ニュース
» 2011年07月06日 21時55分 UPDATE

お風呂でテレビ&ネット:パナソニック、ネットワーク機能搭載の防水ポータブルワンセグテレビ「ビエラ・ワンセグ」

パナソニックは、「お部屋ジャンプリンク」に対応したポータブルテレビ「ビエラ・ワンセグ」(SV-ME970)を発売する。IPX6/IPX7相当の防水仕様だ。

[ITmedia]

 パナソニックは7月6日、ポータブルワンセグテレビ「ビエラ・ワンセグ」(SV-ME970)を7月30日に発売すると発表した。カラーバリエーションは、グレイスホワイトとノーブルブラックの2種類をラインアップ。価格はオープンプライスで、店頭では4万5000円前後となる見込みだ。

ts_pana01.jpgts_pana02.jpg 「ビエラ・ワンセグ」(SV-ME970)。左からグレイスホワイト、ノーブルブラック。本体背面には着脱可能なグリップベルトと、角度が2段階から選べる自立スタンドを装備

 IPX6/IPX7相当の防水機能を備えた、7V型タッチパネル液晶(800×480ピクセル)を搭載するポータブルテレビ。タッチパネルは感圧式のため、ぬれた手でも操作できる。また本体背面に着脱可能なグリップベルトと、角度が2段階から選べる自立スタンドを備えており、キッチンやお風呂など、さまざまな場所で使用できる。

 ワンセグ視聴のほか、4Gバイトの内蔵メモリおよびSD/SDHC/SDXCメモリーカードへの録画および予約録画(最大12番組)にも対応する。加えて、無線LAN接続(AOSS/WPS対応)によるネットワークメディアプレーヤー機能を装備。ホームネットワーク上に接続されたDLNA準拠のサーバやPC内のメディアコンテンツを再生できる。対応フォーマットは、H.264/MPEG4/WMV/MP3/AAC/WMA/JPG形式。Windows Media DRMで著作権保護されたコンテンツの再生も可能だ。

 もちろん、DLNAベースのDIGA連携機能「お部屋ジャンプリンク」をサポート。DIGAのHDDに録画した番組を本機でストリーミング再生したり、本機の内蔵メモリー/SDカードへ転送したりできるほか、DIGAで受信した地上デジタル/BSデジタル/CSデジタル番組をリアルタイムで中継視聴が可能になっている。中継視聴の対応DIGAは「DMR-BZT900/BZT800/BZT700/BZT600/BWT500」。

 そのほか、Webブラウザに加え、「Youtube」や「radiko.jp」の専用視聴ソフト、ネット上の電子図書館「青空文庫」を閲覧できるソフト「i文庫」をプリインストール。加えて、メールやポッドキャストにも対応するなど、多数のインターネットコンテンツが楽しめる。

 電源はACアダプターのほか、内蔵バッテリーは約7時間の充電(エコ充電約8時間)でビデオやワンセグ、静止画の視聴および番組録画が約3時間30分、音楽の聴取は約45時間、Youtubeの利用の場合は約2時間の連続使用ができる(画面の明るさ最大時)。

 インタフェースはヘッドフォン端子(3.5ミリステレオミニジャック)×1、SDカードスロット×1、DC入力端子/USB端子×1を備える。本体サイズは201.5(幅)×125.7(高さ)×21.4(奥行き)ミリで、重量は約510グラム。ACアダプター、USB接続ケーブル、グリップベルトが付属する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう