ニュース
» 2011年10月05日 11時35分 UPDATE

パイオニア、さまざまなフォーマットに対応したBDプレーヤー「BDP-LX55」「BDP-440」

パイオニアは、AVCHDやSACD、DVDオーディオなどさまざまな映像フォーマットの再生に対応するBDプレーヤー「BDP-LX55」「BDP-440」を発表した。3D再生やジッターレス伝送「PQLS」機能を搭載。

[ITmedia]

 パイオニアは10月4日、さまざまな映像フォーマットに対応したBDプレーヤー「BDP-LX55」「BDP-440」を発表した。「BDP-LX55」は11月中旬発売予定で、希望小売価格は9万4000円。「BDP-440」10月中旬に発売予定で、価格はオープンプライス。市場予想価格は3万5000円前後となっている。

 Blu-ray 3Dを含むBD-ROM、BD-R/RE(BDAV)、DVD(CPRM対応)のほか、SACDやDVDオーディオの再生をサポート。USBに記録したDivX Plus HDやMKVの再生も可能だ。また、LAN経由でPCに保存した動画や楽曲を再生できるDLNA1.5に準拠。動画共有サイト「YouTube」の視聴も可能だ。両モデルとも専用アプリケーション「iControlAV2」により、iPad/iPhone/iPod touch/Android スマートフォンでの基本的な操作が行える。

PhotoPhoto 「BDP-LX55」(左)と「BDP-440」(右)

 上位モデルのBDP-LX55は、FLACの再生をサポート。また圧縮処理などによって劣化した画質を自動的に補正する「ストリームスムーサー」機能や、映像処理IC「QDEO」により、BDやDVD、動画ファイル再生をより高画質で楽しめるという。HDMI出力を映像用とオーディオ用の2系統搭載しているのもBDP-L5のみ。32bit/192kHz DACや極太電源ケーブル、不要共振を排除するためのレイヤードシャーシなど、筐体(きょうたい)構造にも気を配った。

 外形寸法は、BDP-LX55が435(幅)×93(高さ)×252(奥行き)ミリで重量は3.5キログラム。一方のBDP-440は、435(幅)×90(高さ)×252(奥行き)ミリ、2.6キログラムとなっている。

 

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.