう「Belkin AirTag用カラビナ付きセキュアホルダー」と、「Belkin AirTag用ワイヤーケーブル付きセキュアホルダー」を2月7日以降、順次発売する。販路はAmazon.co.jpと全国の家電量販店など。価格はどちらも1912円(税込み)。(2022/2/7)

Mobile Weekly Top10:
iPhone 13 miniが「実質23円」の謎/モバイルSuicaが「おトクなきっぷ」に対応
最近、一部の家電量販店などで、iPhone 12 mini「実質23円(24円)」で販売される事象を見かけます。その“からくり”を解説した記事がよく読まれました。(2022/2/4)

パワフルな2in1「Surface Laptop Studio」は3月1日発売 1月27日から予約を受付 個人向けモデルは約21万円から
日本マイクロソフトが、Surfaceとしては最もパワフルだとうたう2in1 PCを3月1日に発売する。同社の直販ストアや家電量販店では、1月27日から販売予約を受け付ける。(2022/1/27)

iPhone 13 miniが“実質23円”で投げ売り その実態に迫る
「iPhone 13 miniが23円で投げ売りされている」という情報をよく目にする。その実態を確かめるべく、都内の某家電量販店へ行き、具体的な条件や注意点を調べてみた。「23円」は一括価格ではない点に注意したい。(2022/1/25)

eSIMにも対応:
2画面5Gスマホ「Surface Duo 2」が日本上陸 1月11日に発売 18万4580円から
日本マイクロソフトが2画面5Gスマートフォン「Surface Duo 2」の日本における発売日と価格を発表した。同社の直販サイトの他、主要な家電量販店で販売される予定で、国内の各キャリアの通信に対応するという。(2022/1/7)

OCN モバイル ONEのみ:
一部の量販店が「ドコモのエコノミーMVNO」を取り扱い 12月24日から
ドコモショップで契約できることが強みの「ドコモのエコノミーMVNO」が、12月24日から一部量販店のドコモカウンター(ドコモコーナー)でも契約者できるようになる。ただし、取り扱うのはNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」だけで、運営企業によって取り扱い店舗数に“濃淡”がある。(2021/12/22)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ネットショップのセールに潜む「ニセ特価品」という闇 高い割引率を装う手口とは
ネットショップの特価セールは、家電量販店のチラシセールと違ってメーカーの意図が強く反映されており、必ずしもお得でないこともある。また海外業者の中には、実際には安くなっていない品を、さもセールに合わせて値下げしたように見せかけて売っている場合もある。今回はこうした裏事情をみていこう。(2021/11/26)

今冬に:
阪急宝塚駅の周辺に商業施設がオープン 家電量販店とBMWが出店予定
宝塚大劇場北側の国道176号線沿いに商業施設を開発する阪急電鉄と阪急阪神不動産は、家電量販店「Joshin宝塚店」とカーディーラー「Hanshin BMW宝塚支店」がオープンすると発表した。旧宝塚ファミリーランド跡地を開発し、駅周辺エリアを盛り上げる狙いがある。(2021/11/25)

4410人が回答:
家電量販店の認知率 2位は「ビックカメラ」、1位は?
RJCリサーチは、全国の13〜59歳男女のLINEユーザーに、家電量販店のブランド浸透度調査を行った。認知率、利用経験率ともに1位は「ヤマダ電機」であった。(2021/11/22)

意志と覚悟の構造改革 脱丸投げ最前線:
PR:エディオンが語る「ITの主導権を取り戻す契機となったクラウド移行プロジェクト」とは
大手家電量販店チェーンのエディオンは、複数基幹システムのクラウド移行を1年で完了した。同社はIT戦略における主体性の欠如という課題にどのように向き合い、ITベンダーと協力体制を築いたのか。(2021/11/19)

Googleが「Google Nest Cam」の室内用を発売 直販価格は1万2300円
Googleが発売を予告していた「Google Nest Cam」の室内用モデルが発売された。当初の予定通り、Google Storeでの税込み販売価格は1万2300円となる。主要な家電量販店でも販売される予定だ。(2021/11/10)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
100円ショップで売られているPCやスマホのアクセサリー 安全性はどうなのか
100円ショップでPCやスマホのアクセサリーが販売されることが増えている。専業メーカーが製造し、家電量販店やネットショップに卸しているアクセサリーと比べて安価だが、安全性や品質についてはどうなのだろうか。(2021/10/31)

Mobile Weekly Top10:
「一括10円のiPhone SE」のからくり/Apple Payの「WAON」「nanaco」リリース
一部の家電量販店で、iPhone SE(第2世代)がMNP契約で「一括10円」という激安価格で販売されています。回線とひも付けない購入でも「一括2万2010円」と非常に手頃でした。一体なぜ、こんなに安いのでしょうか……?(2021/10/29)

iPhone SEが「一括10円」で販売 上限2万円を超える値引きのカラクリとは?
携帯キャリアによる「iPhone SE(第2世代)」の値引き合戦が過熱している。ある家電量販店では、9月の土日限定の値引きとして「MNPで一括10円」のキャンペーンをドコモ、au、ソフトバンクの各キャリアが実施していた。一見、大手キャリアにとってメリットがないような販売形態のカラクリに迫った。(2021/10/20)

「LAVIE」にWindows 11モデルが登場 お手頃モバイルも店頭販売
NECパーソナルコンピュータのスタンダードノートPCと液晶一体型デスクトップPCにWindows 11モデルが登場する。直販限定だった子ども向けノートPCをスペックアップした上で量販店でも販売する他、LAVIE Pro Mobileは直販限定でWindows 11モデルを展開する。(2021/10/5)

ロッテ、「キシリトールガム BTS Smileボトル」を10月に発売 狙いは?
ロッテは世界的な人気を誇る音楽グループBTSとコラボした「キシリトールガム BTS Smileボトル」を、10月5日に数量限定で発売する。想定小売価格は820円。全国の量販店などで販売する。(2021/8/24)

MagSafe対応のワイヤレスモバイルバッテリー「HWB-5000」、大手家電量販店で取扱開始
浜田電機は、マグネット式ワイヤレスモバイルバッテリー「HWB-5000」をビックカメラやヨドバシカメラでも取扱開始した。iPhone 12シリーズやMagSafe対応ケース利用時に吸着接続できる。(2021/8/18)

製品分解で探るアジアの新トレンド(50):
「ルンバ対中国製」の構図で競争が進むお掃除ロボ
中国Xiaomi系のロボット関連機器を手掛けるRoborockの多機能お掃除ロボットが2020年末に発売された。日本では大型家電量販店の独占販売となっており、ネット広告やTV-CMなどでも見かけることがあるほどにイチオシ製品として扱われている。今回は、Roborockの最上位機である「S6 MaxV」を分解した。(2021/7/6)

GIGABYTE、クリエイター向け15.6型ノート「AERO 15 OLED」に家電量販店向けモデルを追加
GIGABYTE Technologyは、同社製クリエイター向け15.6型ノートPC「AERO 15 OLED」シリーズの販売ラインアップに家電量販店専売モデルを追加した。(2021/6/14)

VoLTE対応のカードサイズケータイ「NichePhone-S+」、6月11日に販売開始
フューチャーモデルは、6月11日にカードサイズのSIMロックフリーケータイ「NichePhone-S+」を家電量販店などで販売開始。価格は1万3800円(税込み)。(2021/6/3)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
掃除機が「見える化」したのはほこりだけじゃなかった
家電量販店で実物触ったらほしくなりました(2021/6/1)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
香港で世界初の「画面が伸びる」スマホ展示が開始、一般客の反応は?
ローラブルディスプレイを搭載した製品は、現在OPPOやTCLが開発を進めています。OPPOは既にコンセプトモデル「OPPO X 2021」を発表し、各国で実機を披露しています。香港ではスマートフォン販売の大手量販店に実機の展示が始まっています。(2021/5/31)

対応に差:
5月12日以降、大手家電量販店の対応は? ビックとヤマダは「時短」、ヨドバシは「時短せず通常営業」
5月12日から、大手家電量販店の営業状況はどうなるのか。ビック、ヤマダ、ヨドバシの動向をまとめた。(2021/5/12)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
店舗独自の「スマホ相談所」 なぜ総務省による設置を待たずに展開?
総務省が2021年度内に「スマホ乗り換え相談所」の実証事業を開始する。それに先駆けて、一部の家電量販店や併売店では独自の「スマホ相談所」を開設しているが、その背景には何があるのだろうか。今回は家電量販店や併売店のスタッフから話を聞いた。(2021/5/7)

経営改革も実行:
ヤマダHD、増収増益 「給付金」や「巣ごもり需要」が追い風
家電量販最大手のヤマダホールディングスが2021年3月期通期決算を発表した。大幅な増収増益を達成。給付金や巣ごもり需要などが要因。(2021/5/6)

「呪術廻戦」とコラボした米菓「ばかうけ」、4月12日に先行発売 狙いは?
栗山米菓は、米菓「ばかうけ」と、テレビアニメ「呪術廻戦」をコラボした「呪術廻戦ばかうけ青のりしょうゆ味2」を期間限定で発売する。4月12日にコンビニや一部の量販店などで先行発売し、19日に菓子売場などで発売する予定だ。狙いは?(2021/4/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。